×

相続人(日本人)が海外に住んでいる場合の相続ってどうなるの?

更新日:2020.06.12

相続人(日本人)が海外に住んでいる場合の相続ってどうなるの?

近年、海外に居住する方が増加してきたため、相続人の誰かが海外にいるという状況の方が増加しているでしょう。もし、あなたが相続する際、相続人の一人が海外にいる場合、どうすればよいかご存知でしょうか?

今回は相続人、被相続人が日本人(日本国籍がある人)で、その人が相続人が海外にいる場合に何をしなければならないかをご説明致します。

1.『サイン証明書』を取得する

サインする

お父さんが、土地、建物、預金、保険などの相続財産を残して死亡した場合、

 

誰に相続させるか

どの財産を相続させるか

どれだけ相続させるか

を確定させなければなりません。

遺言があり、すべて確定しているケースもありますが、遺言があるケースは実務上多くないため、ほとんどのケースで『遺産分割協議』が必要になります。

ここまでのポイントまとめ①

遺産分割協議とは、言葉の通りで、相続人全員で話し合い遺産をどのように分割するか協議することです。

 

誰に相続させるか

どの財産を相続させるか

どれだけ相続させるか

上記3つを記載した『遺産分割協議書』を作成します。

海外に相続人がいる場合には、この遺産分割協議書を作成する際に手間がかかります。

どのような手間がかかってしまうかというと、遺産分割協議書には相続人全員の署名と実印での捺印が必須となります。また、その実印の印鑑証明書も必要となります。海外に相続人がいる場合には、日本には住民票がなく印鑑証明書を発行してもらうことはできません。印鑑証明書がなければ、遺産分割協議書は無効となります。そして、実印の押印がない遺産分割協議書は有効とは扱われません。

では、相続人が海外にいる場合には、遺産分割協議書を作成する際に、何をすればよいのでしょうか?

海外では、印鑑の代わりにサインが利用される慣習があります。そのため、海外に住んでいる相続人は、現地の日本領事館に行き、印鑑証明書の代わりの役割を果たす『サイン証明』を発行します。

サイン証明の発行方法は、まず遺産分割協議書を現地の日本領事館に持参します。係官の前でサインをすると『サイン証明』を発行してもらうことができます。

ここまでのポイントまとめ②

2.『在留証明書』を取得する

上記1で、遺産分割協議書の作成が必要だということはご説明しましたが、遺産分割協議書を作成する際に、『住民票』が必要なります。

日本にいれば、住民票は手に入りますが、海外居住で日本に住民票がない方の場合には、住民票の代わりに『在留証明書』を取得しなければなりません。

在留証明書は、現地の日本領事館で発行します。

上記1でご説明した『サイン証明』も現地の日本領事館で発行しますので、2つを同時に申請しましょう。

サイン証明書と在留証明書はどちらも、現地の日本領事館で取得できます。

ここまでのポイントまとめ③

※在留証明書を取得する際の注意点

在留証明書を発行するには、下記2つの条件があります。

在留証明書を取得する際の注意点

上記の条件をクリアする必要がありますので、滞在期間を確認できる書類を用意しましょう。一般的には、賃貸借契約書や公共料金の請求書などを持参することが多いようです。

 

【現地の日本領事館にいく際に持参するもの】

日本領事館に持参するもの

まとめ

相続人が海外にいる場合には、今回の記事でご説明した通り、少し手間がかかってしまいます。

手間がかかってしまったせいで、

相続放棄の期限

相続税の申告期限

 

この期限に間に合わない可能性もあります。相続人が海外にいる場合には、スクがありますので相続専門の士業の方に依頼してすべて対応してもらうべきではないでしょうか。

 

 

 

 

この記事の監修者

司法書士法人C-first 山内 浩

司法書士法人C-first 代表 山内 浩

 

保有資格:司法書士、家族信託専門士

1983年03月に立命館大学法学部卒業後、同年04月に植田司法書士事務所入所

1989年11月に司法書士試験に合格

1994年04月に山内浩司法書士事務所を開業

2013年01月にいずみ司法書士法人と統合し、司法書士法人C-firstに名称変更

主な役職:大阪司法書士会会員、一般家族信託普及協会認定家族信託専門士

 

 

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる