埼玉県で相続に強い弁護士を探す| 【無料で相談】

埼玉県の相続に強い弁護士 : 2件

埼玉県に対応可能な士業 : 28件

相続に強い士業を探す×

士業の種類

相談したい地域

相談したい内容

閲覧履歴を見る

全92件中 1〜10件目を表示

並び順

検索結果では有料登録士業を優先的に表示しています。
  • 税理士:税理士
  • 弁護士:弁護士
  • 司法書士:司法書士

「相続」と一口に言ってもさまざま。どんな相続手続きがある?


「相続」と一言で言っても、相続に関する手続きはさまざまあります。

相続財産の種類や額に応じて、また相続の生前対策である遺言の有無に応じてケースバイケースで相続手続きが必要になります。代表的な相続手続きに、相続税(申告)、相続登記(不動産の相続)、相続放棄、遺産分割、遺言、遺留分といったものがあります。

 

相続税(相続税申告)


相続税とは、被相続人(相続される人)が亡くなったときに、その被相続人(相続される人)が残した財産を相続人(相続する人)が受け取る際にかかる相続の際の税金です。

相続税の申告書の提出は、被相続人(相続される人)の住所地を管轄する税務署で行うこととなります。相続税の申告書の提出期限は、相続が開始したことを知った日の翌日から10カ月以内と定められています。相続税の納付は原則として一括納付となります。なお、相続によって相続財産を取得した場合でも、全ての人に相続税申告の必要があるわけではなく、相続する財産の総額が基礎控除以下のケースは相続税申告が不要となります。相続税の基礎控除は「3,000万円+(600万円×法定相続人の数)」となっています。相続税の基礎控除額は法定相続人の人数によって変動しますが、法定相続人が1人の場合で相続税の基礎控除額が3,600万円のため、相続財産の総額が3,600万円以下なら相続税の申告・相続税の納税は必要ありません。

 

相続登記(不動産の名義変更)


相続登記とは、被相続人(相続される人)が亡くなったことによって、所有していた建物や土地など相続した不動産の名義を、相続人(相続する人)の名義に変更する相続手続きを指します。相続登記の手続きを行うことはもともと法的に義務ではありませんでしたが、現在相続登記の義務化が予定されています。

 

相続放棄


相続放棄は、被相続人(相続される人)が保有する相続財産と権利義務について、法律で定められる相続人(相続する人)の取り分を放棄する手続きです。わざわざ受け取る権利がある相続財産を受け取らないという相続放棄の最大のメリットは、相続財産に含まれる債務を相続しなくて済む、という点です。被相続人(相続される人)が生前に借金や損害賠償義務を持っている場合、相続放棄をするケースが多いです。ただし相続放棄にはデメリットもあり、相続放棄は「すべての相続財産」を相続する権利放棄することを指すため、一度相続放棄をしてしまうと、引き継ぎたくない負の相続財産に限らず預貯金や不動産などプラスの相続財産といったすべて財産の相続権を放棄することになるため注意が必要です。

相続放棄をするためには、相続人(相続する人)本人が家庭裁判所での手続き(申述といいます)を行い、相続財産状況等について審理を経なければなりませんが、「実は負債を上回る財産があった」と後日判明しても、それを相続人(相続する人)として承継することはできません。また、相続放棄によって相続権を失ったことで宙に浮いた取り分(法定相続分)は相続放棄しなかった他の相続人(相続する人)へと移転することになります。つまり、負債から解放されることを目的に相続財産を放棄する場合には全相続人(相続する人)が一斉に家庭裁判所で相続放棄の手続きをする必要があります。 

 

遺産分割


遺産分割とは、被相続人(相続される人)の相続財産を相続権のある各相続人(相続する人)で分け合うことを言います。法律では「誰が相続人(相続する人)になるか」は決まっていますが、「誰がどの相続財産を受け取るか」までは決まっていません。したがって、相続人(相続する人)同士が話し合うことを通じて相続人(相続する人)各自の取得分を決める必要があります。

なお、遺産分割には期限がありません。ただし「相続税の申告納税期限」に注意が必要です。相続税は「相続開始を知ってから10カ月以内」に相続税を申告および相続税の納税をしなければなりません。したがって、相続税申告の期限までに相続人(相続する人)で相続財産を分け合う遺産分割が完了している必要があります。

相続財産には現金のように分配しやすいものもありますが、相続財産の中には不動産のように簡単に分割ができない種類のものもあります。そうした相続財産ももちろん相続の対象になるため、遺産分割で分けなければなりません。そうした分けづらい相続財産もあるため、現物分割、換価分割、代償分割、共有(分割)という4種類の相続財産の分割方法があります。

また、遺産分割は相続人(相続する人)間で争族に発展しまう可能性をはらんでおり、相続人(相続する人)間での話し合いで解決しない場合には裁判所に持ち込んで遺産分割調停や遺産分割審判に発展するケースもあります。

 

遺言


相続において生前から死後に向けて相続人(相続する人)へ意思を伝える行為を、広く一般に「遺言」と呼びます。しかし、ひとくちに相続において「遺言」と言っても意味にブレがあります。相続をテーマに考える上で、まずは用語の理解を押さえましょう。そもそも相続において「遺言」という用語は、その行為に法的効力があるかどうかで読みが変わります。日常会話で用いられるときは「ゆいごん」ですが、法律的な文脈で用いられる際は「いごん」と読むのが正解です。相続と関わりの深い「遺言」(いごん)は法律行為であり、特定の内容について民法のルールに沿った方法で書面化されることで相続のシーンにおいて効力を生じます。

 

遺留分


遺留分とは、相続人(相続する人)が最低限相続することができる財産の割合を指します。ただし、基本的には被相続人(相続財産を残して亡くなった人)の意思が尊重されるため、遺言書に書かれた内容が優先されることとなります。相続発生前に書かれた遺言書に「全ての相続財産を愛人に渡す」と記載されていた場合には、相続が発生し、相続財産を分配した後、残された家族などの生活が困難になってしまうといったことが発生してしまい、そうした場合でも最低限相続できる財産を保証することを民法で規定しています。この最低限相続できる相続財産割合のことを「遺留分」と呼びます。なお、遺留分が保証されている方は、被相続人(相続される人)の「配偶者」「子供」「父母」までです。つまり、被相続人(相続される人)の兄弟姉妹は、最低限相続できる財産を保証する遺留分はありません。

 

相続手続きには種類よっては自分でもできるが、士業にお願いすると良い


さまざまな相続手続きを紹介しましたが、相続手続きを士業に依頼をしなくても自分で進めることができるものもあります。例えば相続登記の手続きや相続税申告は自分で行うことができます。ただし、後述のように、どのような相続手続きであっても士業に依頼するに越したことはありません。例えば相続税申告は、相続税に強い税理士でないと書類を完璧に作り上げて提出することは不可能に近いです。書類に不備があることも多く、できることであれば相続税申告の実績が豊富な、相続税に強い税理士にお願いするべきでしょう。また、相続人(相続する人)同士が揉めてしまうことも相続においては往々にあります。相続人(相続する人)同士の話し合いで解決しない場合には遺産分割調停や遺産分割審判にまで発展し、相続が「争族」になってしまう可能性があります。こうなってしまうと、当事者同士では話が進まないことも多く、裁判になってしまうと必要となる法的書類も非常に多く複雑になってきます。遺産分割や遺留分で相続人(相続する人)同士の仲が悪いといった状況では、なるべく早く弁護士にご依頼するに越したことはありません。この場合においても相続紛争解決実績が豊富な相続トラブルに強い弁護士にお願いするべきでしょう。

 

相続における弁護士(法律事務所・弁護士法人)の主領域

弁護士(法律事務所・弁護士法人)は相続関連でトラブルが発生している場合に依頼をするとよい士業となります。例えば、相続人(相続する人)同士に争いがあり、遺産分割協議ができない場合には弁護士に相談をしましょう。また、たとえ相続トラブルが起きていなかったとしても相続人同士(相続する人)が疎遠で遺産分割協議を始めることができない時にも弁護士(法律事務所・弁護士法人)に依頼することをおすすめします。

 

相続においてこういうときは弁護士(法律事務所・弁護士法人)に相談をするべき


遺産分割について弁護士(法律事務所・弁護士法人)に相談すると、まず相続人(相続する人)の確定や相続財産の確定、寄与分や特別受益といった相談に乗ってもらえることでしょう。その後弁護士に支払う弁護士報酬も確認し、納得をして正式依頼をすると、弁護士(法律事務所・弁護士法人)が代理人として遺産分割協議の手続きや調停手続等を進めていきます。遺産分割協議が成立したら、弁護士(法律事務所・弁護士法人)が遺産分割協議書の作成も行ってくれるでしょう。

弁護士(法律事務所・弁護士法人)がに遺産分割を依頼すると、弁護士が依頼人の権利をしっかりと把握し、代理人としてその要求を相手方に伝えてくれます。弁護士が代理人となる事で依頼人本人が他の相続人(相続する人)と交渉をする必要はなくなるので、法律上のミスも回避できますし、何より弁護士が代理人となることで精神的な負担が相当軽減できるのではないでしょうか。もしも相手方の相続人(相続する人)が強い姿勢で対応してきても、弁護士が家庭裁判所での調停や審判等を代理人として進めてくれる点も弁護士(法律事務所・弁護士法人)に依頼をする安心材料と言えるでしょう。

被相続人(相続される人)の相続財産を承継する場合、遺産分割が必要となります。遺産分割を行うためには、相続人(相続する人)や相続財産の調査、遺言書の有無の確認など、様々な相続手続きを行う必要があります。遺言書がなく相続人(相続する人)同士で遺産分割協議をする場合、その後の相続登記手続きなどで使用できる正しい遺産分割協議書を作成する必要があります。また、相続税申告が必要な場合は決められた期間内に遺産分割協議を済ませることも必要です。もし相続人(相続する人)同士が疎遠等何らかの事情で遺産分割協議ができない時には、家庭裁判所への調停申し立てなどを行う必要が出てくることもあります。この際に大きな力となるのが弁護士です。

遺産分割は様々な専門知識が必要となる手続きのため、弁護士の力を借りながら行うことで被相続人(相続される人)の相続財産承継をスムーズに行うことが可能となります。

また、近年注目の家族信託も弁護士に依頼することができます。家族信託のコンサルティングは司法書士・税理士・弁護士といった士業に依頼できますが、サポート内容が異なってきます。弁護士の家族信託におけるサポート範囲は、遺留分侵害額請求といった相続トラブルへの対策、要望に合わせた家族信託設計、遺言書作成や成年後見人制度の利用サポート、信託設定時の契約書作成となります。弁護士は相続法や判例に照らし合わせて“相続財産の流れ”を組むことができるため、依頼者がイメージする信託のかたちを弁護士が診断するだけではなく、将来の相続トラブルに発展する可能性を弁護士の法的知見によりも排除できるような設計を実現することができます。将来的に相続で揉める可能性を低くしたいのであれば、弁護士による家族信託のコンサルティングをおススメします。

また弁護士に遺言書の作成も依頼することができます。弁護士だけでなく司法書士への依頼も可能となりますが、不動産の相続について相談したい時は司法書士、それ以外の相続トラブル対策は弁護士と覚えておくとよいでしょう。

 

相続の依頼時に弁護士を選ぶポイント


では、相続業務を弁護士に依頼をしようと決めた場合にどの弁護士に依頼するとよいのでしょうか。つぐなびでは全国の相続に強い弁護士・法律事務所の情報を掲載していますが、相続関連の相談実績数や弁護士が複数名いるかどうかといった情報も掲載しています。相談実績が多ければ多いほど、在籍している弁護士が経験豊富でその分野の知見がストックされていると言えるでしょう。弁護士が複数名在籍している事務所に依頼をすれば、弁護士が他の業務を抱えている場合もスピーディな対応も期待できます。

それ以外に、実際に弁護士(法律事務所・弁護士法人)相続の相談をしに事務所に伺うなら、平日の昼間は仕事をしているという場合は夜間や週末の対応可能な法律事務所・弁護士法人が便利ですし、駅から近い立地であればアクセス面での都合がよいでしょう。

これらの相続に特化した情報がつぐなびのそれぞれの弁護士(法律事務所・弁護士法人)ページには掲載をされていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。また弁護士(法律事務所・弁護士法人)の中には相続の初回相談無料としているところもあり、そういった条件で弁護士探してみるのもおすすめです。

 

相続を弁護士に相談すべき状況と相続に強い弁護士を選ぶ15のポイント


遺産相続に関する問題は多くの場合、相続に強い弁護士に相談すると解決できます。

ただどのような弁護士でもよいわけではありません。できる限り「相続を得意としている弁護士」を選ぶ必要があります。同じ案件でも依頼する弁護士により、結果が大きく変わってしまうケースも少なくありません。今回は相続を弁護士に相談すべきタイミングや相続に強い弁護士の選び方をご紹介します。

 

遺産相続において相続に強い弁護士に依頼するメリット、必要性


遺産相続の際にはなぜ弁護士、特に相続に強い弁護士に依頼する必要があるのでしょうか?まずは弁護士に依頼するメリットや必要性を確認しましょう。

 

相続において弁護士に分からない点をサポートしてもらえる


人生において、そう何度も相続に直面する機会はありません。多くの方にとって、相続への対応は「初めて」の経験となるでしょう。それにもかかわらず、相続ではやらなければならないことが非常に多く、弁護士のような相続の専門家でなければ、相続手続きも何から手を付ければよいかわからなくなってしまいがちです。一般的な相続手続きだけでも煩雑かつ複雑なのに、ここに相続人同士の揉め事が加わってくると、相続問題の解決に長けた弁護士でないと途方に暮れてしまうことでしょう。

 

弁護士に相談すれば、相続手続きの手順や相続問題への対処方法をアドバイスしてもらえ、手間のかかる相続手続きのサポートを任せられます。初めての相続でもわからないことをサポートしてもらえるのは相続に強い弁護士に依頼をする大きなメリットとなるでしょう。

 

相続に強い弁護士が介入することでスムーズに相続手続きを進めてもらえる


遺産相続ではやるべき作業が目白押しです。自分たちだけですべての相続手続きに対応するのは難しく、手間取って時間がかかってしまうでしょう。場合によっては相続人(相続する人)が分からない、相続財産の全貌が掴めないなど、相続手続きの初期段階でつまづいてしまうケースもあり、このような場合は相続に強い弁護士に依頼することで円滑に相続手続きが進むことが多いです。

 

また相続手続きの中には、弁護士の相続における業務領域である相続放棄や遺留分侵害額請求など「期限」のある相続手続きもあり、後回しにしていると間に合わないリスクが発生します。弁護士に依頼すると必要な相続手続きをスムーズに進めてもらえますし、期限も守れるので安心です。

 

相続に強い弁護士に相続人との間に入ることで労力やストレスがかからない


相続手続きには多大な労力と時間がかかります。相続人(相続する人)同士の遺産分割を終えてすべての相続手続きが完了するまで1年以上かかるケースも少なくありません。

他の相続人(相続する人)との遺産分割協議が進まず、弁護士に依頼せずに他の相続人(相続する人)とのやり取りを1人ですることで多大なストレスを抱える方もいらっしぃます。

弁護士に任せてしまえば手間のかかる相続人調査や相続財産調査、遺産分割協議書の作成や名義変更の手続きなど全般を任せられるので、手間もストレスも弁護士に依頼することで大きく軽減できるメリットがあります。

 

相続で弁護士に相談すべき状況と必要ないケース


弁護士に依頼すべき状況

弁護士は、相続手続き全般に関するサポートや代理が可能です。

困ったときには基本的に弁護士に相談すればほぼ間違いなく解決してもらえるでしょう。

 

たとえば以下のような状況であれば、弁護士に相談・依頼するようお勧めします。

・弁護士に相続人調査を依頼したい

・弁護士に相続財産の調査を依頼したい

・相続人の範囲や相続財産の範囲に争いがあ、弁護士としての見解を聴きたい

・弁護士に依頼して遺言の有効性を争いたい

・相続財産を使い込まれた、使い込みを疑われている場合に、弁護士によって明らかにしたい

・遺言執行者とトラブルになっており、弁護士にサポートしてもらいたい

・他の相続人(相続する人)と意見が合わず遺産分割協議を進められない

・弁護士に遺産分割協議書を作成してもらいたい

・弁護士に相続放棄や限定承認の手続きをして欲しい

・他の相続人(相続する人)と連絡がとれず、弁護士を通じて連絡を取りたい

・遺産分割調停や審判を申し立てたい、弁護士に代理人になってほしい

・弁護士に依頼して遺留分侵害額請求をしたい

・遺留分侵害額請求されたので、弁護士を通じて自身の相続財産額を主張したい

 

相続において代理を依頼できるのは弁護士だけ


弁護士以外にも相続手続きをを依頼できる専門家には司法書士や税理士、行政書士などもあります。

これらの他士業と比べたとき、弁護士の特徴は「本人の代理人として活動できること」です。他士業は代理人としての活動ができません。たとえば相続における弁護士の主な業務領域である遺産分割協議や調停の代理、遺留分侵害額請求の代理などを依頼できるのは弁護士だけです。

 

また相続における弁護士の業務領域である相続放棄の申述でも、司法書士などは「書面作成」の代理しかできないので、弁護士に依頼した方がスムーズに進めやすいものです。

・相手との代理交渉(遺産分割や遺留分侵害額請求など)

・裁判所へ申立をするとき(調停や審判、訴訟など)

上記のような状況であれば、必ず他士業ではなく弁護士に依頼しましょう。

 

相続で弁護士に相続業務を依頼する必要がない状況とは?


以下のような場合、相続で弁護士に依頼する必要性は小さくなります。

・もめておらず、弁護士に依頼せずとも相続人(相続する人)同士で遺産分割ができて遺産分割協議書も作成できる

・遺産がほとんどなく、弁護士に依頼せずとも相続人(相続する人)同士で遺産分割ができる

・弁護士に依頼せずとも自分で相続放棄できる

ただし遺産が少額なケースでも相続人同士で意見が合わずもめてしまった場合、弁護士のサポートが必要です。相続放棄には「自分のために相続があったことを知ってから3ヶ月」という期限があり、自分で対応するとギリギリになったり期限を過ぎたりしてしまうリスクもあります。迷ったときには一度、相続に強い弁護士に相談しておく方が安心でしょう。

 

弁護士ではなく司法書士に相続相談するべきケース


相続業務の中でも弁護士があまり対応しておらず「司法書士」に相談すべき内容があります。

・不動産の名義変更登記

・抵当権抹消登記

一般的な弁護士は不動産の相続登記に積極的ではありません。

相続した土地や建物の名義変更をしたいときには弁護士ではなく、相続に強い司法書士に相談した方が良いでしょう。

 

弁護士ではなく税理士に相続相談するべきケース


相続業務の中でも弁護士は一般的に「税務」には対応していません。

・相続税の節税方法の相談

・相続税の申告

・税務調査への立ち会い

・贈与税の申告についての相談

・準確定申告の相談

相続業務の中でも贈与税や相続税に関しては弁護士ではなく、相続に強い税理士に相談しましょう。

 

弁護士ではなく行政書士に相続相談するべきケース


以下のような場合、弁護士ではなく行政書士に相談してみるようお勧めします。

・許認可の引き継ぎ(得意としている行政書士がいます)

・遺産分割協議書の作成、車の名義変更や預貯金、株式などの名義変更を安価で依頼したい(弁護士より費用が安いケースが多数です)

ただし弁護士ではなく行政書士に依頼するのは「もめていない」ことが前提です。

もめごとが発生しているなら弁護士に代理交渉や調停を依頼しなければなりません。

 

相続に強い弁護士の選び方


相続を相談・依頼するなら「相続に強い弁護士」を選ぶ必要があります。

以下で相続に強い弁護士の選び方をご紹介します。

 

弁護士実務においては「実際に相続トラブルに対応した経験」がものをいいます。同じ相続案件を依頼する場合でも、相続に関しての知識やノウハウを蓄積している弁護士かそうでないか、依頼する弁護士によってで結果が全く異なってくるケースが多数です。

 

まずは冒頭の3点に注目して弁護士を選び、4番目以降の要素は「あればなお良い」といった位置づけと理解しましょう。

 

たとえば「仕事が忙しくて平日に弁護士に相続相談することは無理だから、相続相談の実績は少ないけれど夜遅くまでやっている弁護士(法律事務所)に依頼しよう」と安易に判断をすべきではありません。さっそくみていきましょう。

 

弁護士が相続を専門的に取り扱っている


まずはその弁護士が遺産相続案件を専門的に取り扱っていることが何より重要です。単純に弁護士歴が長くても相続の案件数が多いとは限らないので注意してください。

法律のプロである弁護士でも相続関係の案件の実務を経験しないとノウハウや知識が身につきません。相続に強い弁護士でなく、相続分野が不得意な弁護士に依頼すると無駄に時間がかかったり不利益な結果となってしまったりする可能性もあります。弁護士への依頼前に、その弁護士が実際に相続の相談実績や相続問題の解決事例があるかどうか、確認しましょう。

 

弁護士の過去の相続案件の解決事例の種類と件数


その弁護士に、これまでどのような相続案件の解決例があるのか、件数とともにホームページなどに掲載している場合があります。近年では相続分野に特化したホームページを持つ弁護士(法律事務所・弁護士法人)も多いため、それらを見て弁護士の相続案件の解決実績を確認しましょう。一般的に弁護士(法律事務所・弁護士法人)には相続問題の解決件数や相続相談の実績の数だけ相続に関するノウハウが弁護士に蓄積されていると考えられます。

 

弁護士が調停委員や裁判官の傾向を考慮して戦略を立てられる


相続の中でもこの点はかなり専門的な観点になりますが、弁護士(法律事務所・弁護士法人)が遺産分割調停の際の調停委員の考え方や傾向、審判や訴訟を起こす際には裁判官の傾向を意識して戦略を立てる必要があります。

地域的な特性がみられる場合も少なくありません。裁判所の動向に合わせて依頼者にもっとも有利な結果を期待できる戦略を提案、実行してくれる相続に強い弁護士(法律事務所・弁護士法人)を選びましょう。

 

弁護士としての経験年数


弁護士としての経験年数にも一定の意味があります。ただし単に長いだけでは意味がなく、先述したように、その弁護士がどのくらい相続に携わってきたかが重要です。

 

弁護士に支払う弁護士報酬の事前見積り料金が明瞭


弁護士に支払う弁護士報酬が明瞭で事前見積もりを出してくれる弁護士(法律事務所・弁護士法人)を選びましょう。たとえばHPなどに相続の料金表が書いてある弁護士(法律事務所・弁護士法人)は料金表がない事務所より安心です。

 

ただし具体的に相談をして個別事案で費用を計算すると、HPの相続の料金表とは変わるケースがよくあります。HPの相続の料金表のみを盲信するのではなく、実際の相続案件に照らしてどのくらいの弁護士報酬がかかるのか明確に説明してくれる弁護士を選びましょう。

 

弁護士の取り組み姿勢、相続紛争解決への早期介入


弁護士(法律事務所・弁護士法人)が相続紛争紛争解決に向けてスピーディかつ的確に対応してくれる姿勢が重要です。

 

弁護士が難しい相続の用語や相続の流れを丁寧に理解できるまで説明してくれる


相続の用語や相続の流れは一般の方には難しいことも多いため、そのような難解な専門的な用語も丁寧に理解しやすく説明してくれる人が良い弁護士といえます。

 

アクセスが良い、無料相談、土日や平日夜間相談、オンライン相談ができる弁護士(法律事務所・弁護士法人)


できるだけ家や職場から近い弁護士(法律事務所・弁護士法人)や、土日や夜間の相談、オンライン相談を利用できる方が便利です。無料の相続相談ができると、相続相談時に弁護士に支払う弁護士報酬の節約にもなります。

ただし冒頭に述べたように「弁護士が持つ相続に関する実績やスキル、ノウハウ」がもっとも重要な要素です。

「相続相談が無料の弁護士ならいい」「近ければ良い」「時間的な融通がきく弁護士が良い」だけではなく「有給をとってでも相続に強い弁護士に依頼する」方が重要です。

相続に強い弁護士が「無料での相続相談」「土日の相続相談」をしていれば「なお良い」といった位置づけでとらえるのが良いでしょう。

 

弁護士以外の他士業とのネットワーク


相続に対応するには弁護士以外にも司法書士や税理士などの隣接士業のサポートが必要な機会があるものです。弁護士がこれらの弁護士以外の相続に関連する他士業とも連携していて相続登記や相続税にもワンストップで対応してもらえるかどうかで弁護士を選びましょう。

 

相続における司法書士の主領域


相続分野で士業に相続相談をしようとした時に、どの士業に相続手続きの何を相談すればいいのかわからないとお困りの方も多いのではないでしょうか。相続分野で士業と言えば司法書士・税理士・弁護士が相続j相談先として考えられます。ここでは相続分野において司法書士にどのような相続手続きを相談できるのか解説します。

まず、「相続に関して相続人(相続する人)同士で揉めてはいないが、相続手続き方法がさっぱりわからないので相続相談したい」「相続不動産の名義変更や銀行の口座名義変更の手続きが面倒なので相続相談したい」「相続財産の名義変更書類を集めたり、作成したりする時間がないので相続相談したい」といった場合は司法書士に相続相談するとよいでしょう。さらには相続放棄の申請をしたいといった場合は弁護士も相続相談は可能となりますが、申立書類の準備だけの相続手続きを相談するのであれば司法書士が相続相談先として適任と言えるでしょう。

 

相続においてこういうときは司法書士に相続相談するべき


司法書士の業務の中でも、「相続登記手続き」に関しては相続分野における司法書士の専門領域となります。相続の相談ができる司法書士は全国に広く存在しているため、お住まいや勤務先の近く等の司法書士に相続相談することをおすすめします。

司法書士に相続登記の手続きの依頼をすると、戸籍収集や遺産分割協議書の作成、その他申請に必要な書類の収集、そして相続登記の申請手続きも行ってもらうことができます。場合によっては戸籍の保管期間経過などで戸籍収集がうまくいかず、特殊な書類が必要となることもあります。しかしこのような場合でも司法書士なら全て相続相談可能となる点も見逃せません。

さらには、相続発生前の生前対策における遺言書の作成といった相続相談も司法書士が行うことができます。司法書士に相続相談することで書類作成・起案・指導、各種調査、遺言執行に加え、遺言内容のアドバイスを得ることができます。相続不動産の分割方法は、前述の通り平時は登記業務がメインである司法書士に相続相談した方がよいでしょう。ただし、相続人(相続する人)同士の遺留分問題などといった相続トラブルに関しては相続分野においても領域外となり、税務(相続税申告)に関しても同様です。これらの相続手続きの相談をする場合には、相続分野に長けた税理士や弁護士が相続相談先として適任でしょう。

また、相続人(相続する人)・財産の確定も司法書士に相続相談可能です。戸籍の収集、被相続人(相続される人)の相続財産内容を記載した「相続財産目録」の作成、相続人(相続する人)の法定相続人を証明する「法定相続証明情報」の発行手続きも行ってくれます。

口座名義人が死亡したことを金融機関が把握した場合、金融機関がその口座からの払い戻しや引き落としを止める「口座凍結」が行われますが、司法書士にこの口座凍結の解除や預貯金相続手続きを相談することもできます。各金融機関への連絡や必要書類の収集、各金融機関における相続関連手続代行といった一連の作業を司法書士は全て行うことができます。相続手続きの中でも、特に戸籍等の必要書類を自分達で行おうとすると非常に手間がかかることが多いのですが、司法書士は戸籍調査等も得意なため、スピーディな手続き完了が期待できます。

相続放棄に関しても司法書士に相続相談可能ですが、相続放棄の熟慮期間を過ぎてしまった、もしくは過ぎてしまいそうといったケースや、既に債権者から督促があるといったケースでは、弁護士に相続相談するのがおすすめです。

 

相続の相談で司法書士を選ぶポイント


では、相続に関する業務を司法書士に相続相談をしようと決めた場合、どの司法書士に相続の相談すればよいのでしょうか。つぐなびでは全国の相続に強い司法書士事務所の相続分野に特化した事務所情報を掲載しています。相続関連の相談実績数や相続の実務を担う有資格者が複数名いるかどうかといった情報です。相続の相談実績が多ければ多いほど、相続分野の知見がストックされていると考えることができます。相続の実務を担う有資格者が複数名在籍している事務所に相続相談をすれば、スピーディな対応も期待できます。

それ以外に、実際に事務所に相続の相談に伺う際、平日の昼間は仕事をしているという場合は夜間や週末の対応可能な事務所が相続相談には便利ですし、駅から近い立地であれば相続相談の際のアクセス面での便利さもあります。

このような相続に特化した情報がつぐなびのそれぞれの士業事務所ページには掲載をされていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。また多くの司法書士事務所では相続の相談を無料としており、気軽に相続相談できる仕組みも整っています。

 

相続における税理士の主領域


相続における税理士の主領域や相続税申告です。税理士であれば相続税申告を業務として行うことができますが、相続税に強い税理士に相続相談すると安心です。

相続においてこのような場合は税理士にまず相続相談を


相続が発生した場合でも、すべてのケースにおいて税理士に相続相談が必要ということはありません。一般的には以下のいずれかに該当する場合には、一度税理士などの相続の専門家に相続相談することをお勧めします。

 

相続税がかかるかどうか知りたい


税理士への相続相談を検討すべき1つ目のケースは、まずは生前のうちに将来相続税が発生するかどうか確認したい場合です。生前贈与などの対策を行うことが望ましいケースもあるため、税理士に相続相談し将来の相続税をシミュレーションすることによって効果的な相続税対策を実行できます。

 

初めての相続税申告で手続きがわからない(忙しくて時間がない)

税理士への相続相談を検討すべき2つ目のケースは、実際に相続が発生し、相続税申告が必要な場合でも、一般の方が相続税計算の流れを理解し、正確に相続税申告書を作成することは容易ではありません。

また仕事や育児などで忙しい場合には、相続税申告に充てるための時間を確保すること自体が困難なケースも多いため、そのような場合には早めに相続相談することをお勧めします。

 

相続税申告が必要になりそう


税理士への相続相談を検討すべき3つ目のケースは財産額が大きく、相続税申告が必要なことが明らかなケースです。

相続税申告は、相続の開始があったことを知った日(通常は被相続人の死亡日)の翌日から10ヵ月以内に申告しなければならないため、相続税申告が必要であることが明らかな場合には早めに税理士へ相続相談しましょう。

 

相続税がかかるだろうとほぼわかっているが、納税額を安く押さえたい


税理士への相続相談を検討すべき4つ目のケースは、単に自分で相続税申告を行うことが不安な場合だけでなく、税理士に相続相談することで節税に繋がることを期待する場合です。

相続税の計算においては様々な特例制度が設けられているため、適用漏れがあれば余分な税金を支払うこととなってしまいます。また相続税に強い税理士に相続相談することで、すでに発生した相続だけでなく、将来発生する相続も加味した上で、トータルでの税金が安くなるようにアドバイスを受けることも可能ですので、一度相続相談をしてみましょう。

 

相続財産が多い


税理士への相続相談を検討すべき5つ目のケースは相続財産が多い場合です。先述したとおり、相続税の申告義務を判定するためには遺産総額を計算しなければならず、それぞれの財産ごとに相続税評価額を算出しなければなりません。また相続財産が多い場合には、税理士のように専門的な税の知識をも持っていない方が遺産総額を正確に計算することは難しく、見落としや課税対象であることの認識がないなどの理由により、一部が相続財産から漏れてしまうケースも頻発します。

そのため相続財産が多い場合には、一度税理士へ相続相談し、漏れのないように助言を受けることも検討しましょう。

 

相続財産の中に不動産がある(1つでも価額によっては&多数ある場合は税申告の可能性も)


税理士への相続相談を検討すべき6つ目のケースは、現預金だけでなく、不動産やオーナー会社の株式など、評価額の算定自体が難解な財産が含まれているような場合です。

特に不動産については、先述した「小規模宅地等の特例」だけでなく、その不動産の用途によっても評価額が変わります。税理士に相続財産の評価を任せず自ら評価を行い、評価を仮に評価額に誤りがあれば、納税漏れとなるリスクだけでなく、反対に納税額が過大となってしまう可能性もあります。

したがって相続財産に不動産があるケースでは、積極的に税理士へ相続相談するようにしましょう。

 

税務署からの書面(お尋ね/お知らせ)が届いた


税理士の相続相談を検討すべき7つ目のケースは、相続発生日から半年程度経過した段階で、税務署から「相続税申告が必要ではありませんか?」という内容のお尋ね文書が届いた場合です。

税務署では過去の申告状況や登記情報をもとに概ねの財産額を把握しており、財産額が大きい場合には相続人に対してお尋ね文書を発送しているのです。

いずれにせよ、これらの税務署からのお尋ね文書にはきちんと回答することが望ましいため、必要に応じて税理士へ相続相談しましょう。

 

相続税申告をしないといけない場合には税理士に依頼するほうがよい


相続税申告を税理士に依頼することなく一人で実施することは可能です。ただし、相続税申告を自身で行う場合に必ず認識しておくべきことが、2つのリスクがあるという点です。相続税申告を自身で行う際の1つ目のリスクは、相続税額が高くなる可能性が高いということです。相続税の計算は財産評価の集計でもあります。特に相続財産に不動産がある場合は、正しい評価方法を理解し、正しく相続不動産の評価額を下げることで相続税を抑えることが可能になります。また、評価方法以外にも、二次相続を想定した遺産分割の方法や相続税を抑えることができる特例など、相続分野に長けた税理士が持つ知識や経験がないと判断が難しいことがたくさんあります。

相続税申告を自身で行う際のリスク2つ目は、相続税の税務調査の対象になる可能性が高いという点です。相続税の申告書には税理士が署名捺印する欄が設けられています。相続税申告を税理士に依頼せず、自身で相続税の申告を行った場合、この欄が空欄となります。

税務(相続税)の専門家である税理士が作成している書類ではないということは、計算ミスや判断ミス、計上漏れなどが無いとは言い切れません。つまり、間違いがある可能性が高いという判断になり、それだけで相続税の税務調査(又は税務指導)の対象となる可能性が非常に高くなります。

相続税申告を税理士に依頼することで、正しい評価方法で相続財産の評価を行ってもらうことができ、相続税を抑えるための特例なども効果的に適用させることが可能です。

 

相続税申告において税理士を選ぶポイント


上述のように、相続税申告を税理士への相続相談なく行うことはできますが、専門的な計算が必要になったり、相続税申告の書類に誤りがあったりすると、相続税の税務調査の対象になったりしてしまうことも少なくありません。そのほか、相続に詳しい税理士に相続相談することによって、相続した土地や不動産の評価を正しく行うができるほか、相続税の節税のための特例なども受けられる可能性があります。

相続に強い税理士の目安として、「相続税の申告実績年間50件以上」または「相続税務調査率3%以下」があります。特に相続税務調査率の低さは、不備なく正しく相続税申告を実施できている一つの実績のため、このような特徴がある場合には「相続税申告に強い税理士」として相続相談する対象として考えてよいでしょう。

相続業務を税理士に相続相談をしようと決めた場合にどの税理士に相続相談するとよいのでしょうか。つぐなびでは全国の相続に強い税理士事務所の情報を掲載していますが、相続関連の相談実績数や税理士が複数名いるかどうかといった情報も掲載しています。相続相談実績が多ければ多いほど、相続相談経験豊富でその分野の知見がストックされていると言えるでしょう。税理士が複数名在籍している事務所に相続相談をすれば、スピーディな対応も期待できます。

それ以外に、実際に相続の相談をしに税理士事務所に伺うなら、平日の昼間は仕事をしているという場合は夜間や週末の対応可能な事務所が相続相談するには便利ですし、駅から近い立地であれば相続相談する際のアクセス面で都合がよいでしょう。

これらの相続に特化した情報がつぐなびのそれぞれの士業事務所ページには掲載をされていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。また税理士事務所の中には相続の初回相談無料としているところもあり、そういった条件で相続相談先を探してみるのもおすすめです。

 

士業の種類を問わず相続相談をする際の選ぶポイント


相続相談先として、相続手続き全般の相続相談なら司法書士、相続税の相続相談なら税理士、相続トラブルの相続相談なら弁護士と相談する分野について最適な相談先が異なると先述いたしましたが、士業の種類を問わず、相続相談先を選ぶ際のポイントとなる点についても補足いたします。

 

相続相談実績数・解決実績数


相続相談の対象となる司法書士・税理士・弁護士共に相続のみを業務として行うわけではなく、相続を得意領域としているか、相続の実務のウハウが蓄積されているかは経験年数では測れません。その際には各士業の相続の相談実績や解決実績の数を重視してみると良いでしょう。

 

相続を専門(得意)としているか


先述のとおり、司法書士・税理士・弁護士の中には相続が専門外の場合もあり、そのような事務所は相続相談先としては適しません。近年では相続に特化したホームページを設けている事務所も増えてきましたので、そのホームページに記載のある相続相談実績数や解決実績を見たうえで相続に注力している事務所かどうか確認し、相続相談先を決めていきましょう。

 

相続手続き全体を考慮した提案をしてくれるか


相続の相談先を選ぶ上で、自分の領域外のことも含めて、相続手続きの全体像を見据えた提案をしてくれる事務所に相談するのが良いでしょう。例えば司法書士なら相続税について、税理士・弁護士なら手続きについてといったように、主なの相続業務以外のことまで相談に乗ってくれて、相続全体をを包括した提案をしてくれる士業に相続相談をしてみると良いでしょう。

  

話をしっかり聞いてくれる


例えば遺産分割協議のように、相続手続きにおいては複数の選択肢が存在するケースも多く、それらを決定する際には相続人の意思を相談しながら尊重してくれる士業が良いでしょう。相続手続き全体を包括してサポートしてくれ、ご自身の気持ちを汲み取ってくれるような事務所を相続相談先としてを選びましょう。

 

相続の難しい用語も丁寧に理解できるまで説明してくれる


相続の知識に乏しい相談者側は、相続手続きに馴染みのないケースが大半であるため、士業にとっては知っていて当然である知識ももっていないことがほとんどです。相続相談の際に相続手続きの流れや専門用語などを分かりやすく丁寧に説明してくれることも、相続相談先を選ぶ際に重要なポイントです。

 

相談時にできないことはできないと答えられるかどうか


各士業には相続における独占業務や主たる業務が存在します。その専門家だけでは対応できない業務も存在するため、相談内容に対して曖昧な回答はせず、対応の可否について明確な回答が相続相談時に得られるかどうか確認しましょう。またそのような場合は紹介先に相続に強い関連士業事務所を持っているかどうかも相続相談時に確認すると良いでしょう。

 

報酬(料金表)が明確、事前見積もり


最近では相続に特化したホームページを保有する事務所も多く、そこでは料金表が掲載されているケースもありますが、個々の相続事例で報酬は変動するため、必ず相続相談時に事前見積もりを出してもらうようにしましょう。

 

事務所へのアクセスが良いか


相続相談時だけでなく、実際に相続相談後に依頼をするとなれば何度か事務所との打合せが必要であるため、あまりにも事務所が遠方の場合や、事務所へのアクセスが不便なケースでは相続相談時だけでなく、依頼後のことも考えると不都合が生じる可能性があります。ご自宅に近い事務所や、通勤経路にある事務所を相談先に選ぶことをおススメします。中にはオンラインでの相続相談ができる事務所もありますので、その場合は上記の限りではなく、より広い範囲で相続相談先を検討することも可能にります。

 

レスポンスや、報連相がしっかりしているか


相続手続きには期限があるものもあるため、メールや電話の相続相談時の事務所側のレスポンスが遅い、税理士からの報告・連絡・相談がないなどの不安はできる限り避けたいものです。したがって依頼前の相談の段階でレスポンスに不安がある場合には注意しましょう。

 

相続相談は無料か、土日や平日夜間でも相続相談できるか


相続相談日時として、土日や平日夜間しか時間が確保できない場合には、そのような日時でも事務所への相続相談が対応可能かどうか確認しましょう。また初回相続相談料については事務所によって無料と有料のどちらのケースもありますが、一概にどちらが好ましいとは言えません。相続相談料が有料、無料だけで判断せずに、選択肢を広げて相続相談先を検討するすることをお勧めします。

 

オンラインの相続相談を実施しているか


仕事や育児で事務所へ来所しての相続相談することが難しい場合には、zoomなどを利用したオンライン相続相談が可能な事務所を探してみるのも良いでしょう。相続相談時にオンライン相続相談が可能な事務所であれば、正式に依頼した後でも打合せや相続相談をオンラインで実施することが可能な場合があるので、ご自宅の近くには相続に強そうな事務所がない場合、少し遠方でも相続に強い事務所を選び、初回の相続相談に加えて依頼後の打合せもオンラインで実施する等、相続相談先の幅を拡げることができます。

 

埼玉県における相続事情


埼玉県における死亡者数の推移


埼玉における令和元年(2019年)分の死亡者数は「埼玉県の人口動態統計概況」によると、69,537人で、前年より1,811人増加しました。埼玉の死亡率は人口千人に対し9.7となり、前年比0.3 ポイント上昇という結果になっています。埼玉と全国(11.2)と比較すると1.5ポイント下回り、埼玉の死亡率の年次推移は昭和35年が7.9、昭和45年が5.7、昭和55年が4.5と低下しており、それ 以降4.5前後で推移していましたが、昭和61年以降上昇傾向に転じています。

令和元年における埼玉の死亡数を死因順位別にみると、埼玉の第1位は「悪性新生物」19,789人で死亡総数 の28.5%を占めています。埼玉の死因順位第2位は「心疾患」で 11,117人(16.0%)、第3位は「肺炎」 5,675人(8.2%)、 第4位は「脳血管疾患」 4,964人(7.1%)、第5位は「老衰」 4,884人(7.0%)という結果になっていまする。

死因別に見た埼玉の死亡率(人口10万対)の推移は、悪性新生物は昭和55年以降上昇傾向となっており、平成15年には200.0を超えて令和元年に275.8となりました。埼玉の死因順位は昭和56年以降第1位で、令和元年は死亡総数に占める割合が28.5%となっています。埼玉では心疾患は昭和60年に第2位となり、以降緩やかな上昇を続けてています。一方、埼玉では脳血管疾患は昭和36年をピークに低下。埼玉では、昭和56年には悪性新生物にかわり第2位 に、さらに昭和60年には心疾患にかわって第3位となって以降低下傾向となっています。

 

埼玉県の死亡者のうち相続税申告の対象になった人の数


埼玉で令和元年に亡くなられた方の数69,537人のうち、埼玉で相続税申告の対象になった方は7,037人となっています。埼玉では、課税割合は10.1%となっています。埼玉では、前年の平成30年分としての被相続人数は67,726人で、うち相続税の課税対象になった数は6,910人です。埼玉の課税割合は10.2%となっています。

 

埼玉県で相続税申告の対象になった被相続人の相続税課税価格および税額


令和元年分における埼玉の相続税課税価格は9881億円で、税額は1219億円、前年平成30年分の埼玉では9833億円に対して1261億円でした。

 

埼玉県を含む茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・長野県における相続財産の金額


埼玉県をはじめとしたこれらの県での相続財産の金額は、令和元年分が土地が7,852億円、家屋が1,116億円、有価証券2,385億円、現金・預貯金等で7,137億円、その他が2,391億円となっており、合計額としては20,881億円となっています。

 

埼玉県を含む茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・長野県における被相続人の相続財産の内訳


相続財産のうち、令和元年分の埼玉の相続財産の内訳は、現金や預貯金が34.4%、土地が37.8%、有価証券が11.57%、家屋が5.4%、その他が10.9%となっています。埼玉県における平成22年分からの相続財産の金額の構成比の推移を見ていくと、土地の割合は減少傾向にあり、平成22年分として56.4%だったものが平成23年分には53.0%、平成24年分21.5%、平成25年分49.1%、平成26年分46.3%、平成27年分43.2%、平成28年分43.6%、平成29年分40.8%、平成30年分38.7%と推移しています。一方、埼玉では現金・預貯金等の割合は増加傾向にあります。

 

埼玉県の地価


令和2年地価調査では、埼玉の住宅地の県平均変動率が-0.3%と3年連続で上昇から下落に転じました。コロナ禍においても、埼玉では通勤や通学等における利便性の高い都内近隣の地点では上昇が継続する傾向がありました。埼玉では商業地においては変動率0%で6年上昇から横ばいです。埼玉県でもオフィス需要の強い京浜東北線の駅周辺地点では、コロナ禍でも上昇が継続する傾向が見て取れます。一方、埼玉県の工業地は変動率1.3%と7年連続上昇ですが、症状幅は縮小へと転じています。

埼玉の区分別変動率順位を見ていくと、住宅地は駅から近くて住環境もよい川口駅周辺の地点が変動率1位~3位を占めています。埼玉で具体的には「川口市並木元町55番4(並木元町6-16)」が1位で変動率5.2%、価格は402,000円/㎡、2位「川口市飯塚1丁目120番3外(飯塚1-9-40)」は変動率5.1%、価格390,000円/㎡、3位は同率で「川口市川口6丁目55番3(川口6-7-11)」価格362,000円/㎡、「川口市朝日3丁目18番2(朝日3-13-9」)価格213,000円/㎡で、共に変動率3.4%となっています。

 

埼玉県の平均賃金


厚生労働省の令和元年「毎月勤労統計調査」結果の「都道府県、性、主な産業別賃金及び産業計の年齢・勤続年数」データを見ていくと、埼玉調査対象の平均年齢が43.3歳、勤続年数は11.6年、賃金は301,700円となっています。埼玉で産業別にみると、建設業350,300円、製造業297,800円、運輸業・郵便業270,000円、卸売業・小売業304,400円、医療・福祉306,200円となっています。埼玉で男女別にみると、男性の調査対象の平均年齢が43.9歳、勤続年数13.0年、賃金が329,800円、一方埼玉に置いて女性では42.0歳、9.0年、248,600円という結果になりました。

 

埼玉県内の公的機関


埼玉県内の役所


役所名:狭山市役所

住所:埼玉狭山市入間川1丁目23-5

 

役所名:入間市役所

住所:埼玉入間市豊岡1丁目16-1

 

役所名:所沢市役所

住所:埼玉所沢市並木1丁目1-1

 

役所名:飯能市役所

住所:埼玉飯能市大字双柳1-1

 

役所名:日高市役所

住所:埼玉日高市大字南平沢1020

 

役所名:川口市役所

住所:埼玉川口市青木2丁目1-1

 

役所名:戸田市役所

住所:埼玉戸田市上戸田1丁目18-1

 

役所名:和光市役所

住所:埼玉和光市広沢1-5

 

役所名:朝霞市役所

住所:埼玉朝霞市本町1丁目1-1

 

役所名:志木市役所

住所:埼玉志木市中宗岡1丁目1-1

 

役所名:新座市役所

住所:埼玉新座市野火止1丁目1-1

 

役所名:熊谷市役所

住所:埼玉熊谷市宮町2丁目47-1

 

役所名:鴻巣市役所

住所:埼玉鴻巣市中央1-1

 

役所名:行田市役所

住所:埼玉行田市本丸2-5

 

役所名:深谷市役所

住所:埼玉深谷市仲町11-1

 

役所名:寄居町役場

住所:埼玉大里郡寄居町大字寄居1180-1

 

役所名:北本市役所

住所:埼玉北本市本町1丁目111

 

役所名:さいたま市西区役所

住所:埼玉さいたま市西区西大宮3-4-2

 

役所名:さいたま市大宮区役所

住所:埼玉さいたま市大宮区吉敷町1丁目124-1

 

役所名:さいたま市北区役所

住所:埼玉さいたま市北区宮原町1丁目852-1

 

役所名:さいたま市見沼区役所

住所:埼玉さいたま市見沼区堀崎町12-36

 

役所名:さいたま市緑区役所

住所:埼玉さいたま市緑区大字中尾975-1

 

役所名:伊奈町役場

住所:埼玉北足立郡伊奈町大字小室9493

 

役所名:春日部市役所

住所:埼玉春日部市中央6丁目2

 

役所名:上尾市役所

住所:埼玉上尾市本町3丁目1-1

 

役所名:桶川市役所

住所:埼玉桶川市泉1丁目3-28

 

役所名:さいたま市岩槻区役所

住所:埼玉さいたま市岩槻区本町3丁目2-5

 

役所名:さいたま市役所

住所:埼玉さいたま市浦和区常盤6丁目4-4

 

役所名:さいたま市浦和区役所

住所:埼玉さいたま市浦和区常盤6丁目4-4

 

役所名:さいたま市中央区役所

住所:埼玉さいたま市中央区下落合5丁目7-10

 

役所名:さいたま市南区役所

住所:埼玉さいたま市南区別所7丁目20-1

 

役所名:さいたま市桜区役所

住所:埼玉さいたま市桜区道場4丁目3-1

 

役所名:草加市役所

住所:埼玉草加市高砂1丁目1-1

 

役所名:越谷市役所

住所:埼玉越谷市越ヶ谷4丁目2-1

 

役所名:吉川市役所

住所:埼玉吉川市きよみ野1丁目1

 

役所名:松伏町役場

住所:埼玉北葛飾郡松伏町大字松伏2424

 

役所名:久喜市役所

住所:埼玉久喜市大字下早見85-3

 

役所名:杉戸町役場

住所:埼玉北葛飾郡杉戸町清地2丁目9-29

 

役所名:宮代町役場

住所:埼玉南埼玉郡宮代町笠原1丁目4-1

 

役所名:幸手市役所

住所:埼玉幸手市東4丁目6-8

 

役所名:加須市役所

住所:埼玉加須市三俣2丁目1-1

 

役所名:川越市役所

住所:埼玉川越市元町1丁目3-1

 

役所名:富士見市役所

住所:埼玉富士見市大字鶴馬1800-1

 

役所名:鶴ヶ島市役所

住所:埼玉鶴ヶ島市大字三ツ木16-1

 

役所名:三芳町役場

住所:埼玉入間郡三芳町大字藤久保1100-1

 

役所名:坂戸市役所

住所:埼玉坂戸市千代田1丁目1-1

 

役所名:越生町役場

住所:埼玉入間郡越生町大字越生900-2

 

役所名:毛呂山町役場

住所:埼玉入間郡毛呂山町中央2丁目1

 

役所名:鳩山町役場

住所:埼玉比企郡鳩山町大字大豆戸184-16

 

役所名:川島町役場

住所:埼玉比企郡川島町大字下八ツ林870-1

 

役所名:東松山市役所

住所:埼玉東松山市松葉町1-1-58

 

役所名:吉見町役場

住所:埼玉比企郡吉見町大字下細谷411

 

役所名:滑川町役場

住所:埼玉比企郡滑川町大字福田750-1

 

役所名:嵐山町役場

住所:埼玉比企郡嵐山町大字杉山1030-1

 

役所名:ときがわ町役場

住所:埼玉比企郡ときがわ町大字玉川2490

 

役所名:小川町役場

住所:埼玉比企郡小川町大字大塚55

 

役所名:東秩父村役場

住所:埼玉秩父郡東秩父村大字御堂634

 

役所名:秩父市役所

住所:埼玉秩父市熊木町8-15

 

役所名:皆野町役場

住所:埼玉秩父郡皆野町大字皆野1420-1

 

役所名:小鹿野町役場

住所:埼玉秩父郡小鹿野町小鹿野89

 

役所名:上里町役場

住所:埼玉児玉郡上里町大字七本木5518

 

役所名:美里町役場

住所:埼玉児玉郡美里町大字木部323-1

 

役所名:神川町役場

住所:埼玉児玉郡神川町大字植竹909

 

役所名:蕨市役所

住所:埼玉蕨市中央5丁目14-15

 

役所名:羽生市役所

住所:埼玉羽生市東6-15

 

役所名:蓮田市役所

住所:埼玉蓮田市大字黒浜2799-1

 

役所名:埼玉庁

住所:埼玉さいたま市浦和区高砂3丁目15-1

 

役所名:三郷市役所

住所:埼玉三郷市花和田648-1

 

役所名:八潮市役所

住所:埼玉八潮市中央1丁目2-1

 

役所名:白岡市役所

住所:埼玉白岡市千駄野432

 

役所名:ふじみ野市役所

住所:埼玉ふじみ野市福岡1丁目1-1

 

役所名:横瀬町役場

住所:埼玉秩父郡横瀬町大字横瀬4545

 

役所名:長瀞町役場

住所:埼玉秩父郡長瀞町大字本野上1035-1

 

役所名:本庄市役所

住所:埼玉本庄市本庄3丁目5-3

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる