官澤綜合法律事務所(宮城県仙台市)

官澤綜合法律事務所
  • 11名の弁護士が在籍
  • 相続問題の豊富な解決実績
  • 駅から近い
  • 弁護士:弁護士

住所:宮城県仙台市青葉区二日町1番23号 アーバンネット勾当台ビル10F地図

アクセス:地下鉄南北線勾当台公園駅北1番出口より徒歩約3分

受付時間:平日9:30〜17:00

  • 初回相談無料
  • 解決事例あり
  • 料金表あり
  • 女性専門家への相談可
  • 当日相談可

宮城県仙台市にある、地域最大級の弁護士事務所。所属する11人の弁護士により、相談者にとってベストなアドバイスができるよう常に協議し、議論をかわしています。また弁護士・職員の力を綜合し、笑顔で迅速かつ良質なサービスの提供を心がけており、気軽に相談できる環境を用意しています。

  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 料金
  • 解決事例
  • 事務所
    案内

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 相続の初回相談料無料&「テレビ電話相談」も

    相続問題の初回相談料は無料のため、気軽に相談することが可能。また、無料のテレビ電話サービスを利用した「テレビ電話相談」にも対応しています。

  • 02 豊富な相談実績と、早期解決のノウハウ

    多数の相談を通じて得られた交渉、調停や裁判実務に関するノウハウと、交渉段階での相談を重視することで、迅速かつ円満な解決に導いています。

  • 03 コロナ対策万全の安心できる事務所

    所員のマスク着用、来客時のアルコール消毒等を徹底されています。また訪問せずに電話やテレビ電話で相談ができる体制を整えており、非常に安心して相談できる事務所です。

選ばれる理由

特長をもっと見る

料金表※税抜き価格

料金表をもっと見る

解決事例

解決事例をもっと見る

事務所案内

代表紹介

代表紹介

官澤里美

弁護士

資格
昭和61年4月 弁護士登録、仙台弁護士会入会
所属団体
最高裁:下級裁判所裁判官指名諮問委員会仙台地域委員会委員
東北弁連:裁判官選考検討委員会委員長
仙台市泉区選挙管理委員会委員長
東北大学法科大学院客員教授
東北工業大学理事
経歴
昭和32年12月 宮城県仙台市泉区根白石の農家に生まれる
昭和51年3月 仙台第一高等学校卒業
昭和58年3月 東京大学法学部卒業
昭和58年10月 司法試験合格
昭和61年3月 最高裁判所司法研修所卒業
昭和61年4月 弁護士登録、仙台弁護士会入会
平成4年1月 仙台市青葉区上杉に官澤法律事務所を開設
平成16年4月 仙台弁護士会副会長(〜平成17年3月)
平成16年4月 東北大学法科大学院 の教授に就任
平成18年10月 日本司法支援センター宮城地方事務所副所長(〜平成20年10月)
事務所案内をもっと見る

基本情報・地図

事務所名 官澤綜合法律事務所
住所 〒980-0802
仙台市青葉区二日町1番23号 アーバンネット勾当台ビル10F
アクセス 地下鉄南北線勾当台公園駅北1番出口より徒歩約3分
受付時間 平日9:30〜17:00
開所年月日 平成4年1月
事務所のホームページ

この事務所を見ている人は
この事務所も見ています

選ばれる理由

仙台で最大級の弁護士事務所となる11名の弁護士が在籍しております。

官澤綜合法律事務所は、仙台エリアで最大級の弁護士事務所で、11名の弁護士が在籍しています。遺言の作成や民事信託の組成に積極的に取り組み、相続関係のセミナーも多数開催しております。一般的に、対応できる専門家が少ないと、案件が増えた際の遅れにつながる可能性があるだけでなく、客観的な視点に欠けてそれが本当に「最適」かどうかわかりません。官澤法律事務所では11名を超える弁護士が在籍しており、連携することがスピーディに手続きを進めることができるだけでなく、多くの専門家によって客観的でより「最適」なご提案を行うことができます。

調停や裁判になる前の交渉段階での相談に力を入れており、揉める前の早期解決に注力しています。

相続で揉めそうな雰囲気を感じたらその時点でご連絡ください。一度揉めてしまうと非常に時間がかかるだけでなく、精神的にも疲労困憊してしまいます。相続をきっかけに家族の関係が破綻してしまうことも少なくありません。官澤綜合法律事務所では、調停や裁判などに持ち込まれてしまう前の交渉の段階から入ることで早期解決することに注力しています。例えば、①相続人と親族の仲が悪いとき、②他の相続人と連絡がとれないとき(連絡しても返事をくれないとき)、③別の相続人が勝手に遺産の分け方について話を進めてしまっているとき、④予想していたよりも遺産の額が少ないとき、こうした場合にはその後「争続」に発展してしまう可能性があります。こういう場合には、遺産分割や遺留分に強い弁護士の専門家がなるべく早く入ることで本格的に揉める前に早期解決することができる可能性がありますのでぜひ早めにご相談ください。

相続ですでに揉めてしまっている相続問題でも多数の解決実績がありますので安心してご相談ください。

弁護士に相続の相談が持ち込まれるとき、多くの場合はすでに揉めている場合が多いです。相続に関する問題は法的にもご自身で対応することが難しいだけでなく、相続人同士の骨肉の争いに発展し、関係が破綻してしまう例もあります。官澤綜合法律事務所では、こうした「すでに揉めている」相続のご相談についても豊富な解決実績がございます。官澤綜合法律事務所では、遺産分割や遺留分についてのご相談、実際に調停や裁判まで発展してしまった相続問題についても相続に強い弁護士がしっかりと対応いたします。揉めてしまっている場合でも、相談がなるべく早いに越したことはないため、ぜひ初回の無料相談を利用して安心してご相談ください。

相続税申告や、相続財産に不動産が含まれていても、官澤綜合法律事務所は税理士や不動産鑑定士と日頃から連携しています。

官澤綜合法律事務所では、弁護士では対応できない相続税申告が関わる相続問題についても提携する税理士とともにワンストップで対応することができます。相続財産が多い場合や、相続財産に不動産が含まれている場合には、揉めている点を整理して遺産分割を適切に行なう必要があるだけでなく、同時に相続税対策についても検討する必要があります。また、相続財産に不動産が含まれる場合、その不動産を評価するために固定資産税評価額か路線価か時価か、といったように不動産の評価額が問題になることもしばしばあります。官澤綜合法律事務所では、こうした相続問題に対しても相続税の専門家である税理士や不動産の専門家である不動産鑑定士と連携しておりとても安心です。

官澤綜合法律事務所では、税理士や不動産鑑定士と日頃からコミュニケーションをとっており、相続税申告や不動産が関わる相続案件についても、官澤綜合法律事務所の窓口でワンストップでサポートいたします。遺産分割においても、不動産がある場合や、額が大きいことによって相続税申告が必要になる場合、同時並行でそれらについても対応していく必要があります。官澤綜合法律事務所では、弁護士が本来対応する遺産分割や遺留分だけでなく、連携している税理士や不動産鑑定士とともにあらゆる相続問題に対して一つの窓口で対応いたします。

初回の相談は無料で承っております。ご希望に応じてご自宅からビデオ通話によるご相談も可能です。

弁護士事務所への相談は敷居が高いと思われるかもしれませんが、初回相談は料金が一切かからず無料にて承っております。無料相談をいただいたからと依頼しなければならない、といったことはありませんのでぜひお気軽にご相談ください。ご相談いただく中では、お客様の状況と希望を丁寧にヒアリングさせていただき、「どうするべきか」を弁護士が直接ご提案させていただきます。なお、新型コロナウイルスの影響であまり外出したくない、というお客さまのために、ご自宅からビデオ通話でご相談いただけるビデオ通話相談も受け付けております。このビデオ相談も無料でご案内しており、費用は一切発生いたしませんので合わせてご活用ください。

毎週第3土曜日に特別相談会を実施しており、平日は忙しい方でも安心です。

官澤綜合法律事務所では、事前にご予約いただければ毎週第3土曜日に相続特別相談会を実施しております。平日はお仕事で忙しくてなかなか時間を取ることができない、という方のご相談はぜひこの機会をご活用ください。お電話もしくはメールにて土曜日の特別相談会希望の旨をおっしゃっていただければ、弁護士より日程調整のご連絡を差し上げます。

対応業務・料金表※税抜き価格

相続人調査サポート

サービスの概要

相続手続きを始める際にまず必要になのが「戸籍収集」です。戸籍地が変わった場合は複数の戸籍を取り寄せる必要があります。この場合、個人で戸籍収集を問題なく済ませることは難しくなりますのでご検討ください。

<実施内容>
・戸籍収集
・相続関係説明図の作成
・各専門家の紹介(必要な場合)

料金

30,000円~

  • 30,000円+取寄書類の通数×1,000円+取寄実費
    ※通常の郵券は事務所負担。
    ※相続放棄や遺産分割でも、相続人調査を要する場合はこの手数料を戴きます。

遺言書作成サポート

サービスの概要

「争続」と呼ばれる相続人間のもめ事を軽減するためにも、遺言で意思を書面に残すことは非常に重要です。法的に効力のある遺言書の作成をサポートします。

【実施内容】
・遺言書作成に必要な手間を代行
・遺言書の作成

料金

100,000円

  • ・定型的なもの:100,000円
    ・非定型的なもの:100,000円+遺産評価額の0.5%

    ※公正証書遺言の場合は公証人費用の実費有り。
    ※遺産分割協議書作成は、交渉無しのものは遺言作成に準じる。

民事信託(家族信託)サポート

料金

300,000円~

  • ・プラン概要提案…30,000円
    ・信託契約書作成…200,000円+信託対象財産の0.5%(但し、簡易・定型的なものは300,000円)
    ・信託実行…①不動産信託登記は実費
    …②金融機関等の手続代理は100,000円+金融機関法人数×30,000円
    ・信託期間中の監督・指導…月額10,000円〜50,000円
    ・終結処理の代理…①不動産関係は実費
    …②その他の手続は100,000円+手続対象法人数×30,000円+信託対象財産の3%

遺留分侵害額請求「したい方へ」サポート

サービスの概要

相続人には最低限の財産を得られる権利があり、それを「遺留分」と言います。遺言に遺産は渡さないと書かれた場合でも遺留分を獲得することができます。また遺留分には「時効」がありますのでお早めにご相談ください

【実施内容】
・遺産の整理
・妥当な遺産額の計算
・遺留分額の確定
・遺留分を獲得するための交渉
・獲得した遺産の支払い

料金

着手金200,000円

  • ・交渉を行わない単純な請求書の作成・発送
    手数料30,000円。
    ☆顧問先の場合は20,000円。定型書式普通郵便なら無料。

    ・交渉
    着手金200,000円。
    回収できた場合にその金額の10%を報酬として頂きます。

    ・裁判
    着手金300,000円。
    回収できた場合にその金額の10%を報酬として頂きます。

遺留分侵害額請求「された方へ」サポート

サービスの概要

・交渉
着手金250,000円。
減額できた場合にその金額の10%を報酬として頂きます。

・裁判
着手金400,000円。
減額できた場合にその金額の10%を報酬として頂きます。

料金

着手金250,000円

遺産調査(相続調査)サポート

サービスの概要

現在の相続人の関係性や相続財産をお調べし、遺産分割に向けて今後取るべき方針を提案します。「争続」を回避する、相続人間の関係悪化を最小限に食い止めていくことを目的としたサポートです。

【実施内容】
・相続人調査
・相続財産調査
・公正証書遺言の有無の調査
・上記を踏まえた今後の提案

料金

50,000円~

  • 50,000円+取寄実費
    ※通常の郵券は事務所負担。
    ※遺産分割でも、遺産調査を要する場合はこの手数料を戴きます。
    ※調査は、被相続人名義の遺産につき、通常行いうる方法によりなしうる範囲とします。

遺産分割交渉サポート

サービスの概要

遺産分割の交渉は、相続人間だけで円滑に進めることは難しく、さらに将来の紛争を防ぐため、妥当な遺産の分配をするうえでも弁護士のサポートが必要です。弁護士が交渉の間に入り解決に向かって伴走いたします。

【実施内容】
・遺産の整理
・妥当な遺産額の計算
・相手方との遺産額の交渉
・遺産分け

料金

着手金300,000円

  • 報酬:取得できた財産額の10%
    ※相続人の人数や難易度により着手金・報酬を協議の上で増額させて戴く場合があります。

遺産分割調停サポート

料金

着手金400,000円

  • 報酬:取得できた財産額の10%
    ※相続人の人数や難易度により着手金・報酬を協議の上で増額させて戴く場合があります。
    ※交渉から調停・審判へ移行した場合は差額を追加着手金として戴きます。

遺言執行

料金

200,000円~

  • 200,000円+金融機関法人数×30,000円+遺産評価額の3%
    ※単なる不動産の相続登記手続の部分は遺産評価に算入しない。
    ※遺産分割協議書執行は遺言執行に準じる。

相続放棄

サービスの概要

相続財産のうち債務の方が多い場合、相続財産を放棄することも検討した方が良いでしょう。この「相続放棄」の申請には3か月という期限がありますので、お早めにご相談ください。

料金

50,000円

  • ※同一の被相続人について放棄する相続人が複数いる場合は、追加1名当りは30,000円。
    ※熟慮期間(3か月)経過後の相続放棄については上記に50,000円を加算する。

解決事例

事務所案内

代表紹介

代表紹介
代表からの一言
仕事を通してお客様や職員を幸せにするのが経営者の責任と考え、苦しいとき もありますが「ネアカ、伸び伸び、へこたれず!」でよりよい事務所を築いていきたいと思っています。

官澤里美

弁護士

資格
昭和61年4月 弁護士登録、仙台弁護士会入会
所属団体
最高裁:下級裁判所裁判官指名諮問委員会仙台地域委員会委員
東北弁連:裁判官選考検討委員会委員長
仙台市泉区選挙管理委員会委員長
東北大学法科大学院客員教授
東北工業大学理事
経歴
昭和32年12月 宮城県仙台市泉区根白石の農家に生まれる
昭和51年3月 仙台第一高等学校卒業
昭和58年3月 東京大学法学部卒業
昭和58年10月 司法試験合格
昭和61年3月 最高裁判所司法研修所卒業
昭和61年4月 弁護士登録、仙台弁護士会入会
平成4年1月 仙台市青葉区上杉に官澤法律事務所を開設
平成16年4月 仙台弁護士会副会長(〜平成17年3月)
平成16年4月 東北大学法科大学院 の教授に就任
平成18年10月 日本司法支援センター宮城地方事務所副所長(〜平成20年10月)
出身地
宮城県仙台市
出身校
東京大学法学部
趣味・好きなこと
音楽鑑賞(ロック、フォーク等)・スポーツ観戦(サッカー、野球等)・読書(小説、マ ンガ等)

基本情報・地図

事務所名 官澤綜合法律事務所
住所 〒980-0802
仙台市青葉区二日町1番23号 アーバンネット勾当台ビル10F
アクセス 地下鉄南北線勾当台公園駅北1番出口より徒歩約3分
受付時間 平日9:30〜17:00
開所年月日 平成4年1月
事務所のホームページ

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる