×

遺言は、見つけやすい自宅で保管するべき?遺言の種類によって保管場所は異なる?

更新日:2020.06.12

遺言は、見つけやすい自宅で保管するべき?遺言の種類によって保管場所は異なる?

作成した遺言は、どこに保存すればよいのかを迷っている方もいらっしゃるでしょう。

せっかく書いたにも関わらず見つけられなければ意味がありませんので、見つけやすいとこに保管するべきなのでしょうか?

よくある質問:作成した遺言はどこに保管するのがベストですか?

回答

偽造・変造の心配がないよう、銀行等の貸金庫や遺言執行者に預ける方法があります。

遺言書は、遺言をする人の財産の行く末を決めるものですので、利益や損失を受ける人が多くなればなるほど、残す財産が多くなればなるほど、人間関係が複雑になります。

しかも、歴史的に遺言書はしばしば偽造や変造されてきました。このようなことから、自宅に保管することは、遺言書の存在を知らせる上では重要ですが、偽造などの危険があります。

しかし、遺言書の存在を遺族が知らなければ、相続人間で遺産分割協議を行ってしまい、自分の遺言が全く効力の及ばない事態が起こり得るのです。そのため、誰にも手が届かない銀行等の貸金庫などに預ける人も多くいます。

回答の解説①:遺言の種類によって保管方法は異なります

遺言のひとつに公正証書遺言がありますが、この遺言書は原本を公証役場で保管されるという決まりがあるため、気にする必要がありません。

これに対して自筆証書遺言や秘密証書遺言は保管場所に決まりがありませんので、自由な場所に保管することができます。

もちろん、遺言書の場所を家族に知らせておかないと、万が一のときに遺言書があるのにないものとして遺産分割が終了してしまうことがあります。

一方、遺言書の存在を知らせておくことは、勝手に中身を見られてしまったり、捨てられてしまったり、はたまた偽造や変造をされてしまう危険があるのです。

そのため、さきほどご紹介したように、銀行等の貸金庫に保管したり、遺言執行者に預けたりするという方法があります。遺言執行者は信頼できる第三者がいいでしょう。

この第三者は、弁護士などの専門家に依頼することなどで可能になります。

なぜなら、利害関係のある人の場合、どんなにいい人でも家族などでもトラブルになることが多いからです。また、トラブルになった場合、遺言の内容をめぐって、遺言執行者に文句をつけたり責めたりする人が出てくるなどによって、遺言執行者になった人に迷惑がかかってしまうおそれもあるからです。

回答の解説②:作成前であれば、公正証書遺言をおすすめ

遺言書をまだ作成していないのならば、公証役場で保管される公正証書遺言がおすすめです。この遺言書は、遺言をする人の意思に基づき公証人が作成するもので、検認の必要もありません。費用はかかりますが、偽造や変造、破棄などの危険がないため、おすすめなのです。

もちろん、遺言書が公証役場にあることは家族など誰かに伝わるようにしておく必要があります。

 

 

 

 

この記事の監修者

 

 

オーシャンズ若松法律事務所 若松 敏幸オーシャンズ若松法律事務所 代表弁護士 若松 敏幸

 

1969年に山口県立大嶺高等学校、1973年に神奈川大学法学部を卒業

1978年に司法試験に合格し、1981年に司法研修所を卒業

1983年に埼玉県弁護士会から山口県弁護士会に登録変更、若松敏幸法律事務所を開設

2005年に山口県弁護士会会長を務める。

1992年より日本弁護士連合会 弁護士業務改革委員会 委員を務める

 

オーシャンズ若松法律事務所の詳細ページはこちら>>>

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる