×

みなさんが復興特別所得税を支払っていること知ってましたか?

更新日:2020.05.08

みなさんが復興特別所得税を支払っていること知ってましたか?

平成25年から、復興特別所得税を納付することが確定し、税負担が重くなったことをご存知だったでしょうか?
今回の記事では、復興特別所得税について簡単にご説明していきます。

1.復興特別所得税とは?

震災

平成23年12月2日に東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保のため、「復興特別所得税」及び「復興特別法人税」が創設されました。

個人の方に係る復興特別所得税の概要は以下のとおりです。

(1)復興特別所得税を払うのは誰?

個人の方で、所得税を納める義務のある方は、復興特別所得税も併せて納めなければなりません。

(2)復興特別所得税はいつまで払う必要があるのか?

個人の方は、平成25年から令和19年まで支払う必要があります。給与所得者の方は、平成25年1月1日以降に支払を受ける給与等から復興特別所得税が源泉徴収されることとなります。

※源泉徴収とは、会社が給与を支払う際に、その給与から所得税や、復興特別所得税などを差し引いて国などに納付する制度のことです。

2.復興特別所得税はいくら支払うの?(計算方法は?)

復興特別所得税額は次の算式で求めます。

復興特別所得税額 = 基準所得税額 × 2.1%

3.復興特別所得税の計算例

【問題】

所得税の納税額が100万円の方は、復興特別所得税いくらを支払う必要があるでしょうか?

【解答】

100万円×2.1%=21,000円

4.基準所得税額とは?

基本的に、日本に住所がある方は、

基準所得税 = 所得税

『全ての所得に対する所得税額』が、『基準所得税額』になると理解しておけば十分でしょう。

厳密に説明すると基準所得税額とは下表の通りとなります。下表は、日本に住所が無いという方のみチェックすればよいでしょう。

区分
基準所得税額
居住者
非永住者以外の居住者
全ての所得に対する所得税額
非永住者
国内源泉所得及び国外源泉所得のうち国内払の
もの又は国内に送金されたものに対する所得税額
非居住者
国内源泉所得に対する所得税額

 

5.復興特別所得税の予定納税とは?

(1)予定納税とは?

予定納税とは、その年の5月15日において確定している前年分の所得金額や税額などを基に計算した金額(予定納税基準額)が15万円以上である場合には、その年の所得税及び復興特別所得税の一部をあらかじめ納付するという制度です。

また、この制度は任意で選択できるものではなく、税務署から連絡を受けた方すべてが、予定納税を払う義務を負います。

※平成25年から令和19年までの各年分の予定納税基準額は、所得税及び復興特別所得税の合計額で計算することになります。

(2)予定納税基準額の計算方法とは?

予定納税基準額は、次のようになります。
次のいずれにも該当する人は、その人の前年分の納税額がそのまま予定納税基準額となります。

イ. 前年分の所得金額のうちに、山林所得、退職所得、譲渡所得、一時所得、雑所得、平均課税を受けた臨時所得の金額がないこと。

ロ. 前年分の所得税について災害減免法(災害の被害を受け、所得税を軽減させる制度)の規定の適用を受けていないこと。

上記の予定納税基準額が15万円以上になる人は、予定納税が必要になります。予定納税額は、所轄の税務署長からその年の6月15日までに、書面で通知されます。

(3)予定納税額は、いつ、どれだけ、払う必要があるのか?

予定納税は、予定納税基準額の3分の1の金額を、第1期分として7月1日から7月31日までに、第2期分として11月1日から11月30日までに納めることになっています。
予定納税についての詳細は、所得税の予定納税の7つのポイントとは?をご参照ください。

6.復興特別所得税の廃止はいつか?

復興特別法人税は、平成26年度税制改正により1年前倒しで廃止が決定しました。そのため、「平成26年3月31日までに開始する事業年度まで」課税され、その後廃止となります。しかし、復興特別所得税は令和19年まで納付をする必要があります。

最近の税制改正は、法人税は、減税となり、所得税は、増税になる傾向となっております。

7.復興特別所得税の確定申告をしなければならない?

給与所得者は、年末調整で、所得税と復興特別所得税の年税額が適正税額となるため、確定申告をする必要ありませんが、個人事業主の方などは、確定申告をしなければなりません。平成25年よりも前は、復興特別所得税の枠はありませんでしたが、現在は、枠がありますので、記載漏れのないようにしましょう。

また、確定申告をする際に、納税額がある方は、確定申告の提出と併せて税金の納付も行って下さい。

8.復興特別所得税の還付とは?

源泉徴収された税金や予定納税をした税金が納め過ぎになっている場合には、還付を受けるための申告(還付申告)により税金が還付されます。

所得税の還付につきましては、「どんなときに確定申告したら還付金が貰えるの?【事例あり】」に記載しておりますので、ご覧ください。
関連論点として、相続税の還付があります。
気になる方はご参照ください。

まとめ

復興特別所得税についてご理解頂けましたでしょうか?東日本大震災の復興のための税金となっているのが『復興特別所得税』です。現状は、令和19年まで課税される予定となっております。少しでも早く復興してもらうためには、仕方がない税金でしょう。復興のために国民が税金を負担しているので、国にもそのお金を大切に使って頂きたいですよね。

【事業主が覚えておかなければならない38の資金調達ノウハウとは?】

事業を行っている方で、確定申告を行っている方の多くは融資を受けております。

政府100%出資の日本政策金融公庫からの資金調達ノウハウを公開しておりますので是非下記サイトをご参考にしてください。

日本政策金融公庫の融資を成功させる38のノウハウ

 

 

 

この記事の監修者

代表社員 税理士 髙橋 雅和

所属事務所:税理士法人タカハシパートナーズ

保有資格:税理士・行政書士・宅地建物取引士

専門分野:相続税・法人税・所得税

昭和61年に銀行を退職し、髙橋雅和税理士事務所開業

平成21年に税理士法人タカハシパートナーズ設立

 

税理士法人タカハシパートナーズの詳細ページはこちら>>>

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる