司法書士法人いとう事務所(北海道札幌市中央区)

司法書士法人いとう事務所
  • 相談実績1,200件
  • 駅から近い
  • 司法書士:司法書士

住所:北海道札幌市中央区南1条西7-20-1 札幌スカイビル4階地図

アクセス:大通駅1番出口より徒歩6分

受付時間:平日9:00~17:00

  • 解決事例あり
  • 初回相談無料
  • 料金表あり
  • 女性士業への相談可
  • 当日相談可

女性司法書士在籍で、初回相談無料。わかりやすい明瞭な料金体系と事前に作成する見積りで、安心しての相談が可能。相続手続きの着手金は不要。

  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 料金
  • お客様の声口コミ
  • 解決事例
  • 事務所
    案内

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 女性司法書士が初回相談を無料で対応!

    相続に関する初回無料相談を行われています。親しみやすく、話しやすい司法書士(女性司法書士2名在籍)が、丁寧に話を聞いてくださいます。

  • 02 明瞭な料金体系!+安心の事前見積もり!

    相談者に分かりやすいように、明瞭な料金体系を設定。事前に見積りを作成するので、安心して相談できます。相続手続きの着手金は不要です。

  • 03 上級相続アドバイザーの認定会員が相談対応

    スタッフは幅広い相続問題を解決するために複数の相続資格を保有。上級相続アドバイザー・終活カウンセラー認定会員による対応も可能です。

選ばれる理由

特長をもっと見る

料金表

料金表をもっと見る

お客様の声

お客様の声をもっと見る

解決事例

解決事例をもっと見る

事務所案内

代表紹介

代表紹介

伊藤みゆき

司法書士

資格
司法書士・上級相続アドバイザー・終活カウンセラー
所属団体
札幌司法書士会
経歴
司法書士法人いとう事務所の代表を勤める。15年以上、札幌のみなさまの相続手続・不動産の相続登記・遺言書作成・相続放棄・生前贈与等に関するお手伝いをさせていただいている。上級相続アドバイザーや終活カウンセラーの資格も取得しており、相続手続に関する適切な順序や、どの専門家へ相談するべきかについて的確にアドバイスしている。
事務所案内をもっと見る

基本情報・地図

事務所名 司法書士法人いとう事務所
住所 060-0061
札幌市中央区南1条西7-20-1 札幌スカイビル4階
アクセス 大通駅1番出口より徒歩6分
受付時間 平日9:00~17:00
対応地域 北海道
事務所のホームページ

この事務所を見ている人は
この事務所も見ています

選ばれる理由

女性代表やスタッフによるサポートが支持され1,600件を超える相談実績

司法書士法人いとう事務所は、札幌市の大通駅近くに事務所を構える司法書士事務所です。相続の相談件数は累計1,600件を超えており、お陰様で多くの皆様にサービスを提供してまいりました。

また、当事務所は女性の代表司法書士をはじめ、多くの女性スタッフが在籍する事務所でもあります。女性ならではのきめ細かなサポートを心掛け、分かりやすく・丁寧に、お客様の立場になって親身に対応致します。抱えていたお悩みも、手間のかかる膨大な戸籍等の書類集めも、当事務所に全てお任せください。お客様にとって最良な方法をご提案致します。また、お客様には十分にご理解、ご納得頂いた上でご依頼頂きます。



相続が既に発生しているご家庭の場合には、何から手を付けていいのか、これからどのように進めれば遺産分けで揉めずにスムーズな手続きが行えるのかをご提案させて頂きます。遺言に関しましても、親族同士が揉めない遺言の書き方や、ご自身で書かれた遺言の内容を確認してアドバイスをさせてい頂きます。



種類が多くて煩雑な相続手続きですが、司法書士が依頼者に必要な手続きを整理して説明や代行を行います。また、相続財産額やその内訳を踏まえて、具体的な依頼料金を提示いたしますので、支払い面で不安を感じることはありません

上級相続アドバイザーや終活カウンセラーなどの資格に活かしたサポート

司法書士法人いとう事務所の代表司法書士伊藤みゆきは、上級相続アドバイザー終活カウンセラーの資格を有しています。

上級相続アドバイザーとは、NPO法人相続アドバイザー協議会認定の資格で、司法書士とのダブルライセンスにより、相続に関するさらに幅広い手続きや問題をサポートできます。例えば、相続手続きを行わなければならない多くの機関について、どの順番で手続きを行えば良いのか、また必要書類はどのようなものがあるのかなどアドバイス致します。

終活カウンセラーは、終活に必要な幅広い知識を持ち、ご相談者様の「悩み」がどの分野に当てはまるかを的確にお答えできます。例えば、終活の意味をきちんとご理解いただいた上で、何から始めれば良いのかの優先順位をお伝え致します。また、遺産相続など金銭が関わってくる書類は、作成した書類に不備があって無効にならないよう、弁護士などの資格者をご紹介致します。

北海道新聞などのメディア掲載実績がある注目の相続・遺言の専門家

司法書士法人いとう事務所の代表司法書士伊藤みゆきは、北海道新聞女性向けフリーペーパー「ontona」にて、遺言書についてお話させていただいた実績があります。

北海道新聞では、遺産は法定相続で示された配分通りに分ける必要はなく、「法定相続の配分は話し合いで遺産分割する場合の一つの目安」と説明し、遺言書があれば、相続人同士がもめたり遺産分割の方法で悩まなくて済み、相続に伴う手続きの負担も減らせる事をお話ししました。

また、遺言書には自筆で書く「自筆証書遺言」と、公証人役場で公証人に作ってもらう「公正証書遺言」があり、自筆証書遺言は費用がかからないが、公正証書遺言は5万~20万円程度の費用が必要と説明。ただし、自筆証書遺言には相続関連の用語の使い方があいまいだったり、遺言の内容を実行する遺言執行者が書いていないなどの不備も散見されるため、「できれば70代前半までには(公正証書遺言を)作ってほしい」と説明しました。

初回無料の相続相談を実施・外出不要のオンライン相談も

司法書士法人いとう事務所では、相続手続きでお悩みの方が多数いらっしゃるのを見てきてきたからこそ、少しでも力になれるように、お客様の相続手続きをサポートするための個別無料相談を行っています。相談時は、適切な提案をさせて頂く為にご相談内容を確認させていただき、必要な相続手続きを明確にいたします。

また、相続の基本的なルールのご説明や、手続きに必要な事項をヒアリングさせていただきます。もちろん強引な進め方は行っておりませんし、相談者様の立場で考えて最適な提案をさせていただきます。無料相談を受けることで、その場で依頼をする必要もないし、何か決断を迫るようなこともありません。お気軽にご相談ください。

平日や日中はお仕事でお忙しい、遠方にお住まいで事務所までお越しになるのが難しい、といった皆様は、休日相談や出張相談も受け付けております。

さらに、ご相談者様が自宅にいながら相続の無料相談ができる「おうちで相続相談」も実施しております。「おうちで相続相談」では、ご相談者様が司法書士事務所に足を運ぶ必要がなく、電話・テレビ電話・LINEの3つから相談方法を選ぶことができます。仕事が忙しかったり足が痛いなどの理由で司法書士事務所までお越しいただくことができない方や、コロナウイルスの拡大に伴い感染のリスクに不安を感じる方などは、「おうちで相続相談」をぜひ活用してください。

手続き完了まで最短2週間のスピード対応

当事務所では税理士や弁護士と連携しておりますので、遺産分割で揉めてしまっている方や相続税が発生する方などの相続もワンストップで対応しております。また、紹介するだけでなく、当事務所に弁護士や税理士の先生をお呼びすることで同時に相談を受けることも可能です。必要に応じて相談後のアフターフォローもワンストップで対応いたします。

通常、ご自身で相続手続きを行う場合は、税務署に相続税申告法務局に不動産相続登記社会保健事務局に年金の手続き保険会社に死亡保険の手続き、銀行などの金融機関に預貯金の相続位手続き、電気・ガス・水道など公共サービス会社に名義変更の手続きを行うために、それぞれの手続き先に、ご自身で出向かわなくてはなりません

また、それぞれの場所で行う手続きは、当然手続きのやり方は異なってきますので、その都度、各手続き先についての知識が必要になってきます。当事務所に依頼していただければ、私どもが窓口となって各士業と連携し、提出書類の作成代行や書類提出の代行を行います。

万全のコロナ対策を実施し、安心して来所できる

2020年2月25日の厚生労働省が発表した【新型コロナウイルス感染症対策の基本方針】を受けて、当事務所も以下のようなコロナ対策を推進して業務を行っております

入口での消毒:スタッフもお客様にも全員、手のアルコール消毒をしてから事務所に入っていただきます。
プラズマクラスターの設置:面談室の空気を清潔に保つため、プラズマクラスター搭載の空気清浄機を設置しております。
マスクの着用:飛沫防止の観点から、スタッフは常にマスクを着用しております。面談にいらっしゃるお客様にもマスクの着用をお願いしております。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。
面談室のドアの半開:密室を避けるため、同意をいただけたお客様との面談時、面談室のドアは半開とさせていただきます。事前にお伺いいたしますので、ご安心ください。
面談時仕切りパネルの設置:飛沫接触防止の観点から、面談時は仕切りパネルを設置させていただいております。
面談終了後の消毒:面談終了後の消毒も徹底しております。

上記以外にも、感染・感染疑い・発熱など体調不良の場合事務所への連絡を徹底、不要不急の外出自粛(緊急事態宣言などが出された場合の周知徹底)、感染地域への出張制限、訪問レスでの面談を実施、といった感染防止策を実施中です。

対応業務・料金表

相続人調査サポート

サービスの概要

相続手続きを始める際にまず必要になのが「戸籍収集」です。戸籍地が変わった場合は複数の戸籍を取り寄せる必要があります。この場合、個人で戸籍収集を問題なく済ませることは難しくなりますのでご検討ください。

【実施内容】
・戸籍収集
・相続関係説明図の作成
・各専門家の紹介(必要な場合)

料金

16,500円~

  • ※ただし戸籍収集は遡のみ7通までとなります。
    ※相続人確定(戸籍収集)サポートは不動産の登記を前提とさせていただきます。
    ※相続人ご本人様の現在の戸籍は含みません。

相続登記ライトプラン

サービスの概要

不動産の名義変更のことを「相続登記」と言います。売却の際には名義変更が必要になりますし、相続人間での遺産トラブルを避けるためにも、実施することをおススメします。

【実施内容】
・戸籍チェック
・相続登記の申請
・不動産登記事項証明書の取得

料金

41,800円~

  • ※相続登記に関しての注意事項は下部の相続登記別プランの注釈をご参照ください

相続放棄ライトプラン

サービスの概要

相続財産のうち債務の方が多い場合、相続財産を放棄することも検討した方が良いでしょう。この「相続放棄」の申請には3か月という期限がありますので、お早めにご相談ください。

【実施内容】
・戸籍チェック
・相続放棄の申述書を作成
・親戚への通知サービス

料金

27,500円

  • ※相続放棄に関しての注意事項は下部の相続放棄別プランの注釈をご参照ください

遺言書作成サポート

サービスの概要

「争続」と呼ばれる相続人間のもめ事を軽減するためにも、遺言で意思を書面に残すことは非常に重要です。法的に効力のある遺言書の作成をサポートします。

【実施内容】
・遺言書作成に必要な手間を全て代行
・遺言書の作成

料金

55,000円~

加算料金

項目 追加実施内容 料金
遺言書作成サポート(公正証書) 110,000円~(証人立会い含む)
  • 遺言書作成サポート(公正証書)

相続手続き丸ごとサポート

サービスの概要

年金手続き、預金口座や不動産の名義変更など多岐にわたる相続手続きを一括で行う「遺産整理」と呼ばれるサポート。相続人が多くて話がまとまらない、面識のない相続人がいる等の複雑な相続手続きにも適しています。

【実施内容】
・戸籍収集
・相続関係説明図の作成
・相続財産調査
・財産目録の作成
・遺産分割協議書の作成
・相続登記の申請
・預貯金等の名義変更
・相続人間のやり取りサポート(遺産の振り分け)
・相続財産の活用サポート(不動産の売却・運用等)

料金

206,800円~

基本料金

遺産総額 料金
~500万以下 206,800〜275,000
500万円超~3000万円以下 1.2%+209,000
3000万円超~5000万円以下 1.2%+209,000
5000万円超~7000万円以下 1.0%+319,000
7000万円超~8000万円以下 1.0%+319,000
8000万円超~9000万円以下 1.0%+319,000
9000万円超~1億円以下 1.0%+319,000
1億円超~1.5億円以下 0.7%+649,000
1.5億円超~2億円以下 0.7%+649,000
2億円超~3億円以下 0.7%+649,000
3億円超 0.4%+1,639,000

生前贈与サポート

サービスの概要

生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、自分の財産を人に分け与える行為です。 個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できるのが原則です。 また生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑えるという目的のためにも利用されます。

生前贈与登記 55,000円~
贈与契約書作成 22,000円~

料金

77,000円~

  • 生前贈与の際の注意点として、次の4点を確認する必要があります。

    1. 贈与税と相続税の節税額の分岐点を確認しておくこと
    2. 遺産分割トラブルとならないように注意すること
    3. 贈与契約書を作成し公証人役場で確定日付を取っておくこと
    4. 相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続財産として加算されることを確認すること

民事信託(家族信託)サポート

サービスの概要

認知症や病気により、自分の財産の管理や土地の売却がしづらくなります。そのための対策として、信頼する相手に財産を託し(信託)、当初の目的に沿って財産を管理・処分・承継する財産管理の仕方です。

【実施内容】
・民事信託の設計コンサルティング
・民事信託の契約書作成
・民事信託の登記

料金

605,000円~

基本料金

遺産総額 料金
~500万以下 330,000
500万円超~3000万円以下 330,000円
5000万円超~7000万円以下 550,000円
7000万円超~8000万円以下 605,000円
8000万円超~9000万円以下 605,000円
9000万円超~1億円以下 605,000円
1億円超~1.5億円以下 770,000円
1.5億円超~2億円以下 770,000円
2億円超~3億円以下 要相談
3億円超 要相談
  • トータルの報酬は信託財産の評価額によって変動する家族信託設計コンサルティング費用(財産額の1%:最低33万円)に加えて、家族信託契約書作成費用(1契約 16万5,000円)、信託登記費用(1物件 11万円)を合わせた金額です。

    家族信託設計コンサルティング費用
    3,000万円以下:33万円
    3,000万円~5,000万円以下:38万5,000円
    5,000万円~7,000万円以下:55万円
    7,000万円~1億円以下:60万5,000円
    1億円~2億円以下:77万円
    2億円~:要相談

相続登記お任せプラン

サービスの概要

・無料相談何度でも
・被相続人の出生から死亡までの戸籍収集
・相続人全員分の戸籍収集
・収集した戸籍のチェック業務
・相続関係説明図(家系図)作成
・遺産分割協議書作成(1通)
・相続登記(申請・回収含む)
・不動産登記事項証明書の取得

料金

107,800円~

  • ※1 戸籍収集は4名までとなります。以降1名につき4,400円頂戴致します。
    ※2 戸籍に不足がある場合、1通につき2,200円を頂戴致します。
    ※3 相続登記料金は、「不動産の個数(筆数)が3以上の場合」「複数の相続が発生している場合」には、追加料金をいただきます。
    ※4 不動産の評価額により、料金に変更が生ずる場合がございます。
    ※5 不動産が多数ある場合、不動産ごとに相続人が異なる場合は、申請件数が増えますので別途加算されます。
    ※6 当事務所の報酬とは別に登録免許税が必要になります。
    ※7 遺産分割協議書のみの作成ご依頼の場合の費用は、22,000円~になります。また、遺産分割協議書に不動産以外の内容を記載する場合は別途費用が発生します。
    ※8 司法書士が被相続人名義の不動産をご依頼いただいた市町村にて調査いたします。

相続放棄サポートミドルプラン

サービスの概要

・無料相談初回のみ
・戸籍収集
・相続放棄申述書作成
・書類提出代行
・照会書への回答作成支援
・親戚への相続放棄「まごころ」通知サービス

料金

41,800円

相続放棄サポートフルプラン

サービスの概要

・無料相談何度でも
・戸籍収集
・相続放棄申述書作成
・書類提出代行
・照会書への回答作成支援
・債権者への通知サービス
・親戚への相続放棄「まごころ」通知サービス

料金

52,800円

加算料金

項目 追加実施内容 料金
3ヶ月期限超えの相続放棄申述書作成費用 77,000円~
  • ※ 料金は、相続放棄をなさる相続人1名様あたりの金額となります。
    ※ ライトプラン、ミドルプランの「無料相談」は、2回目以降、相談料5,500円が発生いたします。
    ※ 当事務所の報酬とは別に印紙代や(除)戸籍謄本取得費用、郵送料等の実費が別途かかります。
    ※ ご兄弟の相続放棄の場合は、事案に応じて別途費用がかかります。
    ※ 相続放棄の期限までの日数に余裕がない場合(期限まで2週間以内の場合、ご兄弟が相続人の場合は1カ月以内)は別途費用がかかります。

遺言コンサルティングサポート

サービスの概要

遺言コンサルティングサポートとは、お客様の現状や希望を確認し、遺言内容のアドバイスや提案、実際の作成手続きも実施するサポートです。

当事務所では単に遺言書の作成を代行するような業務ではなく、お客様が後悔しない最適な遺言を作成するためのサポートを実施しております。

「遺言内容にアドバイスが欲しい」「自分の家族や親族の状況に最適な『遺言書』を作ってほしい」といった方にお勧めのサポートとなっております。

料金

165,000円~

  • 下記相続財産の価額に応じた報酬となります。
    2,000万円未満:165,000円
    2,000万円~4,000万円未満:220,000円
    4,000万円~6,000万円未満:275,000円
    6,000万円~8,000万円未満:330,000円
    8,000万円~1億円未満:385,000円
    1億円~:要見積もり

遺言執行サポート

サービスの概要

遺産評価総額の1.0%~が報酬となります(最低金額330,000円)
※ 遺産額に関わらず、報酬は最低33万円からとなります。
※ 遺言書預かりサービス:11,000円/年(当方を遺言執行者に指定頂いている場合は無料です。)
※ 諸証明発行等の実費は別途かかります。

料金

330,000円~

遺言書の検認申立書作成等一式

料金

55,000円~

  • ※ 除籍謄本等の実費が別途かかります。

相続財産管理人申立

料金

110,000円

不在者財産管理人申立

料金

110,000円

特別代理人申立

料金

55,000円

成年後見申立(同行なし)

料金

110,000円

  • ※ 料金は、対象者1名様あたりの金額となります。
    ※ 除籍謄本取得等の実費、手数料が別途かかります。
    ※ 財産の総額が3,000万円までとなります。3,000万円を超える場合は1,000万円毎に約1万1,000円が加算されます。
    ※ 裁判所へ同行する場合、別途日当含交通費22,000円~がかかります。

お客様の声

事務所案内

代表紹介

代表紹介
代表からの一言
この業務には15年以上携わっており、札幌を中心に周辺地域で遺産の相続手続、不動産の相続登記等に関するお手伝いをさせていただいております。事務所にお越しの際は、お気軽にお声をおかけくださいませ。スタッフ一同、皆様にお会いできることを心待ちにしております。

伊藤みゆき

司法書士

資格
司法書士・上級相続アドバイザー・終活カウンセラー
所属団体
札幌司法書士会
経歴
司法書士法人いとう事務所の代表を勤める。15年以上、札幌のみなさまの相続手続・不動産の相続登記・遺言書作成・相続放棄・生前贈与等に関するお手伝いをさせていただいている。上級相続アドバイザーや終活カウンセラーの資格も取得しており、相続手続に関する適切な順序や、どの専門家へ相談するべきかについて的確にアドバイスしている。

スタッフ紹介

  • 伏黒美香

    司法書士

    司法書士の伏黒美香です。2人の子育て中に資格取得しました。親切・丁寧な仕事を心がけ、気軽に相談できるような司法書士をめざします。

  • 山口由利子

    事務スタッフ

    1男2女の3人の母で、家事や育児に奮闘中です。馴染みのない相続の手続きにお困りの方のお手伝いができればと思っています。

  • 末岡未華

    事務スタッフ

    主人の転勤で、12年ほど新潟市に住んでいました。子育ても落ち着き、札幌に戻って久しぶりの事務仕事ですが、事務所の皆さんに助けていただきながら、日々勉強中です。パート勤務のため、勤務時間が少ない中でも丁寧に仕事を進め、微力ながらお役に立てたらと思っております。

基本情報・地図

事務所名 司法書士法人いとう事務所
住所 060-0061
札幌市中央区南1条西7-20-1 札幌スカイビル4階
アクセス 大通駅1番出口より徒歩6分
受付時間 平日9:00~17:00
対応地域 北海道
事務所のホームページ

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる