取手駅前法律事務所(茨城県取手市)

取手駅前法律事務所
  • 初回30分相談無料(平日、前日までの予約)
  • 取手駅徒歩2分
  • 弁護士:弁護士

住所:茨城県取手市取手2-10-15 ナガタニビル5階地図

アクセス:JR常磐線取手駅東口より徒歩2分

受付時間:平日9:00~18:00(土日祝応相談)

  • 解決事例あり
  • 初回相談無料
  • 料金表あり

茨城県南エリアを中心に、様々な法律トラブルに対応している法律事務所。相続手続きや相続放棄、遺産分割、遺言書作成の他、幅広いジャンルの相談を受けています。気軽に相談しやすい雰囲気作りにも力を入れており、不定期で無料法律相談会を開催したり、リクエストがあれば土・日・祝や夜間も対応したりとサービス面が充実しているのも魅力です。茨城県取手市出身の経験豊富な代表弁護士が親身になって対応してくれます。

  • 電話無料相談予約
  • 電話で無料相談の予約
  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 料金
  • お客様の声口コミ
  • 解決事例
  • 事務所
    案内

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 地元取手市出身の弁護士

    東京の弁護士事務所にて実績を積んだという代表弁護士。独立後は地元取手市にて開業。地域密着でサポートを続けています。

  • 02 法律トラブルの早期解決を実現

    現在抱えている法律トラブルが依頼者にとってこれ以上負担とならないように、なるべく早期に事件を解決するよう心掛けています。

  • 03 気軽に相談しやすいよう各種サービスを展開

    初回30分は無料(平日、前日までの予約)で法律相談に応じたり、事前に相談すれば土・日・祝日も対応していたりと、気軽に相談できるように各種サービスを展開しています。

選ばれる理由

特長をもっと見る

料金表

料金表をもっと見る

お客様の声

お客様の声をもっと見る

解決事例

解決事例をもっと見る

事務所案内

代表紹介

代表紹介

大関太朗

弁護士

資格
弁護士(登録番号:35538)
所属団体
平成20年~平成23年 東京弁護士会 新進会員活動委員会
平成21年~平成22年 東京弁護士会常議員
平成21年~平成22年 日弁連代議員
経歴
平成13年 早稲田大学商学部卒業
平成18年 司法研修所入所
平成19年 弁護士登録(登録番号:35538)
平成19年 東京弁護士会 安藤総合法律事務所 入所
平成23年 茨城県弁護士会へ登録換え
平成23年 眞鍋・大関法律事務所 開設
平成28年 取手駅前法律事務所 開設
現在に至る
事務所案内をもっと見る

基本情報・地図

事務所名 取手駅前法律事務所
住所 〒302-0004
取手市取手2-10-15 ナガタニビル5階
アクセス JR常磐線取手駅東口より徒歩2分
受付時間 平日9:00~18:00(土日祝応相談)
対応地域 茨城県を中心に、龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市、守谷市、つくばみらい市、土浦市、かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村に対応
開所年月日 平成28年
事務所のホームページ

この事務所を見ている人は
この事務所も見ています

選ばれる理由

地元取手出身の弁護士の相談しやすい法律事務所

取手駅前法律事務所は主に取手、守谷、龍ヶ崎、牛久、つくば、土浦、稲敷、つくばみらい、利根、河内、阿見の茨城県南エリアの皆様や、その周辺エリアの皆様からのご相談を多くいただいております。茨城県取手市出身の代表弁護士が親身になって対応いたしますので、一人で悩まずにまずはご相談ください。

代表弁護士は弁護士登録後、東京都内の法律事務所に勤務し、企業の法的な問題の処理などを担当してきました。茨城で独立後は、これらに加え、相続業務に注力しております。

弁護士に相談するなんて敷居が高くておっかないと感じることもあるかもしれませんが、年配の弁護士と比べれば気軽に相談しやすいのではないかと思います。

「どこよりも相談しやすい法律事務所」を目指して取手駅前法律事務所では、①悩みごとを相談しやすい雰囲気作り、②初回の法律相談は30分無料で実施(平日、前日までの予約)、③土日・夜間・オンラインでの相談対応体制、④60分の無料相談会を毎月実施、このような取り組み姿勢で、地域の方々に身近なリーガルサポートを提供しています。

揉めそうなタイミングが最も弁護士に相談すべき時

相続においては、そもそも揉めないようにすることが大切です。ただ実際には、相続案件が弁護士に持ち込まれる場合、遺産の取り分や遺言の内容で揉めていることが多いです。「揉めそう」と思ったらその時点でご相談ください。①他の相続人やその親族との仲が悪いとき②他の相続人と連絡がとれないとき③他の相続人が勝手に遺産分けの話を進めているとき④予想していたよりも遺産の額が少ないとき。こういった「まだ揉めてないけど揉めそう」なタイミングは、これ以上進むと「争族」と呼ばれる揉める相続に発展する可能性があります。

「弁護士に相談するのは最終手段だ」と思われている方が多いようですが、中には当事者同士で話し合いを進めた結果、不利益な状況を作り出してしまうことも。そのため取手駅前法律事務所では悩みごとを相談しやすい雰囲気作りを心掛けるようにしております。

初回相談は30分無料!(平日、前日までの予約)オンライン・土日・夜間対応も可

悩みを抱えている方が気軽に相談できるよう、当事務所では初回30分は無料で法律相談を承っております。(平日、前日までの予約)

相続や遺言など様々なご相談に応じておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

また土日の相談や20時までの夜間相談、オンラインでの相談にも対応しております。「どこよりも身近に感じていただける法律事務所」である取手駅前法律事務所にまずは気軽にご相談ください。

相続放棄は3つのプランを用意

遺産のうち負債(借金)の方が多い時や、疎遠な被相続人の財産の相続の場合に、「相続放棄」といって財産を相続する権利を放棄することができます。

取手駅前法律事務所では申請書の作成のみを行うリーズナブルなプランや、戸籍収集や債権者への連絡までを行うフルサポートプランまで全3種類の相続放棄のプランをご用意しております。

相続放棄には「相続の開始があったことを知ってから3か月」という期限があります。期限を過ぎてしまうと、たとえ遺産の中で借金の方が多かったとしても原則相続することとなります。

また相続放棄の申請は1回のみで、内容等に不備があり、家庭裁判所に申請を却下されてしまった場合、再度申請することができずに、借金を背負うこととなってしまいます。このように人生を大きく変えてしまう可能性のある相続放棄は、必ず弁護士等の士業に相談して進めることをおすすめします。

取手駅2分の好アクセス

JR常磐線「取手駅」東口より徒歩2分のアクセスしやすい場所に位置しています。駅チカの好立地ですが、事務所周辺にはコインパーキングもありますので、公共交通機関でもマイカーでもアクセスが可能です。ぜひお気軽にご来所くださいませ。

基本的には平日営業ですが、事前にご相談いただければ土・日・祝日も対応することが可能です。さらに、平日の仕事帰りの時間帯でもご相談いただけるよう夜間相談にも対応しておりますので、まずはお問い合わせください。

ZOOMを用いたオンライン面談に対応

新型コロナウイルス対策で外出を控えたい方に対して、『ZOOM』を用いたオンラインでの相続相談を受け付けています。オンライン相談の場合、専門家の顔が見れるだけでなく、ご提案資料も画面で共有することができ、対面と比べてそん色がありません。使用方法も非常に簡単です。ご希望の方はまずはお電話ください!

対応業務・料金表

相続放棄ライトプラン

料金

100,000円

  • ※ほかに、「ミドルプラン」(150,000円)、「フルパックプラン」(200,000円)もご用意しています
    ※3か月経過後の場合で受理が認められたときおよび相続人の財産を処分してしまった場合に受理が認められたとき、報酬金として別途100,000円を申し受けます 

遺言書作成サポート

料金

150,000円

  • 自筆証書遺言:150,000円
    公正証書遺言:150,000円
    立会日当:30,000円

遺留分侵害額請求「したい方へ」サポート

サービスの概要

相続人には最低限の財産を得られる権利があり、それを「遺留分」と言います。遺言に遺産は渡さないと書かれた場合でも遺留分を獲得することができます。また遺留分には「時効」がありますのでお早めにご相談ください

【実施内容】
・遺産の整理
・妥当な遺産額の計算
・遺留分額の確定
・遺留分を獲得するための交渉
・獲得した遺産の支払い

料金

着手金200,000円~

  • <着手金>
    依頼者が取得すべき:着手金
    300万円未満:200,000円
    600万円未満:300,000円
    1,000万円未満:400,000円
    1,000万円以上:500万円ごとに100,000円追加

    <報酬金>
    依頼者が取得した遺産額:報酬金
    300万円未満:経済的利益の16%(下限200,000円)
    300万円以上3,000万円未満:経済的利益の10%
    3,000万円以上3億円未満:経済的利益の6%
    3億円以上:経済的利益の4%

遺留分侵害額請求「された方へ」サポート

サービスの概要

遺留分侵害請求を受けた場合、相手方に遺留分を侵害していないことを納得させたり、支払う遺留分額を減らすためには専門的な知識が必要です。ご自身で進められるより、弁護士に依頼することをお勧めします。

<実施内容>
・遺産の整理
・正しい遺留分額の提示・交渉
・遺産分け

料金

着手金200,000円~

  • <着手金>
    依頼者が請求された遺産額:着手金
    300万円未満:200,000円
    600万円未満:300,000円
    1,000万円未満:400,000円
    1,000万円以上:500万円ごとに100,000円追加

    <報酬金>
    依頼者が減額に成功した遺産額:報酬金
    300万円未満:経済的利益の16%(下限200,000円)
    300万円以上3,000万円未満:経済的利益の10%
    3,000万円以上3億円未満:経済的利益の6%
    3億円以上:経済的利益の4%

遺産分割調停サポート

サービスの概要

遺産分割調停を申し立てられた・申し立てたい方へ

<実施内容>
・遺産の調査
・妥当な遺産額の計算
・調停員とのやりとり(裁判所)
・調停⇒和解、遺産分け

料金

着手金200,000円~

  • <着手金>
    依頼者が取得すべき遺産額:着手金
    300万円未満:200,000円
    600万円未満:300,000円
    1,000万円未満:400,000円
    1,000万円以上:500万円ごとに100,000円追加

    <報酬金>
    依頼者が取得した遺産額:報酬金
    300万円未満:経済的利益の16%(下限200,000円)
    300万円以上3,000万円未満:経済的利益の10%
    3,000万円以上3億円未満:経済的利益の6%
    3億円以上:経済的利益の4%

お客様の声

解決事例

事務所案内

代表紹介

代表紹介
代表からの一言
法律相談を受けていて私がよく感じることは、法的知識の乏しいままに当事者同士で話し合い、自分にとって不利益な状況を作り出してしまっていること。そのような事態を防ぐためにも、なるべく早い段階で専門家に相談することをお勧めします。 どんな些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にご連絡下さい。

大関太朗

弁護士

資格
弁護士(登録番号:35538)
所属団体
平成20年~平成23年 東京弁護士会 新進会員活動委員会
平成21年~平成22年 東京弁護士会常議員
平成21年~平成22年 日弁連代議員
経歴
平成13年 早稲田大学商学部卒業
平成18年 司法研修所入所
平成19年 弁護士登録(登録番号:35538)
平成19年 東京弁護士会 安藤総合法律事務所 入所
平成23年 茨城県弁護士会へ登録換え
平成23年 眞鍋・大関法律事務所 開設
平成28年 取手駅前法律事務所 開設
現在に至る
出身地
茨城県取手市
出身校
早稲田大学商学部
趣味・好きなこと
ゴルフ、ダイエット、犬

基本情報・地図

事務所名 取手駅前法律事務所
住所 〒302-0004
取手市取手2-10-15 ナガタニビル5階
アクセス JR常磐線取手駅東口より徒歩2分
受付時間 平日9:00~18:00(土日祝応相談)
対応地域 茨城県を中心に、龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市、守谷市、つくばみらい市、土浦市、かすみがうら市、稲敷市、利根町、河内町、阿見町、美浦村に対応
開所年月日 平成28年
事務所のホームページ
  • 電話無料相談予約
  • まずはお気軽にお問い合わせを

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる