弁護士法人リブラ共同法律事務所 札幌駅前本部(北海道札幌市中央区)

弁護士法人リブラ共同法律事務所 札幌駅前本部
  • 資格者複数名在籍
  • 駅から近い
  • 弁護士:弁護士

住所:北海道札幌市中央区北条西2丁目1番地 札幌時計台ビル10階地図

アクセス:JR札幌駅より徒歩5分

受付時間:9:00〜20:00(365日対応)

  • 解決事例あり
  • 初回相談無料
  • 料金表あり
  • 土曜対応可
  • 日曜対応可
  • 女性士業への相談可
  • 当日相談可

6名の弁護士が所属し、相続問題を多数解決してきた実績があります。初回相談は50分が無料。税理士・司法書士との連携もあり。

  • 電話無料相談予約
  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 料金
  • お客様の声口コミ
  • 解決事例
  • 事務所
    案内

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 相続問題解決実績多数

    所属する6名の弁護士は弁護士登録後、これまでに多数の相続問題を受任し、解決されています。相続事件に対する専門性は日々磨かれています。

  • 02 依頼者と弁護士との信頼関係を構築

    依頼者と弁護士との信頼関係の構築が不可欠と考え、初回相談50分を無料としています。自身にとって最適な弁護士を探すことが可能です。

  • 03 弁護士・税理士・司法書士の丁寧なサポート

    弁護士のほか、希望者には税理士や司法書士も紹介できるため、相続についての一体的なサービスを受けることができます。

選ばれる理由

特長をもっと見る

料金表

料金表をもっと見る

お客様の声

お客様の声をもっと見る

解決事例

解決事例をもっと見る

事務所案内

代表紹介

代表紹介

菅原 仁人

弁護士

資格
弁護士
経歴
平成21年 司法修習終了
平成21年 札幌市内の法律事務所入所
平成25年 北海道リブラ法律事務所開所(現弁護士法人リブラ共同法律事務所)

中央大学法学部卒業後、平成21年に弁護士登録、札幌の法律事務所に入所。3年半の勤務を経て北海道リブラ法律事務所(現弁護士法人リブラ共同法律事務所)を設立。

札幌地域の離婚や相続など、家事事件を主に取り扱っている。現在は札幌市内2か所、札幌と新札幌にそれぞれ拠点を構える弁護士法人の代表として活動している。
事務所案内をもっと見る

基本情報・地図

事務所名 弁護士法人リブラ共同法律事務所 札幌駅前本部
住所 060-0001
札幌市中央区北条西2丁目1番地 札幌時計台ビル10階
アクセス JR札幌駅より徒歩5分
受付時間 9:00〜20:00(365日対応)
対応地域 札幌市(厚別区、中央区、南区、豊平区、白石区、清田区、北区、東区、西区、手稲区)、北広島市、江別市、恵庭市、千歳市、苫小牧市
※新札幌駅前オフィス(北海道札幌市厚別区厚別中央1条6丁目2−15)
開所年月日 2013年
事務所のホームページ

この事務所を見ている人は
この事務所も見ています

選ばれる理由

経験豊かな6名の弁護士が、多数の相続問題を解決

弁護士法人リブラ共同法律事務所は、北海道札幌市に立地する相続に強い弁護士事務所です。当事務所には毎年多数の相談が寄せられ、所属する6名の弁護士は札幌弁護士会登録後、これまでに多数の相続問題を受任し、解決してきました。

相続事件は家族関係、財産の種類によって争点が異なるため、高度の専門性や事件の解決に向けた高い戦略が必要であり、経験の不足する弁護士が受任した場合、いたずらに親族間の対立を招いたり、紛争を複雑・長期化させかねません。



豊富な解決実績に加え、弁護士間で事案の情報を共有し、常にブラッシュアップすることで、相続事件に対する専門性は日々磨かれています。上記のようなお困りごとも、当事務所にお任せいただければ迅速かつスムーズな解決をお約束いたします。



弁護士との相続相談は、初回50分を無料といたしました。札幌でご自身にとって最適な弁護士をお探しの方はぜひ、当事務所までご連絡ください。

相続手続きと紛争解決・予防の観点の両面で幅広くサポート

当事務所では紛争解決・予防から、相続手続きや生前対策までの幅広い分野をサポートいたします。紛争案件以外の、相続・遺言・家族信託・成年後見など相続手続き・生前対策にも強い弁護士が最適なご提案をさせていただきます。

一般的に身近な法律専門家といえば、まずは司法書士が挙げられるかもしれません。しかし実情は、司法書士に相談が来る案件でも弁護士でないと対処できないものも少なくないのが現実です。

また通常、弁護士は司法書士よりも費用が高いというイメージがあります。しかし当務所所では、法律事務所への相談のハードルを下げていただくために初回無料相談を実施しているほか、争いがない場合の各相続手続きでも費用は司法書士に依頼した場合と同水準としています。

生前対策に関しては、相続問題に携わってきた弁護士がゆえに持ちうる視点で、紛争を極力避けた「揉めない生前対策」を提案しています。もし相続発生後で「揉めるかもしれない」と感じることがあれば、手続きと紛争予防の観点の両面でサポートさせていただきます。

相続財産について不安なことがあれば、まずは財産の調査を

相続問題を解決するにあたっては、相続人や相続財産を「正しく調査し把握する」ことは、「家族の縁を守る」ためにとても重要です。

当事務所では遺産分割を始めるときに必要になる「相続人の数」と「相続財産の額・種類」と「遺言の有無」を調査し、それを元にご依頼者様のとるべき遺産分割の方針をご提案させていただくサービスをご用意しています。相続財産について不安なことがあれば、まずは財産の調査をおすすめします。

遺産分割は故人の財産を相続人で分けることです。遺産の中にマイナスの財産がある場合は相続放棄をすことが可能ですが、申述期限の3カ月を超えると相続放棄をするのが難しくなるため、相続財産は早めに調査する必要があります。

さらに遺産分割の前に遺産の種類や遺産の額、それを合理的に分ける方法などが明確になっていないと、親族間トラブルの発生率が高まります。

弁護士に交渉を依頼するか悩んでいる、まずは相続財産額を把握してから考えたいという方には、相続人・相続財産調査サポートは特におすすめです。ぜひご利用ください。

初回相談は50分無料、メール相談予約は365日/24時間対応

多くの方にとって弁護士への相談は一生に一度あるかないかのことです。また相続問題は親族間の心理的な衝突により紛争が長期化し易いため、解決まで長期間を要する場合もあり、依頼者と弁護士との信頼関係の構築が不可欠です。

ホームページだけでは弁護士の人となりを伝えることは難しいため、当事務所では初回相談50分を無料といたしました。

プライバシーに配慮し、事務所の相談室を完全個室としておりますので、相談の際には他の相談者の方を気にすることなく相談できます。

メールでの相談予約は365日/24時間受け付けております。また、電話は20時までお受けしています。

その他にも、ご希望の方には自宅に書類を郵送する際に、事務所の封筒ではなく無地の封筒で送付し、郵送を希望されない方にはその都度事務所に書類を取りに来ていただくなど柔軟な対応もしております。

「遺産分割でトラブルになってしまった」「不安なので相続手続きをまかせたい」「子どもを困らせないために生前対策をしたい」などのニーズに、相続専門の弁護士がお応えいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

司法書士、税理士、不動産会社との連携でワンストップ対応

相続財産が一定額を超えると相続発生後、10カ月以内に相続税の申告が必要となります。また、相続財産に不動産が含まれている場合には遺産分割協議、調停等が成立した後、相続登記をしなければなりません。

当事務所では、ご希望の方には相続に強い税理士・司法書士などの専門家をご紹介することで、相続問題解決のための一体的なサービスを提供できます。

また状況によっては、当事務所に税理士や司法書士の方を呼び、同時に相談を受けることも可能です。さらに必要に応じて、ご依頼後のアフターフォローも当事務所の一つの窓口でワンストップ対応させていただきます。

そのほか、遺言作成、遺言執行などの生前対策、民事信託・家族信託や成年後見・任意後見などをお考えの方のご相談やご依頼にも、親身に対応いたします。

相続問題を弁護士に相談すべき、その理由とは?

医師にも内科や耳鼻科のような専門分野があるように、弁護士にも得意分野があります。当事務所にとっては、相続分野がそれに該当します。

弁護士は多くの紛争を交渉で解決しています。弁護士に交渉を依頼するメリットは、何よりも「自身にとって法的に有利・不利な点」「法的手続をとった場合の見通し」、そして「解決の落としどころ」を見極めた交渉ができることです。

相続が絡むと、故人の生前は良好だったように見えた親族間であっても、必要以上に話がこじれがちです。第三者として交渉のプロである弁護士を代理人にたてることで、一転して解決に向かうことも多くあります。また、弁護士が相手方との連絡を行いますので、意見の対立する親族と話をしなければならないプレッシャーからも解放されます。

裁判所での手続を有利に進めるには、法的な知識や経験に基づいた戦略が求められます。そのため、結果的には弁護士費用を考慮しても弁護士に依頼したことで得をしたというケースも多くあります。調停での争いになったら、相続事件の経験を積んだ弁護士に依頼すべきです。

対応業務・料金表

相続放棄ライトプラン

サービスの概要

相続財産のうち債務の方が多い場合、相続財産を放棄することも検討した方が良いでしょう。この「相続放棄」の申請には3か月という期限がありますので、お早めにご相談ください。

【実施内容】
・戸籍チェック
・相続放棄の申述書を作成
・親戚への通知サービス

料金

110,000円

  • 相続放棄の費用
    相続発生を知って3か月以内 11万円
    ※同一の被相続人について、放棄する相続人が複数いる場合は、1名追加ごとに5万5,000円加算

    相続発生を知って3か月以降 16万5,000円
    ※同一の被相続人について、放棄する相続人が複数いる場合は、1名追加ごとに5万5,000円加算

遺言書作成サポート

サービスの概要

「争続」と呼ばれる相続人間のもめ事を軽減するためにも、遺言で意思を書面に残すことは非常に重要です。法的に効力のある遺言書の作成をサポートします。

【実施内容】
・遺言書作成に必要な手間を全て代行
・遺言書の作成

料金

55,000円~

  • 自筆証書(公正証書)作成報酬 5万5,000円~

遺留分侵害額請求「したい方へ」サポート

サービスの概要

相続人には最低限の財産を得られる権利があり、それを「遺留分」と言います。遺言に遺産は渡さないと書かれた場合でも遺留分を獲得することができます。また遺留分には「時効」がありますのでお早めにご相談ください

【実施内容】
・遺産の整理
・妥当な遺産額の計算
・遺留分額の確定
・遺留分を獲得するための交渉
・獲得した遺産の支払い

料金

着手金220,000円~

  • ※事件の経済的利益の額により下記の金額が報酬として追加されます。
    ・300万円以下の場合:経済的利益の16%
    ・300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の10%+19万8,000円
    ・3000万円を超え3億円以下の場合:経済的利益の6%+151万8,000円
    ・3億円を超える場合:経済的利益の4%+811万8,000円

遺留分侵害額請求「された方へ」サポート

サービスの概要

遺留分侵害請求を受けた場合、相手方に遺留分を侵害していないことを納得させたり、支払う遺留分額を減らすためには専門的な知識が必要です。ご自身で進められるより、弁護士に依頼することをお勧めします。

<実施内容>
・遺産の整理
・正しい遺留分額の提示・交渉
・遺産分け"

料金

着手金220,000円~

  • ※事件の経済的利益の額により下記の金額が報酬として追加されます。
    ・300万円以下の場合:経済的利益の16%
    ・300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の10%+19万8,000円
    ・3000万円を超え3億円以下の場合:経済的利益の6%+151万8,000円
    ・3億円を超える場合:経済的利益の4%+811万8,000円

遺産調査(相続調査)サポート

サービスの概要

現在の相続人の関係性や相続財産をお調べし、遺産分割に向けて今後取るべき方針を提案します。「争続」を回避する、相続人間の関係悪化を最小限に食い止めていくことを目的としたサポートです。

【実施内容】
・相続人調査
・相続財産調査
・公正証書遺言の有無の調査
・上記を踏まえた今後の提案

料金

110,000円

  • ※被相続人に子供がいない場合、被相続人の子供が既に亡くなっている場合は別途3万3,000円頂戴します

遺産分割交渉サポート

サービスの概要

遺産分割の交渉は、相続人間だけで円滑に進めることは難しく、さらに将来の紛争を防ぐため、妥当な遺産の分配をするうえでも弁護士のサポートが必要です。弁護士が交渉の間に入り解決に向かって伴走いたします。

【実施内容】
・遺産の整理
・妥当な遺産額の計算
・相手方との遺産額の交渉
・遺産分け

料金

着手金220,000円~

  • ※事件の経済的利益の額により下記の金額が報酬として追加されます。
    ・300万円以下の場合:経済的利益の16%
    ・300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の10%+19万8,000円
    ・3000万円を超え3億円以下の場合:経済的利益の6%+151万8,000円
    ・3億円を超える場合:経済的利益の4%+811万8,000円

遺産分割調停サポート

サービスの概要

遺産分割調停を起こされた場合、弁護士の助けを借りずご自身で立ち向かうことで、納得できる遺産分配を得られることは少ないです。
時間やお気持ちを安定させるためにも弁護士に依頼することをお勧めします。

【実施内容】
・遺産の調査
・妥当な遺産額の計算
・調停員とのやりとり(裁判所)
・調停⇒和解
・遺産分け

料金

着手金330,000円~

  • ※7回目以降の調停・審判出廷は、1回当たり3,300円及び税を加算します。
    ※事件の経済的利益の額により下記の金額が報酬として追加されます。
    ・300万円以下の場合:経済的利益の16%
    ・300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の10%+19万8,000円
    ・3000万円を超え3億円以下の場合:経済的利益の6%+151万8,000円
    ・3億円を超える場合:経済的利益の4%+811万8,000円

    ※審判に移行した場合は、上記の費用に11万円を別途請求させていただきます。

生前対策フルコース(生前対策コンサルティング)

サービスの概要

相続専門の弁護士がご依頼者様のご希望をヒアリングしたうえで、最適な遺言・後見・信託を組み合わせた相続の生前対策について提案させていただきます。

【実施内容】
遺留分対策の実施
相続税対策(連携税理士などに同席を依頼、できない場合、後日相続税診断を実施し、連絡させていただきます)
贈与の提案
生命保険の提案
家族信託,遺言,後見の検討・提案
上記を踏まえた総合的な提案書の作成

基本料金

遺産総額 料金
~500万以下 相続財産額の1%(最低33万円)
500万円超~3000万円以下 相続財産額の1%(最低33万円)
3000万円超~5000万円以下 相続財産額の1%(最低33万円)
5000万円超~7000万円以下 相続財産額の1%(最低33万円)
7000万円超~8000万円以下 相続財産額の1%(最低33万円)
8000万円超~9000万円以下 相続財産額の1%(最低33万円)
9000万円超~1億円以下 相続財産額の1%(最低33万円)
1億円超~1.5億円以下 相続財産額の0.5%+55万円
1.5億円超~2億円以下 相続財産額の0.5%+55万円
2億円超~3億円以下 相続財産額の0.5%+55万円
3億円超 相続財産額の0.3%+121万円
  • ※実務費用は別途いただきます

遺言作成コンサルティングサポート

サービスの概要

遺言内容にアドバイスが欲しい、自分の家族や親族の状況に最適な「遺言書」を作るサポートが欲しい方向けのサービスです。

基本料金

遺産総額 料金
~500万以下 165,000円
500万円超~3000万円以下 165,000円~220,000円~
3000万円超~5000万円以下 220,000円~275,000円~
5000万円超~7000万円以下 275,000円~330,000円~
7000万円超~8000万円以下 330,000円~
8000万円超~9000万円以下 385,000円~
9000万円超~1億円以下 385,000円~
1億円超~1.5億円以下 要見積もり
1.5億円超~2億円以下 要見積もり
2億円超~3億円以下 要見積もり
3億円超 要見積もり

遺言執行

料金

220,000円+金融機関法人数×33,000円+遺産評価額の3%円

  • ※単なる不動産の相続登記手続の部分は遺産評価額に算入いたしません

    ※遺産分割協議書執行につきましても、費用は遺言執行に準じます

成年後見等申立

料金

165,000円

任意後見契約

料金

220,000円

財産管理

料金

月33,000円

信託の契約書作成

料金

330,000円

相続手続き(財産の名義変更や保険金の請求等)

サービスの概要

リブラ共同法律事務所が忙しいご依頼者様に代わって、財産の名義変更や保険金の請求など、遺産相続手続を請け負います。
相続財産の価額に応じて報酬金が変動します。

・500万円以下の場合:16.5万円
・500万円を超え5000万円以下の場合:相続財産価額の1.32%+9.9万円
・5000万円を超え1億円以下の場合:相続財産価額の1.1%+20.9万円
・1億円を超え3億円以下の場合:相続財産価額の0.77%+53.9万円
・3億円以上の場合:相続財産価額の0.44%+152.9万円

料金

165,000~円

  • ※一部の相続手続については、連携している専門家(司法書士・税理士・社会保険労務士)や業者様を紹介いたします。費用が別途追加でかかる場合がありますので、ご了承ください。
    ※別途手数料等は実費にていただきます。

解決事例

事務所案内

代表紹介

代表紹介
代表からの一言
相続による争いには他の金銭請求事件と異なり、親族間の紛争という特徴がございます。弁護士にとって幸せなことは、ご依頼いただいた事件を解決した後に、依頼者から「先生に依頼してよかった」と笑顔で言われることです。その一言をいただくために解決に向けて尽力いたします。

菅原 仁人

弁護士

資格
弁護士
経歴
平成21年 司法修習終了
平成21年 札幌市内の法律事務所入所
平成25年 北海道リブラ法律事務所開所(現弁護士法人リブラ共同法律事務所)

中央大学法学部卒業後、平成21年に弁護士登録、札幌の法律事務所に入所。3年半の勤務を経て北海道リブラ法律事務所(現弁護士法人リブラ共同法律事務所)を設立。

札幌地域の離婚や相続など、家事事件を主に取り扱っている。現在は札幌市内2か所、札幌と新札幌にそれぞれ拠点を構える弁護士法人の代表として活動している。
出身校
中央大学法学部

スタッフ紹介

  • 髙橋 亜林

    弁護士

    慌ただしい毎日ですが、一人で悩んできた依頼者の方が、鮮やかに力を取り戻していく過程を目の当たりにできることが日々の糧となっています。

  • 渡辺 麻里衣

    弁護士

    法律の専門家として,全力でサポートさせていただきますので,まずはご相談にいらしてください。

  • 小泉 純

    弁護士

    ご相談いただいた問題に対する解決方法を丁寧に説明しながら、皆さんの問題解決に向けて一生懸命頑張っていきたいと思っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

  • 小泉 直永

    弁護士

    ご相談をいただいた方に寄り添い、力になりたいと考えておりますので、まずはご相談にいらしていただければと思います。

  • 佐坂 直哉

    弁護士

    皆様に良質な解決策を提供できるよう、日々知識の習得に努め、難解な法制度も分かりやすく説明することを心がけております。遠慮なくご相談にいらしてください。

基本情報・地図

事務所名 弁護士法人リブラ共同法律事務所 札幌駅前本部
住所 060-0001
札幌市中央区北条西2丁目1番地 札幌時計台ビル10階
アクセス JR札幌駅より徒歩5分
受付時間 9:00〜20:00(365日対応)
対応地域 札幌市(厚別区、中央区、南区、豊平区、白石区、清田区、北区、東区、西区、手稲区)、北広島市、江別市、恵庭市、千歳市、苫小牧市
※新札幌駅前オフィス(北海道札幌市厚別区厚別中央1条6丁目2−15)
開所年月日 2013年
事務所のホームページ

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる