税理士法人青葉会(岐阜県大垣市)

税理士法人青葉会
  • 税理士:税理士

住所:岐阜県大垣市丸の内2丁目24番地 サンビリヤンビル1F地図

アクセス:JR東海道本線「大垣駅」より徒歩15分

受付時間:平日9:00~18:00

  • 女性専門家への相談可

岐阜県大垣市の税理士事務所。所長をはじめとする女性スタッフが中心となり、地域密着型のきめ細かい対応や心配りを大切にしています。弁護士、公認会計士、司法書士など関連士業との密接な連携で、質の高いサービスを提供しています。

  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 事務所
    案内

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 土・日、18時以降の対応もOK

    女性を中心としたスタッフによる柔かな雰囲気の中、きめ細かい対応、心配りが感じられます。土・日、18時以降の対応も可能です。

  • 02 関連士業との連携で質の高いサービスを提供

    依頼者とのコミュニケーションを重視し、弁護士、司法書士、中小企業診断士など関連士業との密接な連携で質の高いサービスを提供しています。

  • 03 初回無料で、安心して相談可能

    相続財産の評価や相続税対策、相続税申告などについて的確なアドバイスを提供。初回相談無料なので、安心して相談できます。

選ばれる理由

特長をもっと見る

事務所案内

代表紹介

代表紹介

林千代子(大垣事務所 所長)

税理士

経歴
平成12年 税理士資格取得
平成22年まで 多治見市内税理士事務所 補助税理士
平成23年より あおば会計事務所 設立
平成24年より 税理士法人青葉会 社員税理士
事務所案内をもっと見る

基本情報・地図

事務所名 税理士法人青葉会
住所 〒503-0888
大垣市丸の内2丁目24番地 サンビリヤンビル1F
アクセス JR東海道本線「大垣駅」より徒歩15分
受付時間 平日9:00~18:00
対応地域 岐阜県・愛知県・三重県
開所年月日 平成24年1月
事務所のホームページ

この事務所を見ている人は
この事務所も見ています

選ばれる理由

複雑な相続財産の評価についてアドバイス

平成27年より基礎控除額が減少し、相続税の申告が必要となる人が多くなっています。相続財産の評価は複雑で、簡単に答えが出せるものではありません。当事務所は財産がどれだけあり、どのように遺産分割を行ったらよいのかを一緒に考えさせていただきます。また、相続税対策や相続税申告についてもぜひご相談ください。

初回相談無料、土日・18時以降対応可能

土日祝日の場合でも相談可能です。また、スケジュールが合わない場合、日時の変更も対応いたします。お仕事や家事などで日中に時間が取れない方には、18時以降も対応いたします。

事務所案内

代表紹介

代表紹介

林千代子(大垣事務所 所長)

税理士

経歴
平成12年 税理士資格取得
平成22年まで 多治見市内税理士事務所 補助税理士
平成23年より あおば会計事務所 設立
平成24年より 税理士法人青葉会 社員税理士

基本情報・地図

事務所名 税理士法人青葉会
住所 〒503-0888
大垣市丸の内2丁目24番地 サンビリヤンビル1F
アクセス JR東海道本線「大垣駅」より徒歩15分
受付時間 平日9:00~18:00
対応地域 岐阜県・愛知県・三重県
開所年月日 平成24年1月
事務所のホームページ

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる