田上法律事務所(大阪府大阪市中央区)

田上法律事務所
  • 資格者複数名在籍
  • 駅から近い
  • 弁護士:弁護士

住所:大阪府大阪市中央区今橋2丁目3番16号 MID今橋ビル10階地図

アクセス:地下鉄堺筋線「北浜駅」より徒歩3分・京阪中之島線「なにわ橋駅」より徒歩3分・地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩5分

受付時間:平日9:30〜18:30
土日・祝日休
※事前予約で夜間夜9時まで相談に対応可能

  • 解決事例あり
  • 初回相談無料
  • 土日は応相談
  • 平日夜9時まで相談
  • 女性士業への相談可
  • 当日相談可

弁護士歴20年以上の代表弁護士が依頼者にとって最良の解決となるようサポート。遺言・相続・遺留分・使途不明金(使い込み)の相続の問題に強く、特に「不動産」「株式」関係を得意としています。初回相談無料、淀屋橋/北浜/なにわ橋駅徒歩5分と利便性も高く、税理士法人とも提携し、解決に導きます。

  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 料金
  • お客様の声口コミ
  • 解決事例
  • 事務所
    案内

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 「相続」案件の豊富な実績と経験

    代表弁護士は弁護士経験25年のキャリアを持ち、「遺言」「相続」「遺留分」「使途不明金(使い込み)」等の問題解決に豊富な実績と経験があります。

  • 02 依頼者の希望を叶えるために注力

    相続問題の解決方法は様々。最初に「依頼者の希望する解決方法」を「十分に」聞き取ることで、納得のいく相続の実現に努めています。

  • 03 リーズナブルな概算での着手も可能

    基本的に、旧日弁連の報酬規程にのっとって着手金や報酬を算定。着手金の算定が難しい事案の場合は、比較的リーズナブルな概算での着手も可能です。なお、病院での公正証書遺言作成の場合の出張相談なども可能です。

選ばれる理由

特長をもっと見る

料金表

料金表をもっと見る

お客様の声

お客様の声をもっと見る

解決事例

解決事例をもっと見る

事務所案内

代表紹介

代表紹介

田上智子

弁護士

資格
平成6年4月 弁護士登録
所属団体
大阪弁護士会
経歴
昭和42年生まれ
平成2年3月 大阪大学法学部卒業
平成3年11月 司法試験合格
平成6年4月 弁護士登録
平成17年4月 法務省(東京法務局・訟務部配属)
平成28年4月 大阪弁護士会 副会長
平成29年3月 財団理事(現職)
事務所案内をもっと見る

基本情報・地図

事務所名 田上法律事務所
住所 〒541-0042
大阪市中央区今橋2丁目3番16号 MID今橋ビル10階
アクセス 地下鉄堺筋線「北浜駅」より徒歩3分・京阪中之島線「なにわ橋駅」より徒歩3分・地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩5分
受付時間 平日9:30〜18:30
土日・祝日休
※事前予約で夜間夜9時まで相談に対応可能
対応地域 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
事務所のホームページ

この事務所を見ている人は
この事務所も見ています

選ばれる理由

キャリア20年超の女性弁護士が親身で最善のサポート

田上法律事務所は、大阪府大阪市中央区にある相続に強い弁護士事務所です。代表弁護士・田上智子は、20年以上にわたり多くの相続問題と向き合ってまいりました。常にご依頼者様の抱える悩みに寄り添い、皆様のご希望を叶えるために仕事をすることを心がけております。

皆様は相続に際して、様々なお悩みをお持ちのことと思います。



相続問題はご依頼者お一人お一人でご事情やご希望が異なっており、その解決方法も様々です。当事務所では最初に、家族・親族の関係や問題点などもお聞きしながら、ご依頼者様の希望する解決方法を十分に聞き取ります。その上で、20年以上の豊富な知識と経験を活かし、親身かつ最善のサポートをご提供させていただきます。



相続問題が起きた後はもちろん、初期の手当を誤らないよう、問題発生前の対応にも力を入れております。どうぞお気軽にご相談ください。

チームワーク抜群の4名の弁護士があらゆる相続問題を解決

代表弁護士をはじめ、福岡弁護士、稲辺弁護士、橋本弁護士も当事務所に入所後、多くの相続案件を扱っています。困難な問題にぶつかっても、相続に強い4名の弁護士がチームワークで、知恵を絞って問題を解決いたします。

一つのご相談に対して、各弁護士がそれぞれ考え吟味したアイディアを持ち寄り、パートナーの弁護士や、時には4名の弁護士全員が大いに議論を戦わせます。様々な角度から複数の目で見て、そして他者とのディスカッションを重ねることで自身の考えが整理されていき、やがて4名の弁護士全員が納得できる「強い主張」へと至ります。

当事務所ではこのようなプロセスを経ることで、ご依頼者様にとって最善の解決策をご提示できるものと考えています。所属弁護士をはじめとするスタッフが一丸となって、一つひとつのご相談・ご依頼に取り組んでいます。どうぞ、安心してご相談ください。

不動産・株の問題や医療の問題の解決も万全

当事務所では必要に応じて、公認会計士、税理士、司法書士、不動産鑑定士、建築士、不動産会社などの各種専門家と連携し、対処方法を検討いたします。特に相続問題では不動産や株など金融資産の占める割合は大きく、これらの扱いに長けた他士業との連携はとても重要です。

当事務所では、代表弁護士をはじめ各弁護士は、会計士や税理士、司法書士など他士業の専門分野であっても、幅広く知識やノウハウを習得することを心がけています。

このように表面的ではない、深く緊密な連携をすることでトラブル解決の際に視野が広がりよりよい解決策を見つけることが可能になります。

不動産や株などにまつわる相続問題は紛争になりやすく、対処法を誤ると泥沼化することにもなりかねません。不動産・株でのお悩みは、他士業と強固な連携で問題を解決できる当事務所にお任せください。

豊富な相続問題解決実績、弁償金1億円獲得の事例も!

当事務所には長年の弁護士活動で培った確かな経験やノウハウ、豊富な解決実績があります。例えば相続に際して皆様は、以下のようなことでお悩みではありませんか。

①遺産分けで揉めそう・揉めている
②もらえる・もらった遺産が少ない
③遺産が隠されている疑いがある
④出てきた遺言に納得がいかない
⑤親族が揉めないための遺言を残したい(入院中)

当事務所は数々の相続トラブルを解決し、中には1億円の弁償金を獲得できた事例もございます。

また、そのほかにも、

・遺産に未上場株式が含まれる事案での遺留分侵害額請求を解決

成年後見の有効な活用(身近な親族の財産管理に関し、将来のもめ事を予防)

遺産分割調停において、残された証拠から特別受益を立証して解決

・兄弟間での遺産分割協議において、親の預金を使い込んだといった疑いの解決

・生前に推定相続人の一人から、遺留分の放棄を進めてもらうことで、将来の紛争を未然に解決

・病院での公正証書遺言の作成(出張相談あり)

・医療法人の土地建物・法人役員間の紛争などの問題も解決

など、多くの紛争解決・紛争予防の事例がございます。事案の詳細は、解決事例をぜひご覧ください。

初回相談料は40分無料、平日夜も対応可能

当事務所では、初回の面談を40分間程度お時間をお取りし、無料で行っております。プライバシーに配慮した完全個室で、経験豊富な弁護士がじっくりとお話をお聞きします。ご相談者様にとって最良の解決となるよう、全力を尽くします(病院での遺言公正証書作成は出張可能)。

もちろん相談のみで、委任まで至らなくても全くかまいません。相続の相談のなかで見通しや解決方法、費用などをご説明します。納得されるまで、じっくりご検討ください。また、委任をされる際には、事前に詳細な見積書を作成いたします。

平日夜間のご相談は、午後9時ころまで十分対応可能です。「淀屋橋駅」より徒歩5分、「北浜駅」「なにわ橋駅」より徒歩3分とアクセスに便利な立地です。どうぞお気軽にお問い合わせください。

一歩「踏み込む」姿勢を常に忘れず、最良の解決を実現

当事務所では、弁護士は依頼者様の利益を第一に図るため日々研鑽を続け、労を惜しまず個別案件に取り組む「職人」であると考えています。

また、弁護士であれば法律問題だけ分かっていればよいのか、といえば、全くそんなことはありません。特に「不動産」や「株」は遺産の中に占める割合が多くなりがちです。不動産や株の評価に関する知識は、遺産・遺言・遺留分の問題を有利に解決するために重要です。

被相続人の意思能力など,医療に関わる問題も十分検討することができ,カルテを読み込む力も必要となります。看護記録の記載も,役立つ場合があります。

預貯金の明細を見る場合も、一歩踏み込む姿勢で内容を確認するのとしないのとでは大違いです。この一歩「踏み込む」プロ意識によって“目の付け所”が変わり、よりよい解決へのアプローチにつながります。

当事務所は今後とも一歩「踏み込む」姿勢を決して忘れず、一つ一つの事件について手を抜かず、最良の解決を目指して努力し続けてまいります。

対応業務・料金表

相続放棄ライトプラン

サービスの概要

1名の場合:110,000円
2名の場合:165,000円 

料金

110,000円~

  • ※以下1名増すごとに55,000円を追加させていただきます。

遺言書作成サポート

サービスの概要

遺言書は、公正証書遺言として作成することとおすすめします。
公正証書遺言を作成する場合、弁護士の手数料として、110,000円~275,000円必要です(報酬は必要ありません)。
(ただし、公証役場に支払う実費などが別途必要となります)

<入院中の方の遺言状作成も安心>
入院中の方の遺言状の作成は,病院への出張相談も可能です(個人宅へは不可)。
この場合、出張費33,000円(大阪府内)を事前入金いただきますが、依頼を受けた場合は遺言(公正証書)作成手数料110,000円~275,000円に充当しますので(差額をお支払いいただければ大丈夫です)、お得です。

遺産分割・慰留分侵害額請求・使途不明金請求など

サービスの概要

「遺産の分割」、「慰留分を侵害された額の請求」、「使途不明金などの賠償請求」、「痴呆症などにより遺言能力がない場合の遺言無効確認請求」、「医師や医療法人の相続」など、様々な相続を巡る問題に対応いたします。

事件の着手時に、着手金110,000~が必要となり、事件終了時に報酬金(220,000円〜)が必要となります。このほか、実費を最初(着手時)に3万円お預かりし、終了時に余りがあれば精算(返還)します。

解決事例

事務所案内

代表紹介

代表紹介
代表からの一言
当事務所では、最初に「依頼者の希望する解決方法」を、家族・親族の関係や問題点などもお聞きしながら、「十分に」聞き取ります。そのうえで、「プロフェッショナル」としての「アドバイス」をさせていただきます。まずは、無料相談の予約から始めてみませんか。ご相談お待ちしております。

田上智子

弁護士

資格
平成6年4月 弁護士登録
所属団体
大阪弁護士会
経歴
昭和42年生まれ
平成2年3月 大阪大学法学部卒業
平成3年11月 司法試験合格
平成6年4月 弁護士登録
平成17年4月 法務省(東京法務局・訟務部配属)
平成28年4月 大阪弁護士会 副会長
平成29年3月 財団理事(現職)
出身校
大阪大学法学部

スタッフ紹介

  • 福岡智彦

    弁護士

    私はこれまで数多くの相続案件を担当し、解決に導いて参りました。その経験を活かし、ご相談者様の抱える問題に応じた最適な解決をご提案させていただきます。

    ぜひお気軽にご相談に来て下さい。

  • 稲辺大志

    弁護士

    相続の案件は、法律改正や税金の問題など、幅広い知識を駆使した対応が必要となります。

    丁寧にご事情をお伺いした上で、広い視点から、状況に合わせたベストな方針をお示しさせていただきます。お待ちしています。

  • 橋本亮太

    弁護士

    相続問題は、早い段階でご相談いただけますと有効な対処が可能となりますし解決の選択肢も増えます。

    こんなこと相談して大丈夫かな?と悩まれるかもしれませんが、ぜひお早めにご相談にいらして下さい。

基本情報・地図

事務所名 田上法律事務所
住所 〒541-0042
大阪市中央区今橋2丁目3番16号 MID今橋ビル10階
アクセス 地下鉄堺筋線「北浜駅」より徒歩3分・京阪中之島線「なにわ橋駅」より徒歩3分・地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩5分
受付時間 平日9:30〜18:30
土日・祝日休
※事前予約で夜間夜9時まで相談に対応可能
対応地域 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
事務所のホームページ

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる