司法書士法人・行政書士あかりテラス 代表:宮村和哉(熊本県熊本市東区)

司法書士法人・行政書士あかりテラス 代表:宮村和哉
  • 資格者複数名在籍
  • 司法書士:司法書士

住所:熊本県熊本市東区御領2丁目28番14号 大森ビル御領203号地図

アクセス:熊本インターから車で5分

受付時間:月曜〜金曜 8:30〜18:00

  • 18時以降対応可
  • 初回相談無料
  • 解決事例あり
  • 料金表あり
  • 土曜対応可
  • 日曜対応可

相続・遺言の相談など、相続相談に強いことが当事務所の強みです。街の身近な相続専門の法律家として、熊本市中央区、東区、西区、南区、北区を中心に地域貢献できればと日々奮闘中です。誠心誠意、素直に、真面目に、ひたむきにお客様と向き合って一人一人のお悩みや、お困りごとを解決できればと思います。 司法書士や行政書士の仕事は、未然に争いを防ぐ『予防法務』にあると思います。私たちの商品は「安全・安心」です。

  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 料金
  • お客様の声口コミ
  • 解決事例
  • 事務所
    案内

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 相続・遺言に関して何度でも無料相談可能

    相続・遺言の総合相談窓口として各専門家、各士業とのネットワークでサポートしており、納得してご依頼いただくまで相談は無料です。

  • 02 相続のトータルコーディネーター

    多くの専門家と提携実績を持つ相続トータルコーディネーターとしての役割を担い、セミナーを開催して相続・遺言の情報を積極的に発信。

  • 03 土・日・祝日、早朝、夕方、夜間の相談も

    事前に予約をしていただければ、土・日・祝日、早朝、夜間の相談も承ります。また、熊本市内であれば出張相談もお受けします。

選ばれる理由

特長をもっと見る

料金表※税抜き価格

料金表をもっと見る

お客様の声

お客様の声をもっと見る

解決事例

解決事例をもっと見る

事務所案内

代表紹介

代表紹介

宮村和哉

司法書士・行政書士

資格
司法書士・行政書士
所属団体
熊本県司法書士会
熊本県行政書士会
事務所案内をもっと見る

基本情報・地図

事務所名 司法書士法人・行政書士あかりテラス
住所 861-8035
熊本市東区御領2丁目28番14号 大森ビル御領203号
アクセス 熊本インターから車で5分
受付時間 月曜〜金曜 8:30〜18:00
対応地域 熊本市中央区、東区、西区、南区、北区を中心に全国対応
開所年月日 平成26年1月
事務所のホームページ

選ばれる理由

相続・遺言に関する相談は何度でも無料

司法書士法人あかりテラスは、相続診断士の有資格者が相続・遺言の総合相談窓口として各専門家、各士業とのネットワークでお客様をサポートします。納得してご依頼いただくまでは無料ですので安心してご相談ください(相続遺言の相談は事前予約をお願いしています)。

相続・遺言専門の司法書士が対応します

相続・遺言を専門にしている事務所とそうでない事務所ではどちらにお客様は依頼したいですか? 司法書士法人あかりテラスでは、相続診断士として円満、安心、笑顔の相続を目的とし、多くの専門家と提携実績を持っています。言わば、相続トータルコーディネータとしての役割を担います。

私たちは、家族を想う「想続」をご提案します

私たちには、それぞれにそれぞれの気持ち・想い・歴史・感情・経験があり、ひとりひとり全く違う人生を生きてきました。司法書士法人あかりテラスでは、このお客様ひとりひとりの想続をトータルコーディネートしお客様の感情にしっかり焦点をあて、納得のサポートをお客様と一緒になって考えていきます。

個別面談ブースにて安心して相談できる空間・土・日・祝日や早朝・夜間の相談可能(事前予約制)

安心してご相談いただけるよう、個別面談ブースを用意しております。緊張せずに、ゆっくり、いつでも、何度でも、ご相談ください。出来るだけ専門用語を使わず、分かりやすい説明を心がけています。プライバシーや秘密が漏れることは絶対にありません。また完全予約制なので、別の相談のお客様と会うこともありません

土・日・祝日、早朝、夕方、夜間の相談も承ります。「仕事が遅く、平日ではなかなか相談できない」「家族で相談に行きたいが、日曜日しか行けない」「交通手段がない」等といった方のために土・日・祝日、早朝、夜間の相談も承ります。また、熊本市内であれば出張相談もお受けします。お客様の状況に合わせてご利用ください。身近な法律専門家で在り続けます。

安心の専門家ネットワークで連携実績多数

ご相談内容の中には、当事務所では対応出来ない相談もあり得ます。弁護士・公認会計士・弁理士・税理士・社会保険労務士、不動産鑑定士、マンション管理士、土地家屋調査士、宅地建物取引士、ライフプランナーなどの、専門家集団と連携してサポートさせて頂きます。※その際に紹介料等は一切発生いたしません。司法書士が紹介料をもらったり、払ったりすることは違法になります。

対応業務・料金表※税抜き価格

相続放棄ライトプラン

サービスの概要

相続放棄

料金

60,000円~

加算料金

項目 追加実施内容 料金
3か月期限超え 相続放棄申述書作成費用1件 80,000円

遺言書作成サポート

サービスの概要

定型の遺言書作成(自筆証書)

料金

150,000円~

加算料金

項目 追加実施内容 料金
定型の遺言書作成(公正証書) 180,000円~
非定型の遺言書作成 別途お見積り
証人立会い 1名につき 10,000円
遺言の保管 1名につき ※遺言執行者に当事務所が指定された場合 5,000円
  • ※公正証書遺言の場合、当事務所の報酬と別に公証人役場の手数料が必要になります。

相続手続き丸ごとサポート

サービスの概要

不動産の名義変更だけでなく、相続に関するあらゆる手続きをまとめて代行します。
遺産整理業務とは、司法書士が遺産管理人(遺産整理業務受任者)として相続人様の窓口として、相続に関する煩雑な手続きを全て一括でお引き受けするサービスです。

料金

200,000円~

基本料金

遺産総額 料金
~500万以下 200,000円~
500万円超~3000万円以下 150,000円~250,000円+遺産総額の0.5%〜1.0%
3000万円超~5000万円以下 250,000円+遺産総額の0.5%
5000万円超~7000万円以下 350,000円+遺産総額の0.3%
7000万円超~8000万円以下 350,000円+遺産総額の0.3%
8000万円超~9000万円以下 350,000円+遺産総額の0.3%
9000万円超~1億円以下 350,000円+遺産総額の0.3%
1億円超~1.5億円以下 450,000円+遺産総額の0.2%
1.5億円超~2億円以下 450,000円+遺産総額の0.2%
2億円超~3億円以下 450,000円+遺産総額の0.2%
3億円超 450,000円+遺産総額の0.2%
  • ※戸籍謄本・登記事項証明書・固定資産評価証明書等の各種証明書の発行手数料は別途実費をいただきます。
    ※上記遺産整理業務とは別に不動産登記が必要な場合には別途報酬及び登録免許税がかかります。
    ※相続税の申告が必要な場合の税理士報酬等の諸費用は別途ご負担いただきます。
    ※半日を超える出張が必要な場合は、日当として半日の場合1万円、1日の場合は2万円をいただきます。
    ※司法書士法施行規則第31条において、司法書士の附帯業務として相続人からの依頼に基づき、遺産管理人として遺産整理業務を業として行うことができる旨が定められております。(交通費の実費が別途必要です)。

生前贈与サポート

サービスの概要

贈与契約書作成

料金

20,000円~

加算料金

項目 追加実施内容 料金
生前贈与登記 55,000円
  • ※内容による

事務所案内

代表紹介

代表紹介

宮村和哉

司法書士・行政書士

資格
司法書士・行政書士
所属団体
熊本県司法書士会
熊本県行政書士会

基本情報・地図

事務所名 司法書士法人・行政書士あかりテラス
住所 861-8035
熊本市東区御領2丁目28番14号 大森ビル御領203号
アクセス 熊本インターから車で5分
受付時間 月曜〜金曜 8:30〜18:00
対応地域 熊本市中央区、東区、西区、南区、北区を中心に全国対応
開所年月日 平成26年1月
事務所のホームページ

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる