前田尚一法律事務所(北海道札幌市中央区)

前田尚一法律事務所
  • 駅から近い
  • 役所から近い
  • 弁護士:弁護士

住所:北海道札幌市中央区南1条西11丁目1コンチネンタルビル9階地図

アクセス:地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口から右へ45秒

受付時間:24時間

  • 料金表あり
  • 初回相談無料
  • 24時間電話予約受付

北海道・札幌の駅からすぐの場所に立地する前田尚一法律事務所は平成5年開業。北海道・札幌を中心に北海道の多くのお客様からの法律相談を受け付けてきた実績があります。相続や遺言作成、不動産法律問題などを担当し、相続・遺産分割・遺言分野は無料相談を実施しています。「どうしたら法律を味方につけられるのかということを多くの人に伝え、できるだけ多くの人の利益を守る」をモットーに、日々戦略的に法律問題に向き合っています。

問い合わせ・無料相談の予約/事務所につながります

問い合わせ・無料相談の予約
通話料無料で事務所につながります

  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 料金
  • お客様の声口コミ
  • 事務所
    案内

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 電話問い合わせは24時間受付

    電話での問い合わせは24時間受付で、多忙な方も安心です。もちろん、フォームやメールでの問い合わせや相談予約にも対応しています。

  • 02 無料法律相談を実施

    相続・遺産分割・遺言に関する無料法律相談を実施。「どうしたら法律を味方につけられるのか」をできるだけ多くの人に伝え、できるだけ多くの人の利益を守っていきたいという考えのもと、日々法律問題と向き合っています。

  • 03 豊富な経験と実績が魅力

    平成5年の開業以来、多くのマスコミも取り上げた「葬儀場建設反対事件」など、札幌を中心に北海道の多くの相談や依頼に対応していました。その豊富な経験と実績から、問題解決をサポートします。

選ばれる理由

特長をもっと見る

料金表

料金表をもっと見る

お客様の声

お客様の声をもっと見る

事務所案内

代表紹介

代表紹介

前田尚一

弁護士

所属団体
日本弁護士連合会登録 登録番号:21066
札幌弁護士会所属 第41期
経歴
札幌市立新琴似北中学校 卒業
北海道札幌北高等学校 卒業
北海道大学(北大)法学部 卒業
平成元年:弁護士登録
平成5年:前田尚一法律事務所 開設
事務所案内をもっと見る

基本情報・地図

事務所名 前田尚一法律事務所
住所 060-0061
札幌市中央区南1条西11丁目1コンチネンタルビル9階
アクセス 地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口から右へ45秒
受付時間 24時間
対応地域 札幌を中心とした北海道
開所年月日 平成5年

この事務所を見ている人は
この事務所も見ています

選ばれる理由

弁護士の仕事は「クライアント(依頼者)との協働作業」

法律問題の処理・解決は、「クライアントと弁護士がうまく協働すればするほど良い方向に向かう」ということが私が経験から得た確信です。
法律による解決といっても、手法は一律ではありません。あなたが解決しようとしている最終目的は何なのかによって力の注ぎ方は変わるはずです。
前田尚一法律事務所は、依頼された法律問題が個々の依頼者の活動・実生活の全体の中で持つ意味を分析して、依頼者にとって何が本当の解決であるのかを解明。解決のための「スキーム(計画・枠組み)」を組み立て、戦略的な観点からその法律問題と向き合っていきたいと考えています。

24時間受付、無料法律相談も実施

電話でのお問い合わせは24時間対応。「昼間は仕事で忙しい」という方も、ご都合のいい時間帯にお問い合わせください。もちろん、フォームや電子メールでの相談予約やお問い合わせにも対応しています。

また、相続・遺産分割・遺言に関する法律相談は45分間無料で実施しています。まずはお気軽にお問い合わせください。業務時間は午前9時~午後5時までとなり、土・日・祝日は休業させて頂いています。

ご相談の結果、事件として受任させていただく場合には、事件の見通し、費用などを御説明させていただいたうえで委任契約を締結します。委任契約書を作成し、御依頼を受ける範囲、費用を明確にします。この場合の費用のお支払いは後日の振込みで結構です。

地下鉄駅から1分以内の好立地

地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口から徒歩で1分以内の好立地に事務所を構えています。札幌市電の「中央区役所前駅」からもすぐ近くです。さらには中央区役所にも徒歩5分程度と近く、手続きの際にも便利な立地です。

相談当日はできれば、①身分証明書②認印(受任に至らない場合には必要ありません)③参考となる資料 をお持ちください。

"争族"になる前の早期の相談をおすすめ

相続人の間で感情的になっての言い争いが続き、収集不可能となるほどの事態になってしまってからではなく、「このままだともめるかもしれない」といった段階での相談をおすすめしています。”争族”になる前の不安を感じた段階で、法律の専門である弁護士にご相談ください。

弁護士に依頼することで、相続問題の豊富な経験から、ご相談者のケースに合わせて争いの防止を目的としたご提案が可能です。将来発生するであろう問題のパターンを見越したうえで、相続対策(相続税対策を含む)ができるということが弁護士に依頼する最大のメリットといえます。

対応業務・料金表

相続人調査サポート

料金

55,000円~

加算料金

項目 追加実施内容 料金

遺言書作成サポート

料金

110,000円~

  • ◆サポート料金:
    経済的利益の額:着手金の額
    300万円以下の場合:33万円
    300万円を超え3,000万円以下の場合:(経済的利益の額)×(2%+26万4,000円)
    3,000万円を超え3億円以下の場合:(経済的利益の額)×(1%+59万4,000円)
    3億円をこえる場合:(経済的利益の額)×(0.5%+224万4,000円)
    ※定型か非定型か、複雑又は特殊な事情があるかどうか、相続財産(遺産)の額などを勘案して、協議の上、適正妥当な範囲内で弁護士費用を決めさせていただきます。
    ※公正証書遺言の場合、別途公証人に支払う手数料がかかります。

遺産分割交渉サポート

料金

着手金110,000円~

  • ◆サポート料金:着手金+成功報酬

    ◇着手金
    経済的利益の額:着手金の額
    300万円未満:(経済的利益の額) × 8%
    3千万円未満:(経済的利益の額 × 5% + 9万9,000円)
    3億円未満 :(経済的利益の額 × 3% + 75万9,000円)
    3億円以上 :(経済的利益の額 × 2% + 405万9,000円)

    ◇成功報酬
    経済的利益の額:成功報酬金の額
    300万円未満:(経済的利益の額) × 16%
    3千万円未満:(経済的利益の額 × 10% + 19万8,000円)
    3億円未満 :(経済的利益の額 × 6% + 159万3,900円)
    3億円以上 :(経済的利益の額 × 4% + 811万8,000円)

    ※遺産分割を有利に進めるために、相続人調査(戸籍収集)、相続財産調査(財産目録作成)するほか、遺留分減殺請求、遺言無効確認請求の訴え、遺留分減殺請求の訴え、相続人の範囲確認の訴えを提起するなどが必要となることがあります。その場合、別途弁護士費用を要することもありますが、依頼者の経済的資力、事案の複雑さ、事件処理に要する手数の繁簡等を考慮し、協議の上、適正妥当な範囲内で決めていくことになります。

遺産分割調停サポート

料金

着手金110,000円~

  • ◆サポート料金:着手金+成功報酬

    ◇着手金
    経済的利益の額:着手金の額
    300万円未満:(経済的利益の額) × 8%
    3千万円未満:(経済的利益の額 × 5% + 9万9,000円)
    3億円未満 :(経済的利益の額 × 3% + 75万9,000円)
    3億円以上 :(経済的利益の額 × 2% + 405万9,000円)

    ◇成功報酬
    経済的利益の額:成功報酬金の額
    300万円未満:(経済的利益の額) × 16%
    3千万円未満:(経済的利益の額 × 10% + 19万8,000円)
    3億円未満 :(経済的利益の額 × 6% + 159万3,900円)
    3億円以上 :(経済的利益の額 × 4% + 811万8,000円)

    ※遺産分割を有利に進めるために、相続人調査(戸籍収集)、相続財産調査(財産目録作成)するほか、遺留分減殺請求、遺言無効確認請求の訴え、遺留分減殺請求の訴え、相続人の範囲確認の訴えを提起するなどが必要となることがあります。その場合、別途弁護士費用を要することもありますが、依頼者の経済的資力、事案の複雑さ、事件処理に要する手数の繁簡等を考慮し、協議の上、適正妥当な範囲内で決めていくことになります。

遺産分割協議書作成サポート

料金

44,000円~

相続財産調査(財産目録作成)

料金

33,000円~

預貯金・自動車等の動産・株式などの名義変更

料金

33,000円~

事務所案内

代表紹介

代表紹介
代表からの一言
法律は弱い者の味方をするのではありません。法律は法律が味方してくれるということを知ってる人の見方をするのです。当事務所は「どうしたら法律を味方につけられるのか」ということをできるだけ多くの人にこれから伝え、できるだけ多くの人の利益を守っていきたいと考えています。

前田尚一

弁護士

所属団体
日本弁護士連合会登録 登録番号:21066
札幌弁護士会所属 第41期
経歴
札幌市立新琴似北中学校 卒業
北海道札幌北高等学校 卒業
北海道大学(北大)法学部 卒業
平成元年:弁護士登録
平成5年:前田尚一法律事務所 開設
出身地
北海道岩見沢市
出身校
北海道大学(北大)法学部

メディア登場実績

TV番組『のりゆきのトークDE北海道』(uhbフジテレビ系)、『どさんこワイド』(STV日本テレビ系)、ラジオ番組『カーナビ午後一番』(HBC TBS系)などにいずれも多数回出演するほか、ニュース等にも随時出演。
『財界さっぽろ』『北海道医療新聞』などの雑誌・新聞の連載を担当。

基本情報・地図

事務所名 前田尚一法律事務所
住所 060-0061
札幌市中央区南1条西11丁目1コンチネンタルビル9階
アクセス 地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口から右へ45秒
受付時間 24時間
対応地域 札幌を中心とした北海道
開所年月日 平成5年

問い合わせ・無料相談の予約/事務所につながります

問い合わせ・無料相談の予約
通話料無料で事務所につながります

事務所につながります
まずは無料で相談を!

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる