鴻陽法律事務所(愛知県名古屋市中村区)

鴻陽法律事務所
  • 相続・遺言トラブルの豊富な解決実績
  • 60分の無料相談は弁護士が対応
  • オンライン相談対応
  • 弁護士:弁護士

住所:愛知県名古屋市中村区名駅3丁目23番2号 第三千福ビル7階地図

アクセス:名古屋駅から徒歩5分

受付時間:平日9:00~18:00

  • 解決事例あり
  • 初回相談無料
  • 料金表あり
  • 当日相談可

年間100件以上の相続問題の相談を受け、豊富な解決実績を持つ事務所です。難解な法律用語をやさしく解説。相続という初めての経験に対する不安や精神的不安に寄り添った親身な対応が特徴です。

  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 料金
  • お客様の声口コミ
  • 解決事例
  • 事務所
    案内

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 じっくり話を聞く、親身な対応で不安を解消

    相続という初めての経験に際して感じる不安や精神的負担に寄り添った親身の対応で、依頼者が安心して相談できる環境づくりに努められています。

  • 02 初回相談料無料、相談時間はたっぷり1時間

    初回相談料は無料で、じっくりと相談できるよう相談時間は1時間とられています。満足して帰ってもらうことを目標に、日々研鑽を積んでいます。

  • 03 豊富な相続問題解決実績

    経験が左右する相続問題において、1,500万円もの経済利益をもたらした事案など豊富な解決実績をお持ちです。

選ばれる理由

特長をもっと見る

料金表

料金表をもっと見る

お客様の声

お客様の声をもっと見る

解決事例

解決事例をもっと見る

事務所案内

代表紹介

代表紹介

鈴木和貴

弁護士

資格
弁護士
所属団体
愛知県弁護士会
経歴
1995年 愛知県立明和高校卒業
1999年 名古屋大学法学部卒業
2002年 名古屋大学大学院法学研究科修士課程修了
2005年 司法試験合格(旧司法試験・旧60期)
2007年 弁護士登録(愛知県弁護士会)
2011年 鴻陽法律事務所開設
事務所案内をもっと見る

基本情報・地図

事務所名 鴻陽法律事務所
住所 452-0002
名古屋市中村区名駅3丁目23番2号 第三千福ビル7階
アクセス 名古屋駅から徒歩5分
受付時間 平日9:00~18:00
対応地域 愛知県
事務所のホームページ

この事務所を見ている人は
この事務所も見ています

選ばれる理由

相続を「争続」にしないための早期解決をご提案しています。

相続においては、そもそも揉めないようにすることが大切です。ただ実際には、相続案件が弁護士に持ち込まれる場合、遺産の取り分や遺言の内容で揉めていることが多いです。「揉めそう」と思ったらその時点でご相談いただくことをおすすめしております。

ご相談者様の中には相続事案において弁護士への相談となると、「親族が揉めている」=“争族”をイメージする方も多いですが、弁護士の立場として言えるのは「争族に発展するかどうかは弁護士に相談するタイミング次第」だと考えております。

相続人との交渉面、財産面で下記のような課題に直面している方は、争族に発展する可能性があります。



まだ揉めていない段階で弁護士から法的なアドバイスを受けることで、相続を「争族」に発展させず、「円満相続」に近づけることができます。「しっかり相続したい 」「相続人との交渉に疲れた 」ご相談者の方に対して、鴻陽法律事務所ではまずは無料相談から徹底的にサポートさせていただきます。



鴻陽法律事務所では来所型・オンライン型で60分としっかりと時間を取って、相続に強い弁護士が無料で相談をお受けする機会を設けています。

この①初回無料②60分間面談(オンライン含め)での相談という形にこだわりがあります。



初回無料としたのは費用面での心配なく、早期に専門家によるアドバイスを受けていただく必要があると感じたからです。もしかしたら弁護士に依頼をするような案件ではないかもしれません。しかし、早期に専門家のアドバイスを受けることで後に問題がこじれてしまうことを予防することができます。風邪がこじれて重症になる前に念のために病院へ行く、そういったイメージでよいかと思います。

②60分間としたのは、相続問題に関しては、相続人関係、相続財産関係、そして相談事項のポイントというようにお聞きする事項が沢山あるからです。また、不安な気持ちを抱えて見える方に対して、じっくりと話を聞いて不安を解消できるようにアドバイスをするためには30分ではとても時間が足りないからです。

面談相談としたのは、相談者の方の顔を見て、ご持参いただいた資料にきちんと目を通して責任あるアドバイスをさせていただくためです。面談相談を行うことで相談者の方が気づいていなかった別の問題に気づくこともありますまた、面談相談を億劫に感じられていた方も、実際に面談相談に来られて来て良かったと、安心をして帰られたケースも多くありますそのため鴻陽法律事務所は面談相談にこだわっております。

相談に来られた、オンラインで相談を受けたからといって依頼を強要することは一切ありませんので、安心してご相談ください。

相続で揉めてしまっている案件でも豊富な実績があります。

鴻陽法律事務所は年間100件を超える相続の問題に向き合っています。相続問題はご自身で対応することが難しいだけでなく、相続人同士が骨肉の争いを繰り広げて関係が破綻してしまうことも残念ながらあります。

実際に「うちは兄弟の仲がよいから大丈夫だと思っていた」という声も多く聞くこともあり、遺言があっても不備があったり記載内容が明らかでないために結果として争いになってしまう、ということもあります。1件1件に向き合うたびにどうしたら円満に解決することができるのか、常に研鑽して積み上げてきた経験と実績でご相談者様にお応えいたします。

過去に解決した実績としては、遺留分減殺請求をされた相続人が、相手の請求額を1500万円減額できた事例等、豊富な解決実績を持っております。既に相続人同士で揉めてしまっているようなケースはお任せください。

税理士や不動産鑑定士とも連携してあらゆる相続事案にワンストップで対応いたします。

鴻陽法律事務所は税理士や不動産鑑定士など他の士業と連携しており、ワンストップでサービスを提供しております。遺産が多い場合や遺産に不動産が含まれている場合には、揉めている点を整理して適切な遺産分割を行なうだけでなく、相続税対策についても同時並行で検討する必要があります。

また、遺産に不動産が含まれる場合、固定資産税評価額か路線価か時価か、といったように不動産の評価額が問題になることもしばしばあります。こうした複合的な相続問題に対してもスムーズに対応することができます。

名古屋駅より徒歩5分のアクセス、名古屋市内だけでなく愛知県全域の相談に対応しています。

上記であげさせていただきましたが、なるべく早く弁護士に相談いただき、“争族”への発展を予防したいという想いから初回無料②60分間面談(オンライン含め)での相談という形にこだわり、実施させていただいております。

また鴻陽法律事務所は名古屋駅より徒歩5分というアクセス良好な場所に事務所を構えています。また、ご相談は名古屋市の方だけでなく愛知県全域から承っております。相続に関してはご相談を早くにいただくに越したことはありません。名古屋というターミナル駅から徒歩でアクセスできる利便性をぜひご活用ください。

新型コロナウイルス対策で外出を控えたい方に対して、鴻陽法律事務所では電話もしくはテレビ電話での相続相談を受け付けています。テレビ電話の場合、専門家の顔が見れるだけでなく、ご提案資料も画面で共有することができ、対面と比べてそん色がありません。

使用方法も非常に簡単です。もちろん電話のみでの相続相談も可能です。ご希望の方はまずはお電話ください!

社会福祉法人の監事も務める専門性から高齢者問題や介護が関わる問題にも専門的にアドバイスいたします。

鴻陽法律事務所の代表鈴木は、中小企業の顧問だけではなく、公立の看護専門学校の講師、公益社団法人や社会福祉法人の監事といった役職にも就かせていただいております。

単に相続問題に対してアドバイスするだけでなく、相続において高齢者問題や介護問題が関わるような場合においても専門的なアドバイスをさせていただくことが可能です。

プライバシーを徹底した完全個室の安心できる相談環境でお話を伺います。

鴻陽法律事務所では完全個室の相談環境を確保しております。相続で揉めている場合もそうでない場合も、ご家庭の事情を深く伺う必要がありますが、パーテーションの仕切りで区切るのではなく部屋ごとに分かれているため、他の方にお話しを聞かれることなく安心してご相談いただけます。

また、個室の相談環境を複数ご用意しており、相談において他の方と顔を合わせることもありません。

対応業務・料金表

相続放棄ライトプラン

サービスの概要

相続財産のうち債務の方が多い場合、相続財産を放棄することも検討した方が良いでしょう。この「相続放棄」の申請には3か月という期限がありますので、お早めにご相談ください。

【実施内容】
・戸籍チェック
・相続放棄の申述書を作成
・親戚への通知サービス

料金

55,000円

  • ※同一の被相続人について放棄する相続人が複数いる場合は、二人目以降、一人あたり3万3,000円の追加。
    ※3か月の申述期間経過後の申立てについては別途お見積もりいたします。

遺言書作成サポート

サービスの概要

「争続」と呼ばれる相続人間のもめ事を軽減するためにも、遺言で意思を書面に残すことは非常に重要です。法的に効力のある遺言書の作成をサポートします。

【実施内容】
・遺言書作成に必要な手間を全て代行
・遺言書の作成

料金

165,000円

加算料金

項目 追加実施内容 料金
遺言の動画付きサービス 遺言者の方の遺言作成の想いを動画にして残します。動画にすることで後日遺言の効力が争われることを未然に防止できるメリットもあります 55,000円
  • 遺留分等も踏まえた法的なアドバイスをしながら遺言書を作成します。
    公正証書遺言の場合は、公証人費用等の実費が必要になります。また別に戸籍等の取寄費用もかかります。

民事信託(家族信託)サポート

サービスの概要

認知症や病気により、自分の財産の管理や土地の売却がしづらくなります。そのための対策として、信頼する相手に財産を託し(信託)、当初の目的に沿って財産を管理・処分・承継する財産管理の仕方です。

【実施内容】
・民事信託の設計コンサルティング
・民事信託の契約書作成
・民事信託の登記

料金

440,000円~

基本料金

遺産総額 料金
~500万以下 1.0%(最低440,000)
500万円超~3000万円以下 1.0%(最低440,000)
5000万円超~7000万円以下 1.0%
7000万円超~8000万円以下 1.0%
8000万円超~9000万円以下 1.0%
9000万円超~1億円以下 1.0%
1億円超~1.5億円以下 0.5%
1.5億円超~2億円以下 0.5%
2億円超~3億円以下 0.5%
3億円超 0.3%〜0.1%
  • ※弁護士費用には上限額を設けており事前に明示させていただきますので、財産が多額の場合でもご安心ください。
    ※別に公正証書作成費用、登記費用がかかります。

遺留分侵害額請求「したい方へ」サポート

サービスの概要

相続人には最低限の財産を得られる権利があり、それを「遺留分」と言います。遺言に遺産は渡さないと書かれた場合でも遺留分を獲得することができます。また遺留分には「時効」がありますのでお早めにご相談ください

【実施内容】
・遺産の整理
・妥当な遺産額の計算
・遺留分額の確定
・遺留分を獲得するための交渉
・獲得した遺産の支払い

料金

着手金220,000円

  • 220,000円の着手金に経済的利益に応じた報酬を加えたものがお支払いの金額となります。
    報酬金:取得した遺留分額の10%(最低33万円)

    ※減殺請求する側の場合には認められた遺留分額を基準といたします。
    ※交渉から調停、調停から訴訟に移行した場合は、それぞれ追加着手金として11万円(報酬精算時後払い)をいただきます。
    ※裁判所への出廷日数7回目以降は1回ごとに2万2千円を日当としていただきます。

遺留分侵害額請求「された方へ」サポート

サービスの概要

遺留分侵害請求を受けた場合、相手方に遺留分を侵害していないことを納得させたり、支払う遺留分額を減らすためには専門的な知識が必要です。ご自身で進められるより、弁護士に依頼することをお勧めします。

<実施内容>
・遺産の整理
・正しい遺留分額の提示・交渉
・遺産分け

料金

着手金220,000円

  • 220,000円の着手金に経済的利益に応じた報酬を加えたものがお支払いの金額となります。
    報酬金:取得した遺留分額の10%(最低33万円)

    ※減殺請求される側の場合には相手の請求額からの減額分を基準とします。
    ※交渉から調停、調停から訴訟に移行した場合は、それぞれ追加着手金として11万円(報酬精算時後払い)をいただきます。
    ※裁判所への出廷日数7回目以降は1回ごとに2万2千円を日当としていただきます。

遺産調査(相続調査)サポート

サービスの概要

現在の相続人の関係性や相続財産をお調べし、遺産分割に向けて今後取るべき方針を提案します。「争続」を回避する、相続人間の関係悪化を最小限に食い止めていくことを目的としたサポートです。

【実施内容】
・相続人調査
・相続財産調査
・公正証書遺言の有無の調査
・上記を踏まえた今後の提案

110,000〜165,000円

料金

110,000円

  • 実費として3万円から4万円を預り金としていただきます。

遺産分割交渉サポート

サービスの概要

遺産分割の交渉は、相続人間だけで円滑に進めることは難しく、さらに将来の紛争を防ぐため、妥当な遺産の分配をするうえでも弁護士のサポートが必要です。弁護士が交渉の間に入り解決に向かって伴走いたします。

【実施内容】
・遺産の整理
・妥当な遺産額の計算
・相手方との遺産額の交渉
・遺産分け

料金

着手金220,000円

  • 220,000円の着手金に経済的利益に応じた報酬を加えたものがお支払いの金額となります。
    報酬金:取得した遺産額(時価)の10%(最低報酬33万円)

    ※遺産分割協議、遺産分割調停、遺産分割審判、即時抗告はそれぞれ別個の事件として扱います。遺産分割協議から遺産分割調停に移行するなど、別個の手続が順次必要になった場合、追加着手金として11万円(報酬精算時に後払い)をいただきます。
    ※複数名でのご依頼の場合、二人目以降一人11万円となります。
    ※裁判所への出廷日数11回目以降は1回ごとに2万2千円を日当としていただきます。
    ※相続人の人数や難易度により報酬金を協議の上で30%を上限に増額させていただく場合があります。

遺産分割協議書作成サポート

サービスの概要

弁護士が、特定の相続人の代理人としてではなく、法律の専門家として、財産の調査や協議の進め方、協議書の作成といった遺産の分配を、中立な立場からトータルでサポートいたします。
専門家である弁護士が財産を調査し、協議書案を作成し、法的アドバイスをしつつ、相続人の皆様が納得できる遺産の分配ができるようお手伝いいたします。

※なお、本サポートには相続人全員の方の同意が必要となり、相続人間に争いがある場合には遺産分割協議サポートはご利用になれませんのでご注意ください。

・遺産分割協議書の作成
・不動産の名義変更(協力司法書士へ依頼)
・預貯金の名義変更、解約
・保険金の請求
・有価証券の名義変更
・戸籍謄本等の取得
・相続税の申告(協力税理士に依頼)

※以下の基準に従い、各金額の積算方式となります。

料金

着手金220,000円

基本料金

遺産総額 料金
~500万以下 440,000円
500万円超~3000万円以下 2%~1.8%
3000万円超~5000万円以下 1.5%
5000万円超~7000万円以下 1.3%
7000万円超~8000万円以下 1.3%
8000万円超~9000万円以下 1.3%
9000万円超~1億円以下 1.3%
1億円超~1.5億円以下 1%
1.5億円超~2億円以下 1%
2億円超~3億円以下 1%
3億円超 0.6%

相続対策丸ごとおまかせサービス

サービスの概要

次のものが全てセットになったサービスです。
①相続人、相続財産の調査
②相続税のシミュレーション(相続税のシミュレーションは協力先税理士が行います。)
③生命保険・生前贈与等の活用による節税・納税対策の提案
④遺言作成(公正証書遺言作成、公証役場への立会含む)

料金

550,000円~

  • 遺産の額が300万円以下:550,000円
    遺産の額が300万円超3,000万円以下:遺産の1%+517,000円
    遺産の額が3,000万円超3億円以下  0.3%+748,000円
    遺産の額が3億円超:0.1%+1,408,000円

遺言無効

料金

着手金330,000円

  • 着手金330,000円+660,000円+法定相続分(または取得する遺産額)に応じて遺産分割事件で定める報酬
    ※遺言無効後の遺産分割事件もご依頼いただく前提の料金となります。

寄与分

料金

330,000円~

  • 調停申立て330,000円
    加えて認められた寄与分額の10%(最低報酬金330,000円)
    ※審判移行時追加着手金165,000円

遺言執行

サービスの概要

220,000円+金融機関の数×33,000円+遺産評価額の3%

料金

220,000円~

  • ※不動産の移転登記等の遺言執行者による執行行為が不要な遺産については遺産評価額から除きます。
    ※遺産分割協議書の執行は遺言執行に準じます。

限定承認

料金

110,000円

加算料金

項目 追加実施内容 料金
限定承認者1人あたり 33,000円
  • ※限定承認後の財産の管理及び清算については220,000円から

成年後見等申立て

料金

着手金220,000円

  • 着手金220,000円に加え、審判による後見等決定時に報酬が110,000円発生。

    ※審判前の保全処分を利用する場合は上記に、着手金11万円、報酬11万円(仮処分決定時)が追加となります。

    ※上記以外に医師の鑑定費用等の実費が11万円程度必要になります。

    ※財産関係が複雑である、親族間に深刻な対立があるなど複雑な事案では上記着手金に11万円~22万円が追加となります。

任意後見契約締結

料金

220,000円

  • ※別途公正人手数料等、公正証書作成のための実費がかかります。

法定相続情報証明制度手続代行

料金

55,000円

  • ※相続人の調査から法務局への申請まで含みます。

    ※戸籍等取得手数料は別途必要となります。

相続財産管理人、遺産管理人選任申立て

料金

着手金220,000円

  • 着手金220,000円に加え、管理人選任決定時に報酬が110,000円発生。

    ※相続人や相続財産の調査等が困難である事件については、着手金及び報酬にそれぞれ5万5千円が追加となります。

遺産管理人契約

料金

110,000円

  • 任意での遺産管理契約の場合となります。

    遺産管理契約締結時110,000円

    その後管理業務の内容により毎月33,000円から55,000円

民事信託(家族信託)

サービスの概要

方種は信託財産によって変動します。
1億円以下の部分:1%(最低44万円)
1億円超3億円以下の部分:0.5%
3億円超5億円以下の部分:0.3%
5億円超10億円以下の部分:0.2%
10億円超の部分:0.1%

料金

440,000円

相続対策丸ごとおまかせサービス

サービスの概要

次のものが全てセットになったサービスです。
①相続人、相続財産の調査
②相続税のシミュレーション(相続税のシミュレーションは協力先税理士が行います。)
③生命保険・生前贈与等の活用による節税・納税対策の提案
④遺言作成(公正証書遺言作成、公証役場への立会含む)
遺産の額が300万円以下   55万円
300万円超3000万円以下 1%+51万7千円
3000万円超3億円以下   0.3%+74万8千円
3億円超           0.1%+140万8千円

料金

550,000円~

お客様の声

解決事例

事務所案内

代表紹介

代表紹介
代表からの一言
当事務所は相談者の方に寄り添い、残される家族が少しでも幸せになれるような解決を目指してまいります。家族のために財産をどう分けてよいか悩んでいる方、相続人としてトラブルを抱えて困っている方、是非当事務所にご相談ください。共に最良の解決方法を考えてまいりましょう。

鈴木和貴

弁護士

資格
弁護士
所属団体
愛知県弁護士会
経歴
1995年 愛知県立明和高校卒業
1999年 名古屋大学法学部卒業
2002年 名古屋大学大学院法学研究科修士課程修了
2005年 司法試験合格(旧司法試験・旧60期)
2007年 弁護士登録(愛知県弁護士会)
2011年 鴻陽法律事務所開設
出身地
愛知県名古屋市
出身校
名古屋大学法学部
趣味・好きなこと
旅行、クリアファイル集め、漫画、釣り

執筆実績

「弁護士と税理士が考える事業承継問題」(愛知県弁護士会・共同執筆)
「弁護士と隣接士業の業務範囲(改訂版)」(愛知県弁護士会・共同執筆)

基本情報・地図

事務所名 鴻陽法律事務所
住所 452-0002
名古屋市中村区名駅3丁目23番2号 第三千福ビル7階
アクセス 名古屋駅から徒歩5分
受付時間 平日9:00~18:00
対応地域 愛知県
事務所のホームページ

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる