弁護士法人グレイス(鹿児島県鹿児島市)

弁護士法人グレイス
  • 資格者複数名在籍
  • 駅から近い
  • 相談実績100件以上
  • 弁護士:弁護士

住所:鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32 TYビル 4-7F地図

アクセス:鹿児島中央駅西口ロータリーから徒歩1分

受付時間:平日9:00~18:00

鹿児島県鹿児島市に拠点を置く、相続に強い弁護士事務所。「家事部」という部署を設け、相続案件のみに注力して対応する弁護士が在籍しています。相続発生後の相談はもちろん、相続発生前の事前の準備や対策に関する問題にも注力。鹿児島在住者を始め、鹿児島県外の相談にも速やかに対応しています。

  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 料金
  • お客様の声口コミ
  • 解決事例
  • 事務所
    案内

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 相続の初回相談無料+明確な料金体系で安心して相談可能

    明確な料金体系を整備しており、相談の際も個別の事情に応じて詳細な説明を受けられます。また、相続の初回相談は無料で対応しています。

  • 02 鹿児島市中心部にあり、アクセスに便利な立地

    鹿児島市中心部、鹿児島中央駅西口ロータリーから徒歩1分の利便性の高い立地。清潔感のある明るい事務所内で、リラックスして話せます。

  • 03 経験豊かな弁護士が、親切かつスピーディーに問題解決

    相続問題の相談実績は100件以上。相続案件を集中的に担当する経験豊かな弁護士が中心となり、親切かつスピーディーに問題解決に当たります。

選ばれる理由

特長をもっと見る

料金表

料金表をもっと見る

お客様の声

お客様の声をもっと見る

解決事例

解決事例をもっと見る

事務所案内

代表紹介

代表紹介

古手川隆訓

弁護士

資格
東京弁護士会(弁護士登録番号:32933)
所属団体
日本弁護士連合会
東京弁護士会
経歴
略歴
1994年4月 同志社大学経済学部入学
1998年3月 同志社大学経済学部卒業
2003年10月 司法試験合格
2004年4月 最高裁判所司法研修所入所

職歴
1998年4月 日本アイ・ビー・エム株式会社入社
2000年1月 日本アイ・ビー・エム株式会社退社
2005年10月 勤務弁護士として東京都港区所在の弁護士事務所入所
2008年10月 同事務所退所
2009年2月 弁護士法人グレイス開所

受賞歴
株式会社船井総合研究所の企業法務部門3年連続受賞
事務所案内をもっと見る

基本情報・地図

事務所名 弁護士法人グレイス
住所 〒890-0046
鹿児島市西田2丁目27-32 TYビル 4-7F
アクセス 鹿児島中央駅西口ロータリーから徒歩1分
受付時間 平日9:00~18:00
開所年月日 2009年2月
事務所のホームページ

この事務所を見ている人は
この事務所も見ています

選ばれる理由

相続案件を集中的に扱う弁護士が常駐

弁護士法人グレイスでは法人内に12名の弁護士を抱え、中でも相続案件を集中的に担当する弁護士が常駐しております。
ひとくくりに弁護士事務所、法律事務所と言っても、企業の法律サポートや、個人でも交通事故や離婚など、その事務所が注力している分野は千差万別です。
相続分野は、寄与分や特別受益、遺留分など法的にも極めて豊富な知識と経験を要求される分野で、その解決策を見出すには相続分野での豊富な経験が欠かせません。

「円満に解決させるためにはどうすればよいのか?」
「争うとなったら勝てる見込みがあるのか?」
「実際どのくらいの費用が必要になるのか?」
このように初めて直面する相続の問題で、ご相談者の方が気になることは様々です。当事務所は、複数の弁護士が特に相続分野に注力しており、豊富な知識と経験を有し、これらすべての疑問質問に対して当方より丁寧な提案をさせていただきます。

相続は皆様のご家族に関する大切な問題で、法人関係の問題とは異なり、「ココロ」を持った個人の皆様が紛争の主役になってしまいます。当然、お金の問題だけでなく、感情と感情が真正面からぶつかり合うことになります。時に修復しがたいほどに「ココロ」が傷ついてしまうこともあるでしょう。
そんな時、皆様が欲しいのは法律や判例の「知識」ではなく、寄り添い、気持ちを理解してくれる絶対的な味方ではないでしょうか。グレイスの弁護士は、単なる法律問題の解決のみならず皆様の「ココロ」の再生に尽力することで、幸せをカタチにしていきます。

相続問題の相談実績100件以上、多額の経済的利益に繋がった事例も

弁護士法人グレイスでは相続案件を集中的に担当する弁護士が中心となり、相続問題の相談実績は100件を超え、数多くの相続問題の解決実績を積み重ねております。

数ある解決事例の中には、下記のような事例もございます。
①特別受益を相手方に認めさせることで2,000万円もの経済的利益に繋がった事例
②寄与分も踏まえて500万円の加算、協議のみで遺産分割協議を成立させることができた事例
預貯金を引き出し隠匿していた金額を遺産分割調停で明らかにし、不動産と共に預貯金を相続する形で遺産分割調停が成立した事例

また当事務所の特徴として、長期化傾向にある裁判ではなく、交渉・協議で迅速に問題を解決していくスタンスを取っております。相続問題解決実績豊富な弁護士が、圧倒的な交渉力で事案に取り組むため70%以上の事案は調停や裁判になる前に交渉で解決できます(中には一週間以内に解決するケースもございます。)

多彩なネットワークで相続問題をワンストップ解決

相続は、財産の種類によって弁護士のみならず多くの方のご協力が不可欠となります。相続税の申告や未公開株式の評価額算定は税理士や会計士の先生に、不動産の登記は司法書士の先生に、不要な不動産の売買は各種不動産会社の方にお願いせざるを得ません。
当事務所は、各種士業の先生との関係はもちろん、約450件を超える多種多様な業種の顧問先とも強力な信頼関係を築いています。その結果、皆様の必要に応じて適切な方をご紹介させていただくことが可能です。

相続に関する相談は初回無料 即日対応で早期解決

「弁護士に相談すると高いから……」とお考えではありませんでしょうか。当事務所では、相続の初回相談は無料で対応させていただきます。また初回相談から、当事務所の所属弁護士が親身に対応いたします。安心してご相談いただけますので、お気軽にお問い合わせください。
弁護士法人グレイスは、弁護士のスケジュールが空いている限り、お電話を頂いたその日にご相談のアポイントを取らせて頂きます。急を要す相続問題だからこそ、即日の対応を心がけております。

対面での相談だけでなく、新型コロナウイルス対策で外出を控えたい方に対して、テレビ電話での相続相談を受け付けています。
テレビ電話の場合、専門家の顔が見れるだけでなく、ご提案資料も画面で共有することができ、対面と比べてそん色がありません。他の相続人や関係者の方を招集して別の場所からでも打ち合わせができることもメリットとして挙げられます。ご希望の方はまずはお電話ください。

明瞭な料金提示で、費用面も安心です

弁護士法人グレイスは、離婚や慰謝料に関する事件について明確な料金体系を整備しています。ご相談の際にも、皆様の個別の事情に応じて、料金について説明を尽くさせて頂いており、事件終了後に予想外の費用を請求されるという心配はございません。

鹿児島市中心部にあり、アクセスに便利な立地

弁護士法人グレイスは、鹿児島市中心部、鹿児島中央駅西口ロータリーから徒歩1分です。一般の店舗テナントが入っているビルの中にあり、かつ、清潔感のある明るい事務所内である為、何度でも気軽にお越しいただけます。

対応業務・料金表

相続人調査サポート

料金

55,000円~

遺言書作成サポート

料金

110,000円~

  • 作成手数料
    自筆証書遺言:110,000円
    公正証書遺言:165,000円

遺留分侵害額請求「したい方へ」サポート

料金

着手金330,000円

  • 着手金330,000円
    報酬金330,000円+経済的利益の11%

遺留分侵害額請求「された方へ」サポート

料金

着手金330,000円

  • 着手金330,000円
    報酬金330,000円+経済的利益の11%

遺産調査(相続調査)サポート

料金

55,000円~

遺産分割交渉サポート

料金

着手金220,000円~

  • ※相続人が2名 又は 相続財産が500万円未満
    着手金220,000円
    報酬金220,000円+経済的利益の11%

    ※相続人が3名以上10名未満 又は 相続財産が5,000万円未満
    着手金275,000円
    報酬金275,000円+経済的利益の11%

    ※相続人が10名以上 又は 相続財産が5,000万円以上
    着手金330,000円
    報酬金330,000円+経済的利益の11%

遺産分割調停サポート

料金

着手金330,000円~

  • ※相続人が2名 又は 相続財産が500万円未満
    着手金330,000円
    報酬金330,000円+経済的利益の11%

    ※相続人が3名以上10名未満 又は 相続財産が5,000万円未満
    着手金440,000円
    報酬金440,000円+経済的利益の11%

    ※相続人が10名以上 又は 相続財産が5,000万円以上
    着手金550,000円
    報酬金550,000円+経済的利益の11%

遺産分割協議書作成サポート

料金

110,000円

自筆証書遺言無効訴訟

料金

着手金440,000円

  • 着手金440,000円
    報酬金440,000円+経済的利益の11%

公正証書遺言無効訴訟

料金

着手金550,000円

  • 着手金550,000円
    報酬金550,000円+経済的利益の11%

その他(不当利得返還訴訟等)

料金

着手金330,000円~

お客様の声

解決事例

事務所案内

代表紹介

代表紹介
代表からの一言
当事務所は、ご相談、ご依頼頂きました事件について説明を十分に行い、しっかりとご理解頂いたうえで事件処理を進めて参ります。法的な問題を放置しておくと益々悪化していくことが一般的です。 また、一人で悩みを抱えたままでは、いつまで経っても問題が解決することはありません。お困りのことがございましたら、お気軽にご相談下さい。

古手川隆訓

弁護士

資格
東京弁護士会(弁護士登録番号:32933)
所属団体
日本弁護士連合会
東京弁護士会
経歴
略歴
1994年4月 同志社大学経済学部入学
1998年3月 同志社大学経済学部卒業
2003年10月 司法試験合格
2004年4月 最高裁判所司法研修所入所

職歴
1998年4月 日本アイ・ビー・エム株式会社入社
2000年1月 日本アイ・ビー・エム株式会社退社
2005年10月 勤務弁護士として東京都港区所在の弁護士事務所入所
2008年10月 同事務所退所
2009年2月 弁護士法人グレイス開所

受賞歴
株式会社船井総合研究所の企業法務部門3年連続受賞
出身校
同志社大学経済学部

メディア登場実績

2018年7月 日本経済新聞電子版「私の道しるべ」にインタビュー掲載
2019年4月 The New York Times「NEXT ERA READERS」に選出

講演実績

2014年8月 内部 船井総研と語りましょう!
2017年7月 外部 株式会社船井総合研究所主催「先進事務所視察クリニック」特別講演
2018年4月 外部 株式会社船井総合研究所主催 法律事務所におけるマネージメントに関する講演

スタッフ紹介

  • 茂木佑介

    弁護士

    法的な知識を振り回すだけではなく、段取りと気配りを意識し、常に最高のサービスを提供させて頂きます。敷居が高いと感じている方も多いでしょうが、気軽にご相談下さい。

  • 森田博貴

    弁護士

    弁護士の仕事は、法律を駆使して人と人との問題を解決することです。家庭内の問題は、誰にでも生じるおそれがある事柄です。身近なところにお困り事があれば、ご相談いただければ幸いです。

  • 碓井晶子

    弁護士

    深刻な問題になる前にも、弁護士がやれることはたくさんあります。少しでも気にかかることがありましたら、ぜひ一度ご相談にいらっしゃってください。「誠実に、親身に」をモットーに、ご対応させていただきます。

基本情報・地図

事務所名 弁護士法人グレイス
住所 〒890-0046
鹿児島市西田2丁目27-32 TYビル 4-7F
アクセス 鹿児島中央駅西口ロータリーから徒歩1分
受付時間 平日9:00~18:00
開所年月日 2009年2月
事務所のホームページ

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる