寺部法律事務所( 愛知県 豊橋市)

寺部法律事務所
  • 駅から近い
  • 弁護士:弁護士

住所:愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階地図

アクセス:豊橋駅徒歩7分
※建物1階部分(向かって右側のみ)が駐車場

受付時間:平日9:00~18:00(土日祝応相談)

開設以来、愛知県豊橋及び三河地域を中心に県内さらには静岡県西部からも多くの相談を受けてきたという法律事務所。遺産分割の調停や審判、遺留分減殺請求の調停、訴訟、公正証書遺言の作成の立ち会いなど、相続に関わる様々な手続きを担当しています。相続登記、相続税の申告などについても、司法書士や税理士、社会保険労務士と協力関係を築いているため、ワンストップでの対応が可能。

問い合わせ・無料相談の予約/事務所につながります

問い合わせ・無料相談の予約
ここを押せば事務所につながります

  • 事務所
    トップ
  • 選ばれる理由特長
  • 料金
  • 解決事例

つぐなびからの 3つのオススメポイント

  • 01 愛知県豊橋の地域密着で15年以上の実績

    所長弁護士は愛知県弁護士会東三河支部の副支部長を務めた経験もあり、地域密着で15年以上の実績。長年の実績に裏打ちされた安心感が魅力です。

  • 02 相談者に分かりやすい説明を

    法律相談においてはなるべく専門用語を使わずに分かりやすい説明を心掛け、裁判で依頼者が裁判所に主張すべき詳細な事実関係をうかがうように努めている点も特徴です。

  • 03 当事者の心情に配慮した解決方法を

    相続問題は親族間の紛争であるため、今後の関係も考慮してある程度譲るところは譲り、早期に円満に解決したいという意向があれば、当事者の方の心情に配慮した解決方法を一緒に考えるという姿勢です。

選ばれる理由

特長をもっと見る

料金表

料金表をもっと見る

解決事例

解決事例をもっと見る

寺部法律事務所の事務所案内

代表紹介

代表紹介

寺部光敏

弁護士

所属団体
日本弁護士連合会
愛知県弁護士会(弁護士登録番号:27791)
経歴
名古屋大学法学部卒業
平成12年10月 弁護士登録
平成15年10月 寺部法律事務所開設

■経験したことのある役職
 愛知県弁護士会東三河支部副支部長
 豊橋市情報公開個人情報保護審査会委員
 豊橋市民病院臨床研究倫理審査委員会委員
事務所案内をもっと見る

事務所写真

寺部法律事務所の基本情報・地図

事務所名 寺部法律事務所
住所 440-0888
愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
アクセス 豊橋駅徒歩7分
※建物1階部分(向かって右側のみ)が駐車場
受付時間 平日9:00~18:00(土日祝応相談)

この事務所を見ている人は
この事務所も見ています

選ばれる理由

地元を愛する弁護士&スタッフが特徴

当事務所の弁護士・スタッフは皆、事務所の近隣エリアに住んでおり、一住民として地元を愛しています。最近は、東京や大阪の士業の事務所の中にも出張相談をする事務所がありますが、地元に常駐しているわけではないため出張相談後にさらに面談をすることは必ずしも容易ではありません。
当事務所のポリシーは、「弁護士は、地元の人や企業が困ったときに頼りにしていただける地域のインフラでありたい、地元の役に立ちたい」です。

分かりやすい説明を心がけます

弁護士は法律の専門家ですが、専門用語ばかりでご相談にこられた方にご理解いただけなければ本末転倒です。そのため、ご相談時にはできる限り分かりやすい説明を心がけます。
また、裁判所の訴訟等の手続において、裁判所は事実に法律を適用して判断を示します。弁護士は、法律のプロですが、事実関係はご依頼者の方しか知りません。ご依頼者の方に分かりやすい説明をするよう心がけ、裁判所に主張すべき詳細な事実関係をうかがうように努力しています。ご依頼者の方にも、わからないことがあれば遠慮なく尋ねていただくようにお願いしております。

今後の人間関係も考慮しての解決法を

相続問題は親族間の紛争であり、親族関係は相続問題の解決後も続きます。そのため、今後の関係も考慮してある程度譲るところは譲って、早期に円満に解決したいというご意向をお持ちの方もいらっしゃれば、法的な主張はしっかりしたいというご意向をお持ちの方もいらっしゃいます。当事務所では、このような当事者の方の心情に配慮した解決方法を一緒に考えます。

分かりやすく、支払いやすい費用

「弁護士は高いし、費用が分かりにくい」と思われる方も多いようです。しかし、当事務所ではできるだけ分かりやすく、支払いやすい費用を心掛けています。

例えば、弁護士費用を一度にお支払いいただけない場合は、事情をおうかがいしたうえで、事案に応じ分割払いに応じております。また、一定の条件を満たす方については、法テラスの法律扶助制度を活用し、弁護士費用の立替を行うことも可能です。この場合は、月々1万1,000円の分割払いが可能です。

税理士、司法書士など他士業との協力関係を構築

相続問題では、例えば、相続税の申告が必要な案件や相続登記が必要な案件など、他士業の協力が必要なことも多くあります。当事務所では、税理士や司法書士といった他士業と協力関係を築いており、例えば、遺産分割調停成立後の相続登記がスムーズに進むようにお手伝いさせていただいております。

対応業務・料金表

相続人調査サポート

料金

33,000円~

  • 3万3,000円+取寄書類の通数×1,100円+取寄実費
    ※通常の郵券は事務所負担です。
    ※遺産分割において、相続人調査を要する場合は相続人調査の手数料をご負担いただきます。

相続放棄ライトプラン

料金

110,000円

  • ※相続人調査の費用を含みます。複数の方が放棄される場合は、別途お見積りいたします。

遺言書作成サポート

サービスの概要

公正証書遺言作成サポート

料金

165,000円~

  • ※定型的なもので16万5,000円、非定型的なものは個別に協議させていただきます。
    ※公証人費用の実費は、別途ご負担いただきます。

遺産分割調停サポート

料金

着手金330,000円~

  • ◆サポート料金:着手金+報酬金
    相続分:着手金
    3000万以下:33万円
    3001万~5000万:55万円
    5001万~1億:77万円
    1億超:別途お見積りいたします。
    報酬は取得できた遺産額の5%(但し、最低額は33万円です。特別受益等の主張が認められ、法定相続分を超える遺産を取得した場合、その部分については通常の民事訴訟と同じ報酬をご負担いただきます)
    *調停から審判に移行したときの費用は、事案に応じ、個別にお見積りいたします。

事務所案内

代表紹介

代表紹介
代表からの一言
高齢化が進展し、相続問題に直面される方が増えております。 このような相続問題は、誰にでも起きうることです。 相続では、亡くなられた方の思い、相続人の方々の思いが交錯し、ときに紛争が生じ、長期化することもあります。 当事務所では、遺言をはじめとする生前の相続対策や実際に被相続人の方が亡くなられたときの遺産分割等の手続まで、このような思いを受け止めながら、手続をさせていただきたいと考えています。

寺部光敏

弁護士

所属団体
日本弁護士連合会
愛知県弁護士会(弁護士登録番号:27791)
経歴
名古屋大学法学部卒業
平成12年10月 弁護士登録
平成15年10月 寺部法律事務所開設

■経験したことのある役職
 愛知県弁護士会東三河支部副支部長
 豊橋市情報公開個人情報保護審査会委員
 豊橋市民病院臨床研究倫理審査委員会委員
出身地
愛知県豊橋市
出身校
名古屋大学法学部
趣味・好きなこと
スポーツ観戦、読書

基本情報・地図

事務所名 寺部法律事務所
住所 440-0888
愛知県豊橋市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
アクセス 豊橋駅徒歩7分
※建物1階部分(向かって右側のみ)が駐車場
受付時間 平日9:00~18:00(土日祝応相談)

電話で問い合わせ 無料相談の予約

事務所につながります
まずは無料で相談を!

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる