×

【未成年の相続】借金の相続を遺産分割で回避した事例

更新日:2022.02.22

【未成年の相続】借金の相続を遺産分割で回避した事例

相談前

相談者様の父が不動産を担保にして金融機関から借り入れをしており、その際の債務が残った状態で借り入れ名義人の父が亡くなりました。

相談者様が金融機関から「不動産の名義変更しなければ、融資ができない」と言われ、困った相談者様が当事務所にお越しになりました。

相続人には未成年のお子様がいらっしゃいましたが法定相続分通り名義変更をすると、未成年のお子さんも債務を引き受けなくてはならない可能性がありました

相談後

当事務所で、家庭裁判所に納得がいくような代償分割型の遺産分割協議案を提示しました。

代償分割ということで相談者様とお子様の二人で遺産分割をし相続を行うのではなく、相談者様が全ての土地を相続することにしました。

そのため、不動産の代償分割に付随し、相続される負債も相談者の方が全て背負う形をとりました。

また、当事務所の司法書士が特別代理人の選任の手続きもとりました。

「未成年の子供には借金を相続させたくない」という相談者様の願いを叶える形で遺産分割協議を無事に行えました。

また、金融機関との間で債務引き受けが完了して借金の相続をせずに済みました。

土地の名義変更も無事完了したので融資も受けることができました。

事務所からのコメント

今回のケースのように未成年の相続では成人した大人の相続と異なる点、特に注意しなくてはならない点が存在します。

特に特殊な点が二つあります。未成年の相続が発生している場合、この点を必ず頭に入れておいてください。

①未成年控除の存在

未成年の相続が発生した時には、通常の相続税から税額の控除が発生します。

これは未成年の相続人が大人になるまでに必要になる教育費等の養育に必要になる費用を勘案し、「相続における負担を減らす」という目的の元に行われる控除です。

実際には「相続税額ー年齢に応じた控除額」として控除されます。

なお、例えば未成年の相続人の相続税額が「30万円」、年齢に応じた控除額が「100万円」と控除額の方が大きくなる場合は、他の相続人の相続税額から差額「70万円」を控除として引くこともできます。

②未成年の相続人は法律行為を行えない

未成年の相続人は、自身で「遺産分割協議」や「相続放棄」等の法律行為を行うことができません。

そのため今回のケースのように未成年の相続人について、遺産分割協議を行いたい場合には「特別代理人」を選定する必要があります。

この「特別代理人」は家庭裁判所に申し立てを行い、選定を行います。その際に基本的には親がそれにあたる「法定代理人」を「特別代理人」に選定することはできません。

あくまで特別代理人は相続による利害関係のない人物を選定する必要があります。

以上の二点が特に覚えておくべき「未成年の相続」における注意点になります。

特に二つ目の「特別代理人」については未成年の相続が発生するまで知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

未成年が行えない法律行為の中には「相続放棄」も含まれます。この相続放棄は期限が相続の発生から3か月となっており、のんびりしていると期限を過ぎるということも少なくなく、注意が必要です。

未成年の相続に関して

・そもそも未成年の相続がよくわからない
・未成年控除の申請の仕方がわからない

・未成年の相続人の相続放棄を行いたい
・特別代理人の選定を行いたいがどうすればいいかわからない
・将来的に未成年の相続が発生しそうで対策をしたい

といった思いや悩みをお持ちの方は一度相続の専門家に相談してみることをおすすめします!

この事例を解決した事務所

司法書士法人南海リーガル( 愛媛県 松山市)

女性司法書士を含める司法書士2名在籍で、相続手続きや相続登記など、相続に特化し充実した対応が特徴です。専用駐車場も完備、車での来所も可能です。ご来所が難しい方には出張訪問や電話・テレビ電話での相談も承っています。

 

お近くで相続の専門家を探せます

つぐなびでは全国の相続に強い専門家から、あなたの希望に合った相談先を簡単に探すことができます。多くの事務所が相続の初回相談無料/土日相談対応可・出張訪問やオンラインでの相談可、と非常に相談しやすい事務所を厳選しています。

下の地域選択から相談したい地域を選択し、検索条件を変更することで、お近くの市区町村で再検索をかけることができます。

あなたに合った事務所を探して、気軽に問い合わせてみて、あなたの相続の悩みを解決してください。

相続手続きに強い司法書士・行政書士を探す

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

相続税に強い税理士を探す

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

相続トラブルに強い弁護士を探す

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

よく検索されるキーワード

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる