×

時効取得とは? 土地が20年で他人のものに? そうされないためには?

更新日:2022.04.06

時効取得とは? 土地が20年で他人のものに? そうされないためには?

「時効取得」とは、10年もしくは20年といった一定期間、要件を満たしていれば所有権等を取得できることを言います。例えば、自分のものであったはずの不動産が知らぬ間に他人のものになっていたら……。「そんなこと、起きるわけがない」と考えるかもしれませんが、時効取得が成立するケースは意外に少なくはないのです。事例を見ながら時効取得を学んでいきましょう。

相続登記・不動産の名義変更に強い専門家に相談を!

相続登記・不動産の名義変更を行っていない場合には、上記のようなリスクが起こりえます。不動産を相続した場合には、速やかに相続登記・不動産の名義変更を行いましょう。

相続登記って何から手を付けて良いか分からない…」「何代も相続登記を放っておいている…と行き詰っている方は、相続登記(不動産相続)に強い専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

当サイト『つぐなび』は相続税に強い税理士、相続トラブルに強い弁護士、相続手続きに強い司法書士・行政書士を掲載した、国内最大級の掲載事務所数を誇る相続専門家検索サイトです。

  1. 『相続税』『相続トラブル』『相続手続き』等の相談内容に合わせて、お近くの専門家を探せます
  2. 【初回相談無料】【土日対応可能】といった相談しやすい専門家を多数掲載
  3. 各事務所に多数の“解決事例”と“お客様の声”を掲載あなたの相続の悩みに合わせ、下記からお近くの専門家を探して相談してみてください。

不動産の相続に強い司法書士・行政書士を探す

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

時効取得とは?

時効取得とは、一定の期間、ある要件を満たした場合において、所有権等を取得することをいいます(民法162条)。時効取得は、大きく分けて2種類あります。1つは「一定の期間」が20年であるもの、もう1つは「一定の期間」が10年であるものです。それぞれの「要件」を見てみましょう。

「一定の期間」が20年であるものの要件

  1. 所有の意思をもっていること
  2. 他人の物を、平穏かつ公然に占有していること
  3. その占有が20年間継続していること

⇒その他人の物の所有権等を取得する

「一定の期間」が10年であるものの要件

  1. 所有の意思をもっていること
  2. 他人の物を、平穏かつ公然に占有していること
  3. 占有開始時に、善意で、かつ過失がないこと
  4. その占有が10年間継続していること

⇒その他人の物の所有権等を取得する

以降、これらの要件に関して、少し細かく解説いたしましょう。

「所有の意思」とは

「所有の意思」とは、「所有者としての占有(自主占有)であること」をいいます。例えば、賃借人のように他人の物を借りて占有している場合(他主占有)は「所有の意思」は認められず、どれだけ占有しても時効取得は認められません。自分の所有物であるようにして占有している場合に、時効取得が認められるのです。なお、「所有の意思」があるかどうかは、占有を取得した原因や経緯によって、客観的に判断されます。例えば、他人の物を所有者以外の者から「売買」により取得した場合、本来の所有者が別の者であることを知っていても、購入した者には「所有の意思」が認められます。一方、他人から「賃借」した場合は、賃借した者が内心では返還するつもりなく自分の物にしようと考えていても、占有の原因が「賃借」である以上は、「所有の意思」は認められません。

「平穏かつ公然」とは

「平穏」とは、占有の取得や保持につき、暴行・脅迫などの違法行為を用いていないことをといい、「公然」とは、隠し事がない状態であることをいいます。

「善意、かつ過失がない」とは

善意かつ過失がない(無過失)とは、自己に所有権があるものと信じ、かつ、そう信じることについて過失がないことをいいます。

「20年(または10年)継続して占有する」とは

時効取得するためには、原則として20年間継続して占有していることが必要です。また、その占有が善意かつ無過失である場合には、10年間継続して占有していることで時効取得することができます。

なお、時効取得は「所有権」にのみ成立するものではありません。「所有権以外の財産権」についても、自己のためにする意思を以て、平穏かつ公然に権利を行使する者は、善意・無過失であれば10年、そうでなければ20年を経過したとき、その財産権を取得することができます(民法163条)。

時効取得が成立するケース

時効取得はどのような場合に成立し得るのでしょうか。以下、具体例を見てみましょう。

【例】

Aが相続により取得した土地を長年放置していたところ、第三者が書類を偽造し、その土地を勝手にBへ売却していた。Aは、Bがその土地に建物を建てて占有していることを知り、Bに対して明け渡しを求めた。しかし、Bはその土地を自己の物として平穏・公然に20年間占有していたので、Aに対して時効取得した旨の主張をした。そのため、AのBに対する明け渡しの請求は認められず、Aはその土地の所有権を失うことになってしまった。

時効取得の要件が満たされると、その所有権等をとても簡単に取得されてしまいます。自分の権利が侵害されているのを長年放置していると、その権利が「時効取得」という法的な制度により奪われてしまうのです。「自分は大丈夫」とは思わずに、今一度、自身の権利が奪われてしまう可能性があるのかどうか、確かめてみることをおすすめします。

賃借人の賃貸物にも、時効取得は成立するのか

賃借人は、その賃借する土地や建物を20年間以上占有しても、時効取得することはできません。賃借人には時効取得の要件である「所有の意思」が客観的に認められないからです。時効取得するためには、客観的に「所有者として占有していること」が必要となるのです。

不法占拠者が占拠した土地などは、時効取得が成立する?

他人の土地を不法占拠している者であっても、その占有が暴行・脅迫などの違法行為を伴わない平穏・公然な占有であれば、時効取得が認められる可能性があります。自己の物をしっかりと管理していないと、不法占拠者に時効取得されてしまうこともあり得るのです。ご注意ください。

土地や建物の名義変更がされないまま購入者が死亡、時効取得成立する?

亡くなった父が生前購入し、建物を建てて暮らしていた土地の名義を確認したところ、購入前の前所有者名義のままになっていた、というケースです。この場合、父が「購入したこと」を証拠づける売買契約書などがあれば、前所有者から亡父名義への「売買」による所有権移転登記手続きを求めることができます。しかし、売買契約書など「購入したこと」を証拠づける書類が全く残っていない場合にはどうしたらよいでしょうか。

その場合、「売買」による所有権移転登記手続きを求めることは難しくなりますが、父の占有から時効取得の要件となる「一定期間(20年または10年)」が経過しているときは、「時効取得」を原因とする所有権移転登記手続きを求めることが可能です。購入当初の書類が残っていないからとすぐに諦めるのではなく、専門家に相談してみてください。解決できる可能性もあります。

別荘所有者は特に注意! 不法占拠に気付きにくく、時効取得が成立するケースも

別荘など管理の目が届かない物件は要注意です。不法占拠者が時効取得の要件を満たしてしまった場合、不法占拠者がその別荘等の所有権を取得してしまうおそれがあるからです。定期的に物件を見て回るなど、適切に管理することが重要です。

隣人との境界線トラブルは意外と多く、要注意!

建物を増築した際、増築した建物の一部が隣家との境界線を越えてしまっていた、というケースはままあります。このような場合、時効取得の要件を満たしていれば、境界線を越えてしまった建物の敷地部分に時効取得が成立することになります。もしも隣地の建物が増築工事を行い、自分側の敷地にはみ出している場合には、直ちにはみ出している部分について撤去させないと、将来、その土地部分が時効取得されてしまう可能性があるのです。建物が密集している地域などでは特にご注意ください。

時効取得を理解し、早期の対策を!

いかがでしょうか。このように時効取得をよくよく理解していくと、せっかくの権利が注意していないと意外と簡単に奪われかねないことが分かると思います。10年や20年というと長期間なので「そんな簡単に時効取得は起きないだろう」と考えていても、別荘のようにそもそも不法占拠に気付かなければ、20年という年月も経過してしまうものです。他にも隣人との境界線問題や、不動産の名義変更も時効取得になりやすいケースなので特に注意しましょう。

【相続登記・不動産相続に関する関連記事】

相続登記の手続きの方法について

・相続登記のメリット・費用について

相続登記の義務化について

借地権の相続について

配偶者居住権について

代位登記について

相続の悩みはどの専門家に相談すればいい?

こちらの記事をご覧になられている方は、相続が発生して間もない方や、これから相続が発生しそうな方ではないでしょうか。これらの方で相続に関しての疑問や不安が一切ないという方は少なく、ほとんどの方が相続の手続きや相続税について、場合によっては相続人間の相続トラブルで悩まれる方もいらっしゃいます。このような相続悩みの相談先を検討した際に、この相続の悩みはどの相談先が適当なの?と最初の相談先をどの士業にすべきか分からない方が多くいらっしゃいます。

下記にどのような悩みを各士業に相談すべきかをまとめましたので参考にしてみてください。

【司法書士、行政書士:主に相続手続きに関する相談先です】

・相続手続きで何から手を付けていいか分からない

・忙しくて相続手続きをしている時間がない

・相続人間で揉めてないが、相続手続きをサポートして欲しい

・相続財産に不動産があり、名義変更が必要(司法書士が対応)

【関連記事はこちら】

死亡後の手続きチェックリスト

税理士:主に相続税に関する相談先です】

・相続税がかかるかどうか知りたい

・相続税申告の方法が分からない

・相続財産が多い(相続税がかかりそう)

・相続税の納税額を抑えたい

【弁護士:主に相続トラブルに関する相談先です】

・遺産分割で揉めそう、揉めている

・もらえる、もらった財産が少ない

・遺産が隠されている、使い込まれた可能性がある

・出てきた遺言に納得できない

【関連記事はこちら】

遺産分割がまとまらない場合は

最低限財産を相続できる権利「遺留分」とは

遺産の使い込みが疑われる場合は

相続で弁護士に依頼した方が良いケースと相続に強い弁護士の選び方

弁護士への相続の依頼費用の目安について

つぐなびでは全国の相続に強い専門家から、あなたの希望に合った相談先を簡単に探すことができます。多くの事務所が相続の初回相談無料/土日相談対応可・出張訪問やオンラインでの相談可、と非常に相談しやすい事務所を厳選しています。

下の地域選択から相談したい地域を選択し、検索条件を変更することで、お近くの市区町村で再検索をかけることができます。

あなたに合った事務所を探して、気軽に問い合わせてみて、あなたの相続の悩みを解決してください。

相続手続きに強い司法書士・行政書士を探す

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

相続税に強い税理士を探す

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

相続トラブルに強い弁護士を探す

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

執筆者プロフィール

山下晋広
司法書士。2000年、司法書士試験合格。2004年、司法書士事務所を開業。所属する東京司法書士会では、調停センター運営委員、広報委員を担当。大学では文学部にて東洋哲学を学び、博物館学芸員を志しつつも、諸事情にて転身。現在、司法書士として研鑽を積む。主な業務は相続手続・不動産登記手続・企業法務・成年後見業務。

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる