×

【相続漫画】父他界…遺言がなく兄弟大もめ! 婚外子乱入で大波乱

更新日:2020.09.01

【相続漫画】父他界…遺言がなく兄弟大もめ! 婚外子乱入で大波乱

「遺言」は、相続対策として広く知られていますが、遺言をきちんと準備せずに最期の時を迎えるケースもまだまだ多く……。今回は、遺言が用意されていなかったために、思わぬ相続トラブルに巻き込まれ、予想もしないような結果を迎えてしまった3兄弟のお話を漫画形式でお届けします。

【遺言作成】に強い専門家を探す

父が他界、その後の大混乱とは!?

イラスト: にわゆり

遺言とは

遺言とは、死後も適切な財産処分が行える行為で、生前同様故人の意思で財産処分できるようにするのが主な目的です。

遺言の効力

遺言は書面化する必要があり、さらに、その内容を実現する義務が生じるのは遺言者の死後のみです。法的効力を有する遺言で取り決められるのは、財産の処分方法に加え、子を認知して相続人に加える、相続権をはく奪といった事項も遺言者の意思で指定できます。

遺留分と遺言の効力

遺言書が遺留分を無視した内容であった場合、その内容の法的効力は保たれます。ただし、相続のトラブル化は避けられません。無視された相続人が「遺留分侵害額請求権」が行使すると、その相手方となった相続人には金銭を支払う義務が生じ、当然両者の間で激しい意見対立が始まるからです。

このような状況に陥ることを避けるため、あらかじめ遺留分を尊重した内容を指定するか、先に紹介した請求の優先順位の指定を行っておく必要があります。

相続トラブル回避のための遺言

遺言を自分で作成するデメリット

ここまで記事を読むと、「遺言を作成しておこう」と考える人もいることでしょう。専門家に依頼するのではなく、自分で作ってしまおうと考えるかもしれませんが、自力での作成には書式不備・保管方法のミス」が生じやすいデメリットがあります。

そもそも相続分の取り決める際は、遺留分など民法を踏まえた配慮とともに、各種控除で税額を最適化できる分割方法を考える必要があります。

専門知識のないまま自力で遺言を作成すると、民法・税法の観点がない内容になり、かえって相続人に負担をかけてしまう可能性があります。

遺言を専門家(司法書士)に依頼する場合

遺言を専門家に依頼する場合、弁護士や司法書士、税理士、行政書士への依頼が考えられますが、ここでは司法書士のケースを解説します。4士業の中で行政書士に依頼した場合は報酬が比較的安価であり、登録者数が多いため自宅周辺で簡単に見つけられる点がメリットですが、司法書士の場合はその業務範囲に加えて遺言内容のアドバイスを得られるのがメリットです。「不動産の分割方法」についても司法書士の得意分野です。

費用感は様々ですが、7万円~10万円といったところでしょう(相続財産に不動産等の扱いの難しい資産が多い場合は追加報酬がかかる場合がある)。

財産を残された人たちにスムーズに相続できるよう、遺言作成を検討してみてはいかがでしょうか。トラブル回避のために作成した遺言書がさらなるトラブルを生まないためにも、専門家への相談をおすすめします。【遺言作成】に強い専門家を探す

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる