×

【マンガでわかる】相続不動産のトラブル対処法!

更新日:2020.07.01

【マンガでわかる】相続不動産のトラブル対処法!

相続した不動産が実家しかない場合、相続した実家の名義変更(相続登記)を後回しにしてしまっている人も少なくありません。ただ、これにより相続トラブルの火種を抱え続けることになることは、あまり知られていない事実です。

 

この記事では相続した不動産が原因で起こるトラブルの回避法を、マンガでわかりやすく紹介します。

 

いかがでしたでしょうか。相続人が少なく、遺産に不動産が実家しかない場合でも、相続登記はその専門性の高さ故、専門家に依頼をされる方がほとんどです。

 

本サイト「つぐなび」では各地で厳選した相続に強い専門家をご紹介しています。

初回の相談料はどの掲載事務所も無料ですので、一度悩みを相談してみてはいかがでしょうか。

 

遺産は少ない方が相続トラブルになりやすい!?

まさかうちに“相続トラブル”なんて起こる訳がない。そうお考えの方がほとんどだと思います。

 

ただあなたの遺産に不動産があった場合… 

 

裁判所に持ち込まれた遺産額別、内容別の相続トラブル案件をご覧下さい。

 

「相続トラブル」というと遺産額の多い一族だけの話かと思われがちですが、実は遺産額が5,000万円以下で約75%でとなっています(1,000万円以下でも約30%となっています…)。

 

不動産オーナーとして複数の土地やマンションを持っている場合は案外もめにくく、「実家の土地と建物だけ」といったパターンが一番もめやすいと言われています。

 

親の実家をめぐり、現金化したい子もいればおいておきたい子もいます。実家で親と同居していた子が親の死後も実家に住み続けたいと主張した場合、実家以外の財産がないと他の兄弟が取り分を主張し、もめごとに発展しやすくなります。

これらのリスクを抑えるために有効なのが「相続登記」ですが、もし相続登記を怠ってしまった場合、様々なトラブルの原因となりえます。

 

自分で相続登記を行った場合と、専門家に依頼した場合の比較

ただ相続登記を行うためには、相続人と相続不動産の両方を調査する必要があり、ご自身で行った場合その後の書面作成でも「書き方がわからない」「不備が指摘された」等のトラブルに見舞われる可能性があります。

円滑に相続登記を進める上で、不動産登記の専門家(士業)のサポートは欠かせません。調査からトラブル防止を意識した不動産分割の方法に加え、適切な登記申請までを一括で任せられます。

士業に依頼した場合、相続登記申請だけでなく、その前準備の資料収集や、遺産分割協議についてのアドバイスもあるので、相続手続き全体を円滑に行うことができます。

どのタイミングで相談に行く人が多いの?

実際に相談に来る方は相続が発生してから、どのタイミングで専門家に問い合わせしているのかをまとめました。

相談のタイミングは意外と早く、四十九日までに相談をしている方が半数以上を占めます。相続登記だけではなく、相続手続き全般の専門的なアドバイスができる専門家へ、早期に相談をされているということが分かります。

本サイト「つぐなび」では各地で厳選した相続に強い専門家をご紹介しています。

初回の相談料はどの掲載事務所も無料ですので、一度悩みを相談してみてはいかがでしょうか。

 

最後に―

 

ここまでお読みいただいて、相続登記の重要性を理解していただけたかと思います。

 

相続登記には現在期限が決められていませんので、相続してから不動産を放置してしまっている方も少なくありません。

 

ただ相続登記を終えない限り、ずっと相続トラブルの火種を抱えることにもなりかねないのです。

 

ぜひ一度、専門家である司法書士に相談してみて、悩みや疑問を打ち明けてみてはいかがでしょうか。

 

本サイト「つぐなび」に掲載されている事務所は、どこも初回相談を無料で行っています。

 

士業の先生への相談というとすごくハードルが高く感じるかもしれませんが、士業の方々は「困っている人を助けたい」という強い想いを持つ、気さくで温かい方が多いです。

 

相談しなくて後悔することはあるけど、相談して後悔することはない」これは実際に相談した方から聴いた言葉ですが、まさにその通りだと思います。

 

司法書士という専門家に相談し、正確かつ迅速に手続きを完了させ、一日でも早く平穏な日々を取り戻すことをおすすめします。

 

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる