×

「婚姻」と「内縁」の違いは何?内縁関係は相続できないの?

更新日:2020.04.01

「婚姻」と「内縁」の違いは何?内縁関係は相続できないの?

日本では婚姻の届出を提出し、夫婦になることで認められることが多くあります。しかし、近年では事実婚や同性婚など夫婦の形が多様化しています。

とは言え、法律的には「婚姻」と「内縁」では大きな違いが生じます。特に、相続が発生した場合には内縁関係という状態では遺産を相続することが出来ない可能性があります。

内縁関係の方が相続する場合の方法や注意点をご紹介します。

1.「婚姻」と「内縁」

「婚姻」とは、夫婦になる意思のある者同士が婚姻届を提出することで夫婦として認めてもらうことを言います。

民法では、婚姻について年齢や重婚の禁止、再婚禁止期限、近親婚等につての決まりが定められています。

一方、「内縁」とは婚姻届の提出はしていない者同士が夫婦と同じような状態であることを言います。内縁は事実婚という呼ばれ方もしますね。

内縁関係が成立する条件は下記の2つです。

内縁関係の条件2つ

ちなみに、内縁と同棲の違いは「婚姻を成立する意思」があるかどうかという点と言えます。婚姻届は提出していないけど、夫婦と同じような生活をしているという場合には「内縁」と判断されることが多いです。

2.内縁関係の効果

内縁関係の場合、婚姻と同様の扱いとなることと異なる扱いとなるものがあります。

(1)婚姻と同じ効果が得られるもの

内縁関係であっても上記のように、婚姻関係と同様の義務が発生します。とくに貞操義務に関しては、婚姻届を提出していないから浮気しても良いとはなりません。内縁関係が成立している2人の一方が浮気をした場合、もう一方は慰謝料を請求することも出来るのです。

(2)婚姻とは異なる扱いになるもの

内縁者は法定相続人にはなれない

内縁関係の一方が亡くなった場合、その方(被相続人)の法定相続人は配偶者と直系尊属、直系卑属、兄弟姉妹となります。例えば、内縁の夫が亡くなったとしても、内縁の妻は配偶者ではありませんので法定相続人になることは出来ません。

法定相続人についての詳細は下記をご確認ください。

相続人は誰になるのか?相続順位を徹底解説

子どもが生まれた場合「非摘出子」となる

内縁関係の2人の間に子どもが生まれた場合、非嫡出子という扱いになるため母親の戸籍に入ります。しかし、父親である内縁の夫は、その子どもを認知するという手続を行わないと父子関係を成立させることが出来ません。

また、認知を行わないと、子どもであっても父親の法定相続人になることが出来ません。

非嫡出子についての詳細は下記をご確認ください。

結婚をしていない男女間に生まれた子(非嫡出子)の相続は?

3.内縁者を相続人にするためには

普通に生活をする分には内縁関係でもそれほど支障は無いかもしれませんが、相続が発生した場合、内縁関係であることがデメリットになってしまいます。

内縁関係の場合、遺言による遺贈もしくは特別縁故者として相続権を取得するという方法で遺産を受け継ぐことが可能です。しかし、上記の2つには注意点があります。

(1)遺言による遺贈の注意点

遺言を作成し、内縁者に遺産を遺贈する場合には「遺留分」に対して注意が必要です。

遺留分とは、兄弟姉妹を除く法定相続人(配偶者、直系卑属、直系尊属)に認められている最低限相続できる相続分を言います。もし、他に相続人がいる場合には遺留分を考慮した遺言を作成するようにしましょう。

遺留分についての詳細は下記をご確認ください。

相続発生前に絶対に覚えておきたい『遺留分』の知識

(2)特別縁故者として相続権を取得する

特別縁故者とは以下のように規定されています。

上記のような関係にあった方で家庭裁判所が特別縁故者として認めた場合には、特別縁故者として相続権を取得することができます。

特別縁故者についての詳細は下記をご確認ください。

相続人でない方(特別縁故者)が相続財産を受けることができる!?

内縁者が相続する場合、先にも述べたように法定相続人ではありません。そのため、相続税の2割加算の対象となる可能性があります。

4.内縁関係でも受取ることが出来るもの

(1)生命保険

内縁関係でも生命保険の受取人となることが出来ます。しかし、何の証明もなしに受取人になることは出来ません。細かい規定は生命保険会社によって異なりますが、

内縁関係の証明の例

上記を証明することができる書類等を提出することが出来れば受取人になれるケースもあります。とは言え、通常の夫婦とは異なるため簡単に生命保険の受取人になることは難しいと言えます。

(2)遺族年金

遺族年金も原則は配偶者に支給される年金となるため、内縁関係の場合には受取ることが出来ないとされていますが、生命保険同様に内縁関係を証明する書類等を役所に提出することで受取ることが可能となるケースもあります。

5.内縁関係の証明

内縁の場合、婚姻とは異なり役所等に届出を行っているわけではありません。そのため、法律上の夫婦とは異なり、内縁関係を証明するというのは難しいように感じます。

内縁関係を証明する場合には、賃貸契約書の同居人に内縁の妻・夫などと記載しておくことや、同一住所で住民票登録を行う、お互いの収支が記帳されている通帳を作るなど

夫婦と同様の生活を送っていることを証明できるようにしておく必要があります。また、親族等の証言によって内縁関係を証明してもらうという方法も有効です。

まとめ

平均寿命も伸び、ライフスタイルも多様化している現代では、結婚という形にとらわれないという内縁関係を選択している方も多いのではないでしょうか?

内縁関係であっても婚姻届を提出している夫婦と変わらない扱いとなることも多くありますが、相続などではまだまだ内縁関係ではデメリットが多く存在します。

婚姻届の提出をする予定が無いという場合には、相続についてもしっかりと考えておく必要がありますね。日頃からパートナーと未来のことをしっかりと話しておくようにしましょう。

 

この記事の監修者

 

鴻陽法律事務所 代表 鈴木 和貴

1999年 名古屋大学法学部卒業

2002年 名古屋大学大学院法学研究科修士課程修了

2005年 司法試験合格(旧司法試験・旧60期)

2007年 弁護士登録(愛知県弁護士会)

2011年 鴻陽法律事務所開設

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる